気象と防災 マメ知識!

気象と防災 マメ知識!

気象予報士・防災士の神山 浩樹(IBCアナウンサー)がお届けする5分間。

◆放送日時
毎週土曜日17:50~17:55
番組開始:2009年4月〜

◆出演
神山浩樹(IBCアナウンサー)

お便り・お問い合わせ

467回「避難所運営マニュアル」2018年4月14日OA

2018年04月14日 6:00 PM

今回は3年前の3月、陸前高田市がまとめた避難所運営マニュアルを取り上げます。避難所に関する基本的な考え方、避難所組織のあり方や活動内容をまとめたもので、一定期間の避難生活を想定しています。「事前対策」、「初動対応」、「運営」の大きく3章に分かれ、事前対策では「地域住民による『自主運営』」「震災検証報告書で整理された課題や教訓を反映」「要配慮者が安心して生活を送れる」を運営の基本方針としています。机上のマニュアルではなく、東日本大震災での教訓や課題が反映されているところが、円滑な避難所運営の為の大きなヒントになります。

東日本大震災では、市が運営する避難所26か所と併せて、地域で自発的に開設された避難所が58か所ありました。市が指定していないものの、地域の公民館や集会所等が自主受け入れ避難所になったもので、全避難所の約70%を占めました。しかし開設状況の把握が困難で、食料・物資が行き渡りませんでした。マニュアルでは「各施設から、コミュニティセンター単位で設置されている地区本部へ、積極的に情報提供することが重要」と指摘しています。又、被災した自宅で生活している人達の所在の把握が困難で、食料・物資の支援等で課題が生じたことから「在宅避難者は自ら地区本部に申し出を行い、登録する等の対応が必要」としています。市が状況を把握しないと、食料・物資等の支援が受けられません。自主受け入れ避難所、在宅避難者共に、「行政との連携」が鍵となります。

この他、食料・物資の調達に関して「地域で米を調達できたとしても、籾の状態で保管していた為、精米機の動力源の確保が困難で、食料として利用するまで時間がかかった」ことから、「停電に備え事前にガソリンや軽油等で稼働する発電機を準備するよう努め、地域での食料調達について日頃から話し合うこと」としています。又、電気、ガス、水道が使用できない状況で炊き出しが行われたことから「カセットコンロ、かまど等の器具や、パック容器を事前に準備することが有効」と指摘しています。このマニュアルは、インターネットで「陸前高田市避難所運営マニュアル」で検索し御覧になれます。

IBCラジオPR
IBCワイドFM

466回「避難所」2018年4月7日OA

2018年04月07日 6:00 PM

避難場所と避難所の違いを御存じでしょうか。内閣府の資料によりますと、「避難場所」は、災害から身を守る為に緊急的に避難する場所で、土砂災害、水害、津波、地震などの災害種別ごとに指定されています。災害に対して安全な構造である堅牢な建築物や、災害の危険が無い学校のグラウンド、駐車場等です。例えば盛岡市の場合、盛岡城跡公園が洪水や大規模な火事の際の緊急避難場所に指定されています。又「避難所」は、災害の危険があり避難した住民等が、災害の危険がなくなるまで必要期間滞在し、または災害によって自宅に戻れなくなった住民等が一時的に滞在することを想定した施設です。例えば学校や体育館、公民館等の公共施設が指定されています。

避難所の中には「福祉避難所」があります。高齢者や障がい者など、入院や施設に入所する程ではないものの、一般の避難所では生活に支障が生じる恐れがある人達が滞在することを想定した避難所です。一般の避難所内に専用のスペースや部屋が設けられたり、老人ホームや障がい者施設などが指定されたりします。福祉避難所では介助員などの生活相談員や、支援の為の器具やスロープなどが設置されます。最初に一般の避難所に入った場合においても、必要に応じて、市区町村の判断で福祉避難所に移送してもらえます。東日本大震災の発災直後、多くの人が身を寄せプライバシーも確保されない沿岸の体育館を取材した時の事です。親子で避難したものの、障がいのあるお子さんが奇声を上げてしまう為、集団生活ができないというケースがありました。福祉避難所があればと思ったものです。

岩手県によりますと、福祉避難所は3月現在、31の市町村で指定されていて、指定された354施設の内、347施設が社会福祉施設、その他は特別支援学校や保健センター等の公共施設です。指定されていない市町村がある背景には「行政、施設共に福祉避難所の開設経験がなく、物資や人員の確保等について受入施設側との調整に時間を要していることなどが一因」としていて「指定済み市町村の事例など必要な情報を未指定市町村とも共有し、又、一般避難所でもユニバーサルデザインに配慮した福祉避難スペースを設けるなど、誰にも優しい配慮を行い、災害に備える必要がある」としています。災害時、全ての地域住民が安心して避難できる環境作りが急務です。

