X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス[字]

2018年11月10日(土) 02:15-02:45

今日の放送は終了しました

番組概要

2011年3月、東日本大震災と原発事故で、福島県南相馬市小高区から愛媛県に避難した一家がいる。渡部寛志さん一家。

番組内容

南相馬市小高で農業をしていた渡部さんは、住まいと農地が第一原発から20キロ県内の旧警戒区域に入ったため強制避難となり大学時代を過ごした愛媛県に避難した。愛媛ではみかん栽培や養鶏、賠償金で生計を立てた。現在、中2になる長女・明歩さん、小4になる明理さんは、休みの日には父寛志さんの手伝いをする。
寛志さんは、南相馬市小高区の避難指示解除やコメの作付け制限の解除などをうけ、小高に戻ってコメ作りを再開した。

公式ホームページへ