岩手競馬X

IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

岩手競馬X

放送日時
◆毎週日曜日「のりこの週刊おばさん白書」(13:00~16:30)内、17:00〜18:25

アナウンサー
加藤 久智
清水 康志

お便り・お問い合わせ

五十嵐冬樹Jr.グランプリV2・3勝目

2018年09月16日 7:19 PM

 9月16日(日)舞台を盛岡に移した岩手競馬のメインは、2歳芝1600mの
M1ジュニアグランプリでした。結果は1番人気に推された北海道からの遠征馬、
リンゾウチャネルが先行して抜け出し優勝を飾りました。北海道のダートで
ここまで4戦2勝・2着2回、連帯パーフェクトの成績を残していたことに加え、
芝は走るモンテロッソの仔という血統背景、地震の影響を払拭する様な直前の
好調教などの要素に加え、2009年ボヘミアン、去年2017年モリノラスボスで
このレースを勝っていた五十嵐冬樹騎手への信頼がリンゾウチャネルの人気を
支えたのは間違いありません。
 好スタートを切ったリンゾウチャネルは、同じ北海道のピュアセレニティーに
競りかけられる場面もありましたが、無駄に脚を使わず、かつ前々でレースを
進めると、余裕を残して最終コーナーを回ると一気にスパート。このコースの
乗り方を熟知している五十嵐冬樹騎手の判断が光りました。残り200mで完全に
抜け出し、セーフティリードを保ったままゴールイン、完勝といえる内容でした。
レースは2着・3着争いが接戦。人気薄11番人気の岩手・マツリダレーベンが2着、
3着は6番人気の北海道・アンビートゥンと、10番人気の北海道・イコライザーの
同着となりました。五十嵐冬樹騎手はこれでジュニアグランプリを2年連続制覇、
通算3勝目となりました。
 尚、IBCラジオの岩手競馬クロスのコーナー「井上オークス勝負の1枚」で、
オークスさんはマツリダレーベンの単勝500円・複勝500円で勝負!2着に入った
マツリダレーベンの副賞は1000円つき、当選者にはいいプレゼントになりました。


 

IBCラジオPR
IBCワイドFM

2018 9/23 ジュニアグランプリ【M1】

2018年09月14日 5:10 PM

水沢開催が終わり、早くも盛岡に開催が戻ってきました。
クラスターカップがついこないだの感覚で、時が過ぎるのは早いもんです。
秋開催の薄暮競馬が実施できるように、盛岡休催中の間は
照明設備の工事が行われていたようです。
例年南部杯開催時は、辺りも結構暗くなり、表彰式くらいになれば
かなり暗かったですが、北日本は夕暮れも早いですから当然ですね。
いつもと違う盛岡競馬場が楽しめることになると思います。

さて日曜日のメインは全国交流の芝の重賞・ジュニアグランプリです。
芝経験のある岩手所属馬と、
レベルが高いホッカイドウ、南関東所属馬でも芝は未経験という状況の中
毎年、予想もかなり悩まされるレースです。

午後4:30~5:30の岩手競馬クロス、盛岡競馬場から実況生中継でお送りします。

これぞ一騎打ち!!

2018年09月09日 8:44 PM

 9月9日(日)の重賞青藍賞M2は人気を分け合った2頭、エンパイアペガサスと
ベンテンコゾウが、予想通りというより予想を上回る内容の激烈な一騎打ちを演じ、
クビ差でエンパイアペガサスが勝ちました。
 2頭の対戦は昨年大晦日の桐花賞以来でした。この時はエンパイアペガサスが
古馬の貫録を見せ、3歳馬のベンテンコゾウを直線で差し切り1馬身半の差を
付けました。その後両雄はそれぞれの道を歩み、今年ベンテンコゾウは1600mの
シアンモア記念で優勝。一方のエンパイアペガサスは2000mのみちのく大賞典を
制しました。折からの不良馬場でスピードのある先行馬が有利との見方もあってか
単勝の売り上げは終始ベンテンコゾウがリードし差のある1番人気に推されました。
一方のエンパイアペガサスは、前走マーキュリーカップでもう一つ伸びきれず7着に
終わったことと、距離適性で一歩譲るとの見方で2番人気に甘んじました。
 レースは少頭数の5頭立てながら、2頭の他も去年の1・2着馬チェリーピッカー、
メイショウオセアン、軽い馬場が味方しそうな芝の実績馬エイシンエルヴィンと、
まさに少数精鋭の争いになりました。スタートの良かったベンテンコゾウが先行、
メイショウオセアンが続き、エンパイアペガサスは3番手を進みました。向正面から
エンパイアペガサスが外目を上昇、第3コーナーで2番手に上がると早くも一騎打ちの
様相となりました。3番手に上がったチェリーピッカーの追い脚は、前を行く2強の
加速についていけない感じで、いよいよマッチレースの始まりです。残り400は
内ベンテンコゾウ、外エンパイアペガサスが文字通り一歩も引かないつばぜり合い
となりました決着がついたのは残り100mを切ってから。外エンパイアペガサスの
末脚がわずかに勝り優勝を果たしました。
 レース前の調教で好時計をマーク、充実ぶりを示していたエンパイアペガサスが
来月の南部杯への優先出走権を獲得しましたが、勝ちタイム1分39秒2も水沢コース
の時計としては優秀なもので南部杯への期待が高まります。敗れたベンテンコゾウも
4か月ぶりだったことを考慮すれば悲観する内容ではありません。岩手のツートップが
本番・南部杯を前に強烈に実力をアピールした一戦でした。



