X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

世界遺産「ナゾの石球群!中米で発見…球体あがめる不思議な民」[字]

2019年03月17日(日) 18:00-18:30

今日の放送は終了しました

番組概要

ナゾの石球が200以上!中米コスタリカの密林で発見された。人よりも大きいものもあり、ほとんど完全な球体。千年前から球体を作ってきた先住民の不思議な文化に迫る。

番組内容

中米コスタリカの太平洋側、河口に広がるディキス・デルタで不思議な石の球が200個以上も発見された。9世紀から16世紀にかけて造られたもので、ほぼ完全な球体。“ディキスの石球"と呼ばれ、その石球があるかつての先住民の集落が世界遺産。最大の石球は直径2m66cm!機械の無い時代、どうやって石を真ん丸に加工したのか?また何の目的で造られたのか?その謎に迫る。

公式ホームページへ