気象と防災 マメ知識!

IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

気象と防災 マメ知識!

気象予報士・防災士の神山 浩樹(IBCアナウンサー)がお届けする5分間。

◆放送日時
毎週土曜日17:50~17:55
番組開始:2009年4月〜

◆出演
神山浩樹(IBCアナウンサー)

お便り・お問い合わせ

505回「公衆電話」2019年1月12日OA

2019年01月12日 6:00 PM

NTTタウンページは、県が提供する防災情報に加え、各地域の避難所の場所などを記したマップを掲載した「防災タウンページ」を、県内の住宅や事業所へ配布しました。最近は若い人を中心に公衆電話の使い方を知らない人も多いことから、使い方も掲載されています。公衆電話は災害時、優先的に使える通信手段です。総務省によりますと、災害等の緊急時に電話が混み合い、通信規制が実施される場合であっても、通信規制の対象外として優先的に取り扱われます。又、NTTの通信ビルから電話回線を通じて電力の供給を受けている為、停電時でも電話がかけられるのです。公衆電話には外観が緑の「アナログ」と、外観が緑又はグレーの「デジタル」の2種類があります。見分け方は、緊急通報用の赤いボタンがある方が「アナログ」で、無い方が「デジタル」です。

さて停電時や災害発生時の使い方についてです。「アナログ」の場合、停電時、赤いランプが消えています。停電時と通常時の使い方は基本的に同じですが、停電時はテレホンカードが使えないことに注意が必要です。又、大規模災害が発生し無料となった場合、受話器を上げ、硬貨かテレホンカードを一旦投入し、発信音を確認してから電話番号をダイヤルします。通話終了後、硬貨又はテレホンカードは返却されます。次に「デジタル」の場合、停電時、液晶ディスプレイが消えています。停電時と通常時の使い方は同じですが、停電時はこちらもテレホンカードが使えないことに注意が必要です。大規模災害が発生し無料となった場合、硬貨やテレホンカードは不要です。受話器を上げただけで発信音が聞こえますので、そのままダイヤルします。

又、公衆電話とは異なる「特設公衆電話」をご存知でしょうか。災害時用公衆電話のことで、被災者等が無料で使える卓上の電話機です。避難所等に保管されていて普段は使えませんが、災害が発生した際、施設管理者が端末を設置するものです。岩手県内全ての市町村で、小学校等の避難所に収容人数100人に1台の割合で配備されています。公衆電話の場所や、特設公衆電話の配備場所については、お手元の防災タウンページで御確認下さい。

 

IBCラジオPR
IBCワイドFM

504回「亥年の自然災害」2019年1月5日OA

2019年01月05日 6:00 PM

干支によって災害が多いのかどうか、気になります。過去の亥年の記録を調べてみました。国交省岩手河川国道事務所によりますと、72年前の亥年1947(昭和22)年9月14日から16日にかけて岩手を襲った「カスリン台風」は山間部を中心に長雨をもたらしました。戦時中に山の木々が伐採されていて保水力が無く北上川が氾濫し、被害は死者130人、行方不明者38人、住宅被害は4万2161戸に上りました。特に一関周辺での被害は町を呑み込むほどで、狐禅寺での最高水位はビル6階の高さに相当する17.58mを観測しました。この他も調べてみましたが、県内では明治以降、亥年で目立った気象災害は無いようです。

しかし全国に目を向けると、亥年は大災害が頻発していることがわかります。24年前の1995(平成7)年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の「阪神大震災」が発生。神戸市などでは最大震度7に達し、家屋やビルの倒壊、火災により死者6000人以上、負傷者4万人以上の大惨事となりました。36年前の1983(昭和58)年5月26日、秋田県沖を震源とするマグニチュード7.7の「日本海中部地震」では、犠牲になった104人の内、100人は津波によるものでした。60年前の1959(昭和34)年9月26日、超大型の「伊勢湾台風」が潮岬付近に上陸。名古屋市の西から富山湾を経て北上、三陸沖に抜けました。伊勢湾沿岸の高潮による被害を中心に、全国の死者・行方不明者は約5000人に上りました。96年前の1923(大正12)年9月1日、相模湾を震源とするマグニチュード7.9の「関東大震災」が発生。死者・行方不明者は約10万5000人、その内約9万2000人は火災により命を落としました。更に遡り江戸時代、312年前の1707年10月28日、東海地方から四国・九州にかけて起きた「宝永地震」では、大津波、山崩れが起き49日後に「富士山が大噴火」しました。東海道、紀伊半島を中心に約2万人が亡くなりました。同じく江戸時代、408年前の1611年12月2日、三陸沖を震源として起きた「慶長地震」では、東北・北海道を大津波が襲い、甚大な被害をもたらしまた。

大災害が決まった周期で起こるわけではありませんが、過去の自然災害を振り返り、備えを見直すことは大切です。穏やかな1年になることを願うばかりです。

 

503回「2018年の天候」2018年12月29日OA

2018年12月29日 6:00 PM

日本気象協会が発表した「2018年お天気10大ニュース・ランキング」の中から上位3つのニュースと岩手との関連について取り上げます。第3位は「震度7 北海道胆振東部地震 北海道全域で停電発生」。9月6日午前3時7分頃、胆振地方中東部の深さ37キロ付近を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、厚真町(あつまちょう)で震度7を観測しました。広範囲で土砂崩れが発生し山肌が剥き出しになり、住宅などが土砂に巻き込まれました。更に札幌市清田区では、液状化で地盤が大きく沈下し、道路の陥没や住宅への被害が多数発生しました。この地震の影響で、死者41人、けが人700人以上、1万棟以上の住宅が被害を受けました。被災地支援の為の人や物資の輸送に、今年6月に就航した宮古と室蘭を結ぶ定期フェリー航路が活躍しました。

第2位は「台風21号・24号 記録的暴風と高潮で日本列島に爪痕」。台風21号は、9月4日、非常に強い勢力で徳島県南部に上陸後、勢力を保ったまま兵庫県神戸市付近に再上陸し、近畿地方を縦断しました。大阪湾では、第2室戸台風の時に観測した過去の最高潮位を超える329センチを記録し、関西空港の滑走路等が浸水する被害が発生しました。県内の最大瞬間風速は宮古市区界で30.2m、盛岡市で27.5mを観測し、県によりますと屋根が飛ばされるなどの建物被害は計13件、延べおよそ8000戸が停電しました。9月30日には、大型で強い勢力の台風24号が和歌山県田辺市付近に上陸し、東日本から北日本を縦断。鹿児島県奄美市で最大瞬間風速52.5メートル等、各地で観測史上1位を更新しました。

第1位は「平成30年7月豪雨 西日本を中心に甚大な被害」。6月28日から7月8日にかけて、梅雨前