2018 9/9 IBC杯青藍賞【M2】

2018年09月07日 11:10 AM

きのう未明の北海道地震、被害に遭われた皆様は大変な思いをされています。
全く他人ごとではなく、こと岩手県民としてはその苦しさ、不安はいかほどか
気持ちが痛いほどわかる人が多くいます。
とにかく今は、一刻も早く普段の、あるいはそれに近い生活を営めるよう、祈るばかりです。

競馬中継のこの番組とすれば、北海道=馬産地としてのイメージがやはりあります。
とくに震源の安平町は国内最大手ノーザンファームの本拠地があります。
当然周辺は生産牧場がたくさんあり、また少し足を延ばせば門別競馬場がある場所。
門別競馬場から遠征馬がこれからの季節、多数出走する予定もありますし、
逆に岩手から門別に遠征する予定も組まれているなど、結びつきが深い場所でもあります。
ニュースによると、大手牧場では馬の無事や水の確保などの情報が伝えられていますが
詳細がまだわかっていない部分が多いです。
人間もそうですが、馬の安否も気になるところです。

今週の競馬中継、メインはIBC杯青藍賞1600m。
出走馬が5頭と重賞としては、圧倒的に少ない頭数ですが
エンパイアペガサス、ベンテンコゾウの岩手中距離界2強が揃い踏み。
頭数が少ない分紛れの少ない、純粋な力比べが期待されますが、制するのは果たして。。。
水沢競馬場から実況生中継でお送りします。

これは大物!グレートアラカー

2018年09月02日 8:45 PM

 9月2日のメインレースビギナーズカップは、そのシーズンにデビューした馬が
水沢ダートコース1400mを舞台に優劣を競う最初の重賞競争として定着しています。
これまで35回の勝ち馬の中からは地方競馬のトップを競った重戦車スイフトセイダイ、
桜花賞・オークス2着のユキノビジン、GⅡ東京盃を勝った快速サカモトデュラブ、
岩手デビュー馬唯一の日本ダービー出走ミヤシロブルボン、GⅢエーデルワイス賞馬
パラダイスフラワー、そして地方所属馬現役最強の呼び声高いラブバレットと、
全国区の強豪をあまた輩出してきました。
 2歳馬の重賞としては、芝の若鮎賞の方が先に行われます。最近は早い時期から
芝とダートの棲み分けが進み、今回若鮎賞賞組は2着だったサンエイフラワー1頭
だけでした。1番人気は前走JRA認定・フューチャーステップを勝ったサンエイムサシで、
前述のサンエイフラワーがスピードを生かせる1番枠ということも手伝って2番人気、
重めを解消してきたフューチャーステップ2着ウィズジョイが3番人気に推されました。
もう一頭、北海道で6戦1勝のポエムロビンがキャリアを買われ4番人気で、この4頭が
拮抗した人気を集めました。
 しかし勝ったのは5番人気のグレートアラカーでした。キャリアは芝の新馬1戦のみ、
それも3着に敗れていた馬です。父親が筋金入りのダート血統のタイムパラドックスと
いうことで期待をする声もありましたが、上位4頭に人気が集中する中、単勝17.9倍と
伏兵の域をでない存在でした。ところがやはりダートコースが合ったというべきか、
中団後ろを追走しているときから余裕を感じさせる走りを見せ、勝負どころで外から
捲り気味に上がっていく姿は、実に力感に溢れていました。最後の直線もしっかり伸び、
粘るポエムロビンを1馬身突き放して見事1着でゴールインしました。
 兄に岩手ダービーダイヤモンドカップ3着のヤマトスバルがいますが、480キロ台の
雄大な馬格も相まって、この弟のスケール感の大きさは‘ハンパない’ものがあります。
血統的に距離の壁もなく、今後どれほどの馬に育ってくれるのか非常に楽しみです。

*岩手競馬クロス「井上オークス勝負の一枚」で、オークスさんはグレートアラカーを
単独指名。額面500円の単勝馬券をリスナーにプレゼントすることができました!!

2018 9/2 ビギナーズカップ【M3】

2018年08月31日 9:57 AM

今週の番組表から3歳級は古馬編入。
これまで3歳馬同士でクラス別にレースをしていたものが
今開催からの格付けが決まるとともに、古馬と同じ舞台で戦うことになります。
さらにJRAでは3歳未勝利戦が最終盤を迎え、勝ち残れなかった馬たちが
新たなステージでの活躍を求め、多数移籍してくる時期です。
馬券検討する際には重要なファクターとなる、秋のクラス分け。
実績のある古馬か、勢いの3歳馬か、非常に取捨が難しい局面も出てくると思いますが
涼しくなってきましたし、じっくり検討しましょう!