 

465回「災害時のトイレ2」2018年3月31日OA

2018年03月31日 6:00 PM

災害時のトイレ、今回は避難所についてです。仮設トイレがすぐに避難所に届くとは限らず、又、避難者数に比べトイレの個数が不足することが考えられます。東日本大震災の被災地でのアンケートによりますと、仮設トイレが避難所に行き渡る迄に要した日数は、3日以内と回答した自治体はわずか34%、最も日数を要した自治体は65日でした。私も発災初期に避難所を取材した際、トイレが排泄物の山になって劣悪な衛生状態になった所を目にしました。又、和式トイレで、お年寄りなどが使いにくいものもあり、トイレの使用を減らす為に水分や食事を控え、体調を崩すケースがありました。

内閣府がまとめた「避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン」によりますと、「市町村は、過去の災害における仮設トイレの設置状況や、国連等における基準を踏まえ『災害発生当初は避難者約50人当たり1基』『その後避難が長期化する場合には約20人当たり1基』『トイレの平均的な使用回数は1日5回』を一つの目安として、備蓄や災害時用トイレの確保計画を作成することが望ましい。又トイレの個数については、施設のトイレの個室と災害用トイレを合わせた数として算出。バリアフリートイレは先ほどの個数に含めず、避難者の人数やニーズに合わせて確保することが望ましい」としています。

災害用トイレには、し尿を溜める袋と凝固剤などがセットになった「携帯トイレ」、組み立てるなどのタイプの「簡易トイレ」、イベントなどで見かける汲み取り式の「仮設トイレ」、下水道のマンホールを利用した「マンホールトイレ」などがあります。トイレの設置場所や防犯対策等については、障がい者や女性の意見を積極的に取り入れ、配慮が必要です。具体的には、安全性については「暗がりにならない場所に設置」「夜間照明を個室内、トイレ迄の経路に設置」「個室は施錠可能に」「防犯ブザー、手すりを設置」、衛生面では「手洗い用の水、ウェットティッシュを用意」「生理用品の処分用のゴミ箱を用意」「オムツ替えスペースの設置」などです。各地域では自治体と連携し、先ほどのガイドラインを参考に、平時から災害時のトイレ対応について備えることが大切です。

 

464回「災害時のトイレ1」2018年3月24日OA

2018年03月24日 6:00 PM

大地震などが発生した際、被災地では在宅避難か、避難所に行くか、ということになります。避難所では環境の変化などによって体調を崩す人もいるので、できるなら住み慣れた自宅の方が安心です。しかし断水や停電、下水道や浄化槽が壊れることにより、多くの水洗トイレが使えなくなっている可能性があります。便器の下の方や配管から水が漏れていないか、床下などから水が垂れる音がしていないか、汚水の臭いがしないか、下水が道路に溢れていないか、などを確認しましょう。もしそのまま使用し、風呂の水などで流そうとすると、汚水が溢れる恐れがあるからです。無事に使えるかどうかわかるまでは汚物を流さないようにしましょう。

水洗トイレが流せない場合、し尿を溜める袋と凝固剤などがセットになった市販の携帯トイレなどがあると良いですが無い場合、緊急的に対応するしかありません。NPO法人日本トイレ研究所によりますと、この場合、用意するものは、新聞紙見開き3枚と取っ手が無いゴミ袋2枚です。まずゴミ袋を便器に敷きます。次にもう1枚のゴミ袋を便座に被せ、便座を覆うようにして裏側に折り返します。2枚使用することで、最初のゴミ袋の便器内への接触を防げます。そして四つ折りの新聞紙をクシャクシャにした後、広げて四隅を折り曲げ、ゴミ袋の底に敷きます。2枚目の新聞紙も同様にクシャクシャにした後、縦横の向きを変えてから底に敷きます。最後に3枚目の新聞紙を短冊状に数回切り裂きクシャクシャにしてゴミ袋の中に入れ完成です。ゴミ袋の中に用を足した後は空気を抜いて袋を縛り、ゴミの回収があるまで保管します。

被災地で気をつけたいのは衛生面です。水が出ない、水洗トイレが使えない状況では不衛生になり、ウィルスや細菌が手や指を介して口に入って病気になる恐れがあります。手洗い用の水が無い場合、ウェットティッシュで汚れを拭き取り、アルコール消毒液を手に取ってこすり合わせ、清潔を心がけましょう。

