気象と防災 マメ知識!

IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

気象と防災 マメ知識!

気象予報士・防災士の神山 浩樹(IBCアナウンサー)がお届けする5分間。

◆放送日時
毎週土曜日17:50~17:55
番組開始:2009年4月〜

◆出演
神山浩樹(IBCアナウンサー)

お便り・お問い合わせ

472回「栗駒山火山ハザードマップ」2018年5月19日OA

2018年05月19日 6:00 PM

今日は、栗駒山の火山ハザードマップについてです。ハザードマップとは「災害予測地図」のことで、火山噴火など発生が予測される被害について、その種類・場所・危険度などを示しています。栗駒山の火山災害に対する防災体制の構築を推進する為、岩手、宮城、秋田の3県と、一関市、栗原市、湯沢市、東成瀬村の関係自治体、関係機関、学識経験者等で構成する栗駒山火山防災協議会が作成し、この春、公表しました。ハザードマップでは過去に発生した噴火や、他の火山での噴火事例を参考に「水蒸気噴火」と「マグマ噴火」に分けて影響範囲を示しています。

マグマによって加熱された地下水等が爆発的に地表に噴出する「水蒸気噴火」は、過去約1万年の間に少なくとも12回発生しています。800年に1回程度です。昭和湖付近で水蒸気噴火が発生した場合、火口から2-3キロの範囲で小さな噴石や火山灰が50センチ、奥州市の南西部にも1センチ程、堆積する恐れがあります。地下から上昇してきたマグマが地表へ噴出する「マグマ噴火」は、過去約1万年の間に少なくとも9回発生しています。1100年に1回程度です。昭和湖付近でマグマ噴火が発生した場合、溶岩流の他、火口から2キロの範囲で小さな噴石や火山灰が50センチ堆積し、10センチ以上堆積した斜面では雨により土石流発生の恐れがあります。

気象庁の資料によりますと、1774(寛保3)年2月3日の噴火では磐井川が俄かに渇水、山鳴りが響き、大木を含む大量の火山泥流が発生しました。その後も時々噴煙が観測され、山鳴りが続きました。又、1944(昭和19)年11月20日の小規模な水蒸気噴火は昭和湖付近で発生しました。火山灰が降り、泥を噴出、磐井川が濁り、魚類に多数の被害が出ました。加えて強酸性水が湧き出て、噴火後3年に亘り磐井川下流域の農作物や水力発電所に被害を及ぼしました。1774年の噴火でも同様の被害があり、将来、水蒸気噴火によって強酸性水が湧出した場合、磐井川下流域では数年間に亘り影響を受ける恐れがあります。自然の恵みと表裏一体にある火山のリスクを地域住民、登山者、観光客が共有することが大切です。栗駒山のハザードマップは岩手県のHPで御覧になれます。

IBCラジオPR
IBCワイドFM

372回「降灰の注意点」2016年6月18日OA

2016年06月18日 6:00 PM

前回に続いて、先月末に訪れた浅間山の火山防災についてです。火山災害で市民生活に大きな影響を及ぼすのは噴火で吹き上げられた火山灰が地上に落下する「降灰」です。浅間山の最近の降灰は12年前です。気象庁によりますと、2004年7月下旬から噴煙活動が活発になりました。9月1日には21年ぶりに爆発、北東方向の群馬県から福島県相馬市で降灰が観測されました。9 月16日から17日の小規模噴火では南東の軽井沢町には多量の降灰があり、群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県の一部でも降灰が観測されました。火山灰は風で遠くまで運ばれ、風向きによって様々な方向に降るのです。

群馬県長野原町版「浅間山火山防災マップ」には、降灰に対する注意点が解説されています。火山灰はとがった結晶質の構造をしています。降灰がある場合、なるべく家から出ないようにし、やむを得ず外出する場合、マスクやゴーグルでのどや目を守ることが必要です。車に積もった場合、ワイパーなどでこするとフロントガラスに傷がつく恐れがあるので、多量の水で洗い流しましょう。コンピューターや精密機器の故障の原因になりますので、窓やドアをしっか閉め屋内に入れないように。道路が滑りやすくなり、又、降ってくる火山灰や積もった火山灰を巻き上げ視界が悪くなりますので、車などの運転には注意が必要です。

降灰に対する注意は浅間山だけの話ではありません。岩手山でも起こる恐れがあります。岩手山火山防災マップによりますと、岩手山の東側では1686年のマグマ噴火と同じ規模の噴火が発生した場合、盛岡で10センチ、滝沢で10センチから、場所によって80センチ程度の降灰が予想されています。私達は活火山と共に暮らしているということを忘れてはいけません。

 

371回「浅間火山博物館」2016年6月11日OA

2016年06月11日 6:00 PM

今回は群馬県・長野県にまたがる浅間山についてです。5月末、群馬県嬬恋村にある「浅間火山博物館」を訪れました。岩手山より530m高い標高2568mの浅間山の麓にある火山に関する博物館です。建物は浅間山の稜線を思わせるような大きく横に張り出した黒い屋根が目を引きます。屋内に入ると、展示室までは洞窟の入口から真赤な溶岩のトンネルを通って地底の世界に進むような演出です。地球の内部構造が一目でわかる断面模型や、浅間山の江戸時代の大噴火を記録した古文書や古い絵図などが展示されています。絵図に描かれた黒い噴煙や真っ赤な溶岩流からは、自然への畏怖や、惨状を伝えようとする当時、生きる人の思いが伝わってきます。

浅間山はこれまで大規模な噴火と中規模、小規模の噴火を繰り返してきました。日本の火山災害史上に残る大きな被害をもたらしたのは1783年の大噴火です。展示資料によりますと、江戸時代の天明3年、新暦の5月から7月の3か月の間、断続的に噴火を続けていました。そして8月5日に大噴火を起こします。この時、発生した鎌原(かんばら)土石なだれは100キロの猛スピードで鎌原村、現在の嬬恋村鎌原集落を襲い、噴火からわずか数分の間に村は埋没、当時570名いた村民の内、477名が犠牲になりました。助かった93名の多くは、現在も高台にある鎌原観音堂に逃れた人たちでした。この史実は、ローマ時代、火山噴火によって埋没したイタリアの都市になぞらえ「日本のポンペイ」と呼ばれ、浅間山の火山活動と人々の暮らしを今に伝えています。博物館から通じる遊歩道は、黒い奇岩が広がる溶岩流の跡「鬼押出し」内に整備されています。散策しながら雄大な浅間山を眺めることができるのです。

群馬県長野原町出身の櫻井雅和館長は、幼い頃から見て育った浅間山は自身にとって「地域に当たり前にあるシンボル」と言います。現在、嬬恋村と長野原町は「浅間山ジオパーク構想」を掲げ認定に向けた取り組みを進めています。櫻井さんは「ジオパークになることで、火山の生い立ちや現状を更に知る火山学習の場になれば」と観光客誘致や地域の活性化につながる認定を期待していました。火山との共生は、まずは知ることが大切だと実感しました。

もっと読む