日曜日のメインは2歳馬による重賞・ビギナーズカップ。
2歳馬によるダート重賞はここからがスタートです。。
水沢競馬場から実況生中継でお送りします。


女王ジュエルクイーンがV3

2018年08月26日 8:24 PM

 26日のメインレース、ビューチフルドリーマーカップは北海道のジュエルクイーンが
五十嵐冬樹騎手の手綱さばきにこたえ、辛勝ながらもこのレース3連覇を達成しました。

 レースはジュエルクイーンと、もう一頭の遠征馬で昨秋のロジータ記念の勝ち馬、大井の
ステップオブダンスが人気を分け合いました。地元岩手のアリッサムの逃げも予想される中、
ハナを奪ったのは森泰斗騎乗の2番人気ステップオブダンスでした。1番人気に推された
ジュエルクイーンが2番手、3番人気アリッサムが単独の3番手で追走します。
 レース後五十嵐騎手が、「相手の方が自分の馬をマーク形になるのではと思っていたので
ちょっと意外だった」と語っていましたが、ステップオブダンスが快調に先頭を進む一方、
ジュエルクイーンはなかなか闘志に火がつかない様子で、差を詰めることができません。
勝負所で差が開き、2馬身差でステップオブダンスが直線に向いた時には、過去2連覇の
ジュエルクイーンのV3に赤信号が灯ったように見えました。
 残り100mようやく1馬身差に詰まったところで、女王の末脚に鋭さが戻りました。
一完歩ごとに逃げ馬を追い詰めると、ゴール寸前測ったようにジュエルクイーンが差し切り、
ビューチフルドリーマーカップ史上初の3連覇を達成してみせました。
 離れた3着にはアリッサムが残り、上位3頭が人気通りの着順となりました。アリッサムは
逃げられずに苦戦かと思われましたが、強豪2頭を先に行かせて、まるで別のレースの先頭に
立ったような形を作り、マコトカンパネッロ・ユッコなどの差し馬の台頭を許しませんでした。
鞍上の阿部英俊騎手が慌てずにマイペースを守った結果の3着でした。


2018 8/26 ビューチフルドリーマーカップ【M1】

2018年08月26日 1:13 AM

日曜日のメインは全国交流競走、牝馬1900mのBDC。
他地区勢が強く2011年から昨年まで他地区の馬が優勝、内ホッカイドウが6勝、
さらにこの内の2勝が今回も出走しているジュエルクイーン。
牝馬トップレベルだけあって今年も地元レースで上位をにぎわす存在で
今年も本命を背負っての出走、3連覇となれば大偉業です。
水沢競馬場から実況生中継でお送りいたします。

斉藤雄一厩舎、上々の船出

2018年08月19日 8:18 PM

 8月19日の水沢競馬第4レースで、この日開業の斎藤雄一調教師の管理馬
トーコージュエリー号が余裕の逃げ切りを見せ、厩舎のスタートに花を添えました。
第2レースでリアンノン号が2着に入ったあとの2戦目での初勝利でした。

 騎手として17年間で1078勝をマークして調教師に転身した斎藤雄一師は
「騎手時代とちがった緊張感があって前夜は眠れなかった」と語り、所属馬を
無事にゴールインさせることの責任を痛感した様子でした。
当面管理馬4頭からのスタートですが、今後入厩する馬の予定もあるとのこと、
新進気鋭のトレーナーとして活躍が期待されます。

 大御所・名門と言われる厩舎がある中、リーディングのトップを独走する板垣吉則
調教師は45歳、第2位の飯田弘道調教師が43歳と、若いトレーナーの躍進が目に
つきます。33歳の斎藤雄一調教師が今後どんな名馬を世に出すのか要注目です。

*15日の夏の盛岡競馬最終日のクラスターカップは、中央競馬のオウケンビリーヴが
同じ中央所属のネロを直線競り落として勝ちました。そして岩手の期待ラブバレットは
3着に入り今年も馬券の対象となりました。4年連続の出走で3・3・2・3着!
あと一歩で統一Gレースに手が届いていませんが、7歳の今も「いつかは」という期待を
抱くには十分なパフォーマンスを見せました。


2018 8/19

2018年08月17日 3:36 PM

クラスターカップも終わって、お盆最終日にもなればいきなり秋の気配を感じる涼しさ。
刹那の盛岡の夏は、白い馬体のオウケンビリーヴが素晴らしいスピードで駆け抜けて優勝。
調教、輸送、馬体重、当日の気配など完璧に見えました。
スタートも早く、前残りの当日の盛岡でもあり、ネロとの直線びっしりの叩き合いも見どころがありました。
おそらく秋はJBC@京都を目標にするかと思いますが、今後も短距離戦線を賑わせる存在になりそうです。

さて、夏も盛岡開催も終わり、舞台は水沢競馬場へ。
今週のメインはB1クラスのムーンライトカップ1800m。
みなさん開催替わりです。馬券検討は慎重に。

今週から夕方の競馬中継は17:00~18:00までとなります。

もっと読む