 

460回「盛岡中央消防署2」2018年2月24日

2018年02月24日 6:00 PM

前回に続いて盛岡中央消防署4階にある防災学習コーナーについてです。「備えラボ」は、災害に備え日頃から取り組める様々な防災対策について学べます。白い壁一面には、暮らしの様子が見える大きな家のイラストがあります。その左脇には、家財が描かれたマグネットパーツが貼られています。そのパーツを室内のシルエットに重ね、動かします。例えば「窓」を手に取ると、空いたスペースには飛散防止フィルムと書かれていて、割れて飛び散ったガラス片でケガをしない為の対策であることを学習します。同様に「テレビ」は倒れないよう固定を、「カーテン」は燃えにくい防炎品を、「食器棚」は揺れで食器が飛び出さないよう扉に金具を取り付けることを確認します。特にお子さんは遊びながら防災について関心を高められそうです。

「サバイバル72」は、行政等の救出・支援である公の助け「公助」が来るまでの約72時間、自力で生き延び、又、周囲の人と助け合う力を身に付けてもらおうというコーナーです。大地震で倒れた建物などが描かれた白い壁に見学者が近寄ると、男の子の姿が投影されます。彼が変わり果てた街を徒歩で避難所に向かい避難生活をする想定で、その間にポイントを解説するものです。傾いた建物は崩れ落ち、看板や窓ガラスは落下し、ブロック塀や自動販売機は倒れてくるかもしれません。倒れた電柱や切れた電線は感電の恐れがあります。危険を察知し離れて歩くことが大切です。又、火災が発生していたら通報し、ケガをしている人がいたら応急手当をすることも学びます。避難所では初めに名簿に名前と住所を記入します。3日分の食べ物や飲み物を持参すると安心です。このフロアの一角には、避難所を想定した高さ180センチの強化ダンボール製の実際の間仕切りが授乳室として設けられています。避難所では共同ルールを守り、皆で助け合うことが必要なのです。

この他、48席が設けられた「防災シアター」では、約15分の映像で盛岡広域エリアの地域災害への備えを考えます。2013年8月の雫石や、2015年6月の紫波の水害など最新の映像が盛り込まれ、いつ起こるかわからない自然災害について理解を深められます。盛岡中央消防署の庁舎見学は入館無料で、団体の場合は事前の予約が必要です。

 

459回「盛岡中央消防署1」2018年2月17日OA

2018年02月17日 6:00 PM

2016(平成28)年6月、内丸から盛岡駅西通に移転した盛岡中央消防署を訪れました。6階建て庁舎の4階には防災学習コーナーがあります。盛岡地区特有の災害を学び、いざという時の対応力を養うのが目的です。

足を運んで驚くのが日本最大級の床マップです。盛岡市、八幡平市、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町の3市5町の4500分の1の航空写真が床一面に広がり、一部は壁まで延びています。そして岩手山の東側で1686年のマグマ噴火と同じ規模の噴火が発生した場合、火口からの距離によって火山灰が降り積もる量を3つの同心円で重ね合わせています。半径5キロ圏内で80センチ、10キロで30センチ、15キロで10センチという想定です。岩手山は約70万年前から活動を始め、何度も噴火を繰り返し、山体を形成しました。最近では1998(平成10)年に火山性地震が頻発、噴気活動も活発化し噴火が危惧されました。群馬県の草津白根山の噴火で、火山防災への関心が高まっています。噴火予知は容易ではありませんが、地殻変動などの予兆が観測された場合、特に注意が必要です。

壁のパネルでは、火災、風水害、地震などについて解説しています。盛岡地区の過去の大きな「火災」は西風の強い冬場に多く発生しています。昭和30年代は年間100件を超えましたが、現在は年間50件程度です。住宅火災で怖い逃げ遅れを防ぐ為、消防では火災警報器の設置を呼びかけています。「風水害」に関し北上川流域では、過去400年の間に約330回の水害が発生しています。近年、河川整備は進んだものの、2002(平成14)年7月には台風6号による大雨で、盛岡市など3市町に避難指示が出されました。特に河川沿いの地域では、台風や集中豪雨による風水害に注意が必要です。「地震」は比較的少ない地域ですが、1998(平成10)年9月の岩手県内陸北部地震では雫石町で震度6弱、2011(平成23)年3月の東北地方太平洋沖地震では、当時の滝沢村や矢巾町でも震度6弱を記録しました。矢巾町西方から奥州市胆沢区南部にかけ「北上低地西縁断層帯」という活断層帯がほぼ南北に延びています。現在の耐震基準を満たしていない古い建物では、倒壊の危険があり注意が必要です。次回も盛岡中央消防署の防災学習コーナーについて取り上げます。

