X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定
旅アルバム

第229回宮古市田老編(2020年7月22日)

取材後記

田老で出会った人たちは、おしゃべりが上手で明るくて「ボケ・ツッコミ」ができる!まるで関西人!震災も台風も、涙を飲み込んで笑顔で前に進む姿が印象的でした。そう思うと、景勝地「三王岩」もトリオ漫才師に見えてきます。リーダーの「男岩」の地層にはロマンを感じ、惚れてしまいました。私が萌えたごつごつした岩の層と砂岩の層の境目は、おそらく海中で粒の大きなものが下に沈むことからできたと思います。高校時代、地学専攻でした。右側の「太鼓岩」は地層が縦のストライプでズッコケているように見える。ああ、新喜劇だ…。

奥村 奈穂美