このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

機材寄付申込みについて

「通りゃんせ~♪通りゃんせ♪」
昔はこの「通りゃんせ」の音楽が信号機から流れ、目の不自由な方に横断歩道の青信号を知らせる合図となっていました。「通りゃんせ基金」のネーミングはそれに由来します。
IBCラジソンでは、皆様から寄せられた「通りゃんせ基金」を、音の出る信号機設置はもちろん、岩手県内の福祉施設や福祉団体、福祉サークルなどに、活動のための設備や機材として贈呈いたします。

今年度の機材寄付のお申込みは、所定の申込用紙をダウンロード・記入し、希望商品の見積書を同封してお送りください。

申込用紙はこちら

申し込み用紙の請求、お問い合わせ、記入した申込書送付の宛先は
IBCラジソン事務局
〒020-8566盛岡市志家町6-1
電話019-623-3122(平日の午前10時から午後5時まで受け付けています)

締切は1月31日必着です。

なお、贈呈先はIBCラジオ・チャリティ・ミュージックソンの通りゃんせ基金運営委員会で協議の上、決定いたします。

2020年度 贈呈品

放課後等デイサービス事業所 とくたんひがし

令和3年4月に「スヌーズレンプレミアセット」を贈呈しました。

とくたんひがし様より

スヌーズレンを活用し、子ども達は毎日楽しく過ごさせていただいております。
様々に色が変化する光の中ではじける泡。その中で泳ぐ熱帯魚や泡柱を見て楽しむバブルチューブ。色が変化する沢山の光ファイバーケーブルを触り、感触や色の変化を楽しむミルキーウエイ。球体に星が見え、音や振動で色が変化する惑星ジュピターの三種類の機材が子どもたちのハートをつかんでいます。
BGMに、静かな音楽が流れると、とてもリラックスした表情で寝転んだり、バブルの中を泳ぐ魚を見ながら光と音の世界を楽しんだり、静かな空間で気持ちを落ち着かせたり・・・とスヌーズレンのお部屋は子ども達の気持ちの切り替えにも一役買っています。

社会福祉法人 岩手県社会福祉事業団 障害者支援施設 松風園

令和3年3月に「シーラー、冷蔵ショーケース、卓上型脱気シーラー」を贈呈しました。

松風園様より

シーラーは、自家焙煎珈琲を袋詰めした後、熱線で袋を閉じる作業で使用しています。
冷蔵ショーケースは、利用者の皆さんが週に一度楽しみにしている「園内喫茶(週に一度利用者の皆さんにお菓子や飲み物を提供する時間)」に提供するお菓子やジュースを保管しています。また、松風園の手作りお菓子(シフォンケーキ、コーヒーゼリー)をお客様に最適な状態で提供できるよう、冷蔵ショーケースを利用しております。
卓上型脱気シーラーは、松風園で作っているシフォンケーキやクッキーを袋に詰めた後、袋内の空気を抜き、袋を閉じる作業で使用しています。

雫石町福祉作業所 かし和の郷

令和3年3月に「ヤンマー 管理機YK650MR,ZLE、ヤンマー ファイナル培土器M」を贈呈しました。

かし和の郷様より

自主農園「かし和農園」での農薬や化学肥料を使わない野菜作りを行っており、利用者の皆さんが管理機を使用し、畑地を耕しております。おかげさまで農園では前年にもまして笑顔と笑い声が増えました。

一般社団法人 岩手ひだまり農園 多機能型施設 ひだまりの家

令和3年3月に「テーブルと椅子」を贈呈しました。

ひだまりの家様より

昨年度はテーブルと椅子を頂き、誠に有難うございました。
朝礼時から日中の作業や生活訓練プログラム、昼食、終礼まで一日中活用しております。
これまでは色々なテーブルの寄せ集めだったので大きさや高さがまちまちでしたが、今では段差が無くなり、非常に使いやすくなりました。
利用者様も大変喜んでいます。

声の広報釜石

令和3年3月に「卓上型マイクスタンド&CD-R 100枚」を贈呈しました。

声の広報釜石様より

昨年度は、マイクスタンド及びCD-R(100枚)を頂きありがとうございました。マイクスタンドは個人で録音出来るよう、他のパソコンにマイクを接続しスタンドを利用しています。現在はコロナ過の為、会員全員(11名)が集まることは出来ませんが、参加した人達で大切に使わせていただいております。本当にありがとうございました。

社会福祉法人翔友

令和3年3月に「ロビーチェア&木製イス」を贈呈しました。

社会福祉法人翔友様より

当センターは障害を持った方々の機能維持回復をめざしリハビリを行なっている施設です。利用者さん達は、日々の訓練終了後には、ティータイムや井戸端会議(笑)などをして、毎日楽しそうに訓練をしております。本当にありがとうございました。

特定非営利活動法人ハックの家

令和3年3月に「グループホーム運営に関わる設備一式」を贈呈しました。

特定非営利活動法人ハックの家様より

グルーブホームでの洗濯などで使用しています。

まめ工房緑の郷

令和3年3月に「穀物搬送機(通称:バネコン)」を贈呈しました。

まめ工房緑の郷様より

収穫した米や大豆を乾燥機で乾燥後、一旦スタンドバック(写真にある青いコンテナ)に保管します。
それから米は籾すり機で玄米に、大豆は選別機で不良豆をはじきます。
これらの機械への米、大豆の投入を今までは手作業で行っていたものを贈呈戴いた「穀物搬送機(バネコン)」を使用し投入しています。
手作業だと利用者の体力的負担も大きく米や大豆が散らばり粗末になっていましたが「穀物搬送機」の使用でこれらの問題が改善され農繁期に効率的に作業が行えるようになりました。利用者の皆さんも大変気に入りラジソンの取り組みにも感謝しています!

就労継続支援B型 多機能型事業所「ちゃちゃまる」

令和3年3月16日に「車椅子用スロープ」を贈呈しました。

ちゃちゃまる様より

当事業所の玄関は奥行きの狭い段差が2段あります。車椅子の利用者様が通所するとき、介助が大変でした。このスロープを利用してからは、利用者様にとって安全・安心で介助者の負担も軽減されました。とても助かっております。ありがとうございました。

共生型事業所「デイサービス・とまり」(NPO法人 さんりく・こすもす)

令和2年6月22日に「YAMAHAガソリン発電機」を贈呈しました。

NPO法人 さんりく・こすもす様より

贈呈していただいたガソリン発電機を、総合避難訓練で使用しました。

ウィズ友

令和3年3月30日に「乗用芝刈り機」を贈呈しました。

ウィズ友様より

就労支援の内容として、市営野球場の芝生管理業務を請け負って、5月~10月に16回の外野芝生の刈込作業を行っております。
今年度は、日程が合わずボランティア活動には活用できませんでしたが、有効に活用させていただいております。

2019年度以前の贈呈品

特定非営利活動法人ハックの家

平成23年3月に「自動真空包装機」を、平成28年3月に「急速冷凍庫」を、平成29年3月に「発電機」を贈呈しました。

特定非営利活動法人ハックの家様より

自動真空包装機は、食品の真空包装に使用しています。急速冷凍庫は、菓子製造にて、冷凍保存するお菓子の製造に使用しています。発電機は、災害時に使用します(ハックの家は福祉避難所として指定されています)。