X 
このサイトでは、閲覧解析や広告改善のためにCookieを使用します。サイトを利用することでCookieの使用に同意頂いたものとします。オプトアウトや詳細はこちら「IBCサイト規定

06月22日(火)のテーマ

鵜住居とともに~言えなかった「ありがとう」を今(後編)

600人分以上を毎日3食作り続けたおにぎり。10年の時を経て知った、差し伸べられた手の温かさ。生きることで精いっぱいで言えなかった「ありがとう」の思いを、今、届ける。

「紡ぐ~鵜住居とともに~」言えなかった「ありがとう」を今

前川記者の記事を読む番組でご紹介した記事はこちらからご覧いただけます

避難所に届けられたおにぎり。(今回の取材で)当時のように握ってもらったんですね?

(親子のお二人に)おにぎり握るの早いですねと言ったら「当時を思い出すとなかなかゆっくり握れないのよ」とお話しされて・・・一日何百個も作るという時間との闘いで、皆さんに温かいものを出したいと思って握っていた方々だから、その時のことを体が覚えているのだろうな、と感じました。

(鵜住居から避難されたご夫婦は)当時の避難所の様子、どのようにお話しされていました?

「大変だったけど苦じゃなくて、楽しかったんだよね」とお話しされていて、ものすごくびっくりしたんです。避難所はやっぱり苦しい、(津波で)家がなく帰るところがないから行く、というイメージがあったので。それを「楽しかった」と言えるのは何故なのか。それを知りたくて栗林に取材に行きました。

ライブ配信「延長戦」
スペシャルアーカイブ

普段はアーカイブしていない放送終了後のライブ配信。今回もスペシャルコンテンツとして公開します。前川記者が栗林の避難所取材で出会った素敵な方々のお話しと、記者のふるさと鵜住居への思い。放送だけでは伝えきれなかった記者のまっすぐな思いをお届けします。

「延長戦」の中で配信した、岩手日報若手プロジェクトチーム制作の動画コンテンツはこちらからご覧いただけます。

放送を終えて

@ibc_iwate

6/22 ##でじらぼ 整理部・前川晶記者の企画『紡ぐ〜鵜住居とともに〜』第2弾の後半をお聞きしました。優しい気持ちも勇敢な心も抱ける、学び多き時を過ごせました。##IBC岩手放送 ##岩手日報 ##IBCradio

♬ Happy bright happy orchestra - 3KTrack
鵜住居とともに~言えなかった「ありがとう」を今(前編) TOP コロナ禍の“復興五輪” 岩手路を駆け抜けた聖火リレー