X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

第33回 民教協スペシャル「想画と綴り方〜戦争が奪った子どもたちの“心"〜」[字]

2019年02月11日(月) 14:50-15:45

今日の放送は終了しました

番組概要

生き生きと描かれた農村の暮らし…強い絆で結ばれた家族の詩…昭和初期、児童の眼は輝いていました。のびのびと自由に表現させる教育とは…私たちに問いかけています。

番組内容

日本が戦争に向かっていた昭和初期…山形県の農村の小学校で、暮らしを見つめ、絵や文章で表現する教育が行われていました。今も残る「想画」と呼ばれる生活画と「生活綴り方」と呼ばれる詩や作文には、家族が助け合い、たくましく生きる姿が描かれていました。しかし、その教育を進めた青年教師、国分一太郎(こくぶん いちたろう)は罪に問われます。同じ頃、全国の大勢の教師が治安維持法で罪に落とされていました。

出演者

語り:余 貴美子

公式ホームページへ