 

458回「豪雪地帯・西和賀の昔の暮らし」2018年2月10日OA

2018年02月10日 6:18 PM

西和賀町の湯田温泉峡で旅館業を営む照井定子(ていこ)さんから、昭和20年代の暮らしについて教えていただきました。照井さんは1944(昭和19)年、旧湯田村大石で生まれました。1957(昭和32)年、中学1年の時、湯田ダム建設に伴い転居を余儀なくされ、北上に越すまで大石で生活していました。当時、祖母、両親、妹3人と暮らし、母屋と棟続きの馬屋では農耕馬1頭を飼っていました。西和賀は年間の降雪量が10mを超える豪雪地帯です。吹雪の前には兆しがあることを教えてくれたのはおばあ様でした。3つあり「子ども達が囲炉裏の周りで騒ぐ」「馬屋で馬が暴れる」「西側の雪よけの木にキツツキが来て嘴で叩く」です。この兆しの後は吹雪になったというのです。興味深い話です。

実は大後美保(だいごよしやす)編「天気予知ことわざ辞典」に「子供が騒ぐと雨」という言い伝えが掲載されています。低気圧の接近により、人間の生理作用や自律神経が乱れることが関係していると考えられ「全国的によくいわれるが、子供ばかりではなく、多くの動物にもこうした傾向があり、『ネコが騒ぐと雨』『カラスが騒ぐと雨』」ということわざもあるようです。雨も吹雪も低気圧が原因ですので、背景は同じと思われます。

又、照井さんは、冬の峠越えが命がけだったと語ります。北上から西和賀を通って秋田県横手市まで続く107号は別名「秀衡街道」。奥州藤原氏の時代に、出羽仙北や西和賀地方から産出した金を平泉に運んだ道と言われています。最大の難所が和賀の仙人峠、雪崩の危険と隣り合わせです。雪崩にも2種類あり「ひら、ひらつぎ」という春先、積雪層全体が崩れ落ちる「全層雪崩」と、「わし」という大量に降り積もった新雪が音も無く滑り落ちる「表層雪崩」です。運賃をいただき徒歩で荷物を運ぶ「駄賃背負い(だちんしょい)」という宅配人は、積雪時の難所では、雪崩を誘発させない為、声や音を出さないよう気をつけました。その様を表した俳句が「なだるると 声をころして 通りけり」。駄賃背負いをしたことのあるおばあ様は、雪崩で命を落とした人を何人も見たと言います。照井さんの話から、過酷な雪国で暮らす先人達の生き様に思いを馳せる機会になりました。

 

454回「外国人の防災・減災」2018年1月13日OA

2018年01月13日 6:00 PM

先月17日、奥州市で行われた岩手県防災セミナー。市民120人が集まった会場で講演したのは、岩手大学グローバル教育センターの松岡洋子教授です。「ことば、文化、習慣の異なる人々が、災害に接触した時に起こること、課題への対応」について解説しました。国際化は岩手でも進んでいます。県内在住の外国人は6168人、内訳は中国34%、フィリピン18%、ベトナム16%などです。又、2016年にスキーや、祭りなどイベントを目的に岩手を訪れた外国人観光客は16万3230人で、前年比34.4%も伸びています。地震、津波など、自然災害が頻発する日本ですが、そのような経験が無い国の人達は対応が困難なのが現状です。過去には大地震の揺れを「テロが起きた」と勘違いした外国人もいたそうです。

東日本大震災では日本語を知らない人達にとって耳慣れない「津波、避難、高台」などの言葉が飛び交いました。そもそも、それらの知識が無ければ直訳しても伝わりません。例え日本語教室で一度、勉強したとしても常に関心があるわけではなく、なかなか覚えられないのです。又、災害時は精神面で「自分だけ知らないことがあるかもしれない」と言った不信感、「避難所での物資配布や掃除など、習慣の違いについていけない」、「日本語だけの情報で孤独を感じる」などの声があったと言います。

松岡教授は、外国人との共生の難しさを「3つの壁」に分類できると言います。知らないから怖い、よそ者だから怖いという「心の壁」、通じないから面倒、分からないから嫌という「ことばの壁」、今まで居なかった人、少数派は想定外という「仕組みの壁」です。この壁克服の為、平時の近所付き合いに加えて、例えば「小学校で母国について語ってもらう。又、地域の避難訓練にも参加してもらう」といった取り組みの他、一時滞在者には、「災害時、言葉が通じなくても、絵文字で表示したり、手を取って逃げたりする」といった手段も提案していました。東北が誘致を目指しているILCが実現した場合、海外の方との交流がより一層、盛んになります。外国人の防災・減災の課題解決の為には「コミュニケーション」が鍵のようです。

