X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

音楽コンクール

このコンクールは音楽が大好きで、
みんなと一緒に演奏をしてみたいなぁと思っている子供たちがひとつになって
思い出をつくる音楽会です。

今年度も、こども音楽コンクールにおける、
新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(全国版)に沿って「音源審査」を実施します。

第54回 IBCこども音楽コンクール 結果はこちら[PDF]

コンクールのしくみ

地区大会
本要項の日程表に従い音源審査いたします。
練習・録音の際は、「音源審査に向けてのガイドライン」に従い、
新型コロナウイルス感染拡大防止に十分注意してください。
※1校で声楽2部門(重唱と合唱)あるいは、器楽2部門にわたっての出場はできません。
東北大会
(ブロック大会)
2021年10月28日(木)、29日(金)実施予定
文部科学大臣賞
選考会(全国大会)
2022年1月23日(日)実施予定

参加のきまり

参加資格
小学校児童、中学校生徒
実施部門
重唱部門、重奏部門、合唱部門、合奏第1部門、合奏第2部門、管楽合奏部門(各部門小学校、中学校共通)
参加形態
全校、学年、クラス、クラブ、その他学校単位のグループでしたらどんな形で参加なさってもけっこうです。
参加料
なし
放送
特別番組で放送予定(日程未定)
部門規定

■重唱
指揮のない1パート1名計4名以内の小アンサンブルをこの部門とします。

■重奏
指揮のない1パート1名計6名以内の小アンサンブルをこの部門とします。
なお独唱、独奏、ピアノ連弾などは含みません。

■合唱
1パート2名以上でしたら何人でもけっこうです。

■合奏第1
☆リコーダー合奏、ギター・マンドリン合奏等(人数制限なし)
☆器楽合奏、弦楽合奏(35名以下又は1クラス単位)

■合奏第2
☆器楽合奏、弦楽合奏(36名以上、人数制限なし)
☆管弦楽(人数制限なし)
※和楽器、打楽器、電子楽器等の合奏は器楽合奏の人数規定を適用します。

■管楽合奏
吹奏楽、金管合奏、木管合奏、トランペット鼓笛隊など。
※合唱奏の形態で参加される場合は、合唱、合奏第1、合奏第2、管楽合奏のいずれの部門でも参加できます。
但し合奏第1、合奏第2部門で参加される場合は、その部門の人数規定(合奏者数)によります。

出場数
各部門1校1グループとします。1校で声楽2部門(重唱と合唱)あるいは、器楽2部門にわたっての出場はできません。
演奏曲目
課題曲はありません。自由に1曲お選びください。(組曲、メドレーであれば、複数曲でも可)
演奏時間

重唱部門、重奏部門...4分以内 タイムオーバーは失格となります。

合唱部門...5分以内

合奏第1、第2、管楽合奏部門...7分以内

※時間内で収まる曲をお選び下さい。編曲などで著作権法上問題が生じる事があります。ご注意下さい。
指揮・伴奏
指揮者ならびに伴奏者は原則として出場校の先生または児童・生徒に限ります。
ただし、日常的に活動に参加していることを条件とし、学校長の承認を得た方も認めます。
申し込みの際に学校長の承認文書を提出して下さい。(フォーマット自由)
尚、複数校の指揮・伴奏をすることはできません。
※「先生」という定義は出場校に勤務する教諭、職員および常勤講師とします。
※器楽部門では児童・生徒以外の伴奏は認めません。
楽器
使用楽器に制限はありません。
楽譜
3部、ご提出ください。(コピーした楽譜は受付ません)
音源
3枚、「CD」でご提出ください。
※一般のオーディオ機器で再生できるCDにしてください。
審査
制作局が委嘱した審査員数名で審査にあたります。
表彰
音楽面の賞として優秀、優良、佳良の各賞を、情操教育面での創意工夫、努力に対して奨励賞をお贈りします。

日程と応募方法

日程
岩手地区大会
・申込締切:8月31日(火)
・音源締切:9月10日(金)
・審査結果:9月22日(水)IBCラジオ「ワイドステーション」内 午後3時半頃 発表
地区大会応募方法

楽譜3部・音源CD3枚・参加承認書・参加申請書を同封の上、IBC「こども音楽コンクール係」までお送りください。

参加承認書 参加申込書
録音にあたってのガイドライン 音源審査に向けてのガイドライン
お申込み

お問い合わせ

IBC岩手放送「こども音楽コンクール係」
〒020−8566 盛岡市志家町6−1
TEL(019)623−3123
FAX(019)654−8980
Eメール

主催
IBC岩手放送