X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定
旅アルバム

第247回西和賀町湯田編(2020年11月25日)

取材後記

錦秋の西和賀町へ。TV出演のプロという駅前のキノコ屋さんが振舞ってくれたキノコ汁はギンタケのダシがよく出ていて、キノコの「菌秋」といえる時間でした。古民家再生に取り組む夫妻と、襖絵を描く画家の女性にもお会いでき、「この雪があったから自然が残った。雪の力ってすごいと思っている。ここの雪は純白。芸術的に美しい」と。冷たい雪のぬくもりと尊さが伝わってきました。季節は錦秋から白銀の世界に移ろっていきます。

神山 浩樹