 

453回「予報の違い」2018年1月6日OA

2018年01月06日 6:00 PM

紫波町・じゃじゃじゃサテライトさんから質問を頂きました。ありがとうございます。「あるテレビ局の天気予報は『晴れ時々雪』と、また別の局では『曇り時々雪』と伝えていますが、どうして局によって予報が違うのでしょうか」。これはエリア毎のポイント予報を依頼している民間の気象会社が局によって違うからだと思われます。IBCで契約している日本気象協会にお聞きしました。

各気象会社では予報する為に用いる計算モデル=式があります。「自社の予測精度向上の為、過去に発表した予測をデータベースに蓄えており、実際の気象と比較し、その差が最小になるよう計算ロジック=道筋を定期的に見直しております」ということです。他社より予測精度を上げる為に企業努力を行っていて、性能を競い合っているとも言えます。又、計算式の他、気象予報士によって修正を加える作業もあります。気象学の基礎は同じなので見解は同じになるはずですが、修正に違いがでるのは「予測の基となる『資料自体』が異なるのでは」ということです。予報士が予報を組み立てる時には、一般の方が普段、目にすることのない「専門天気図」という資料を用います。日本周辺域・アジア太平洋域の実況天気図、予想天気図、300・500・700・850ヘクトパスカルなどの等圧面の高層天気図、数値予報天気図などです。「どの天気図を重視するかによって予報に若干の違いが出るかと思います」ということです。

各局のポイント予報が違った場合、利用者はどう対処すれば良いのでしょう。複数の予報を比べて同じであれば「当たる」可能性が高いと言えます。違った場合、それだけ予測が難しい気象状態で、この場合、どちらの結果になっても良いような備えだと安心です。天気を左右する要素は膨大で、日々変化する気象状態を完全に数値化することはできません。つまり未来を100%予想することは残念ながらできないのです。自然を読み解く際の誤差を最小にし、予報の的中率を高める為の努力は今後も続きます。

 

440回「清流を維持する施設」2017年10月7日OA

2017年10月07日 6:00 PM

今の時期、盛岡・中津川を始め、北上川の各支流には「鮭」の姿があります。この清流が赤く染まった時代があったことを、御存じでしょうか。標高900m。岩手と秋田を結ぶ八幡平アスピーテラインから見える廃アパート群。水洗トイレで、ボイラーによる全館暖房だった11棟の鉄筋コンクリート4階建ては、最盛期の1960年、旧松尾鉱山の労働者とその家族約1万5000人が暮らした名残です。近代的な街並みから「雲上の楽園」と呼ばれました。

旧松尾鉱山は、明治末期に採掘が始まり、一時、日本の硫黄生産の3割を占め、東洋一の規模を誇りました。硫黄は農業用肥料、プラスチック、ゴム、石鹸など幅広い用途に使われました。しかし石油精製時に産出される硫黄への転換が進み、1972年に閉山。ところが廃坑から流出し続ける鉱毒水は、八幡平を源流とする赤川から松川へと流れ込み、北上川の本流も赤く濁った川に変えてしまいました。その姿から、北上川はかつて「死の川」とも呼ばれたのです。1977年、川の清流化に乗り出した国と県は、強い酸性の廃水を中和する処理施設の建設を開始しました。施設を運営管理する石油天然ガス・金属鉱物資源機構によりますと、旧松尾鉱山には、硫化鉄鉱などの鉱石が膨大に残っていて、縦横無尽に採掘された坑道に地下水や雨水が流れ込み、水と酸素と硫化鉄鉱が反応し、鉄や有害物質のヒ素を含む強酸性水が生成されます。今でも流れ続ける東京ドーム7.3杯分、年間約900万立方メートルにも及ぶ大量の坑廃水を、365日24時間体制で中和処理しているのです。処理が停止すると、かつてのように川が汚染され、農業、工業、生活用水など、年間約500億円の被害が出ると予測されています。

佐藤直樹所長は「海外から研修生が見学に来た際、処理施設を『負の遺産』と説明しています。環境を考えて鉱山開発をしていけば、このような状況にはなりませんでした。後処理を生み出さない開発をするよう提案しています」と、環境との両立の大切さを強調していました。清らかな流れの裏には、関係者の努力があるのです。

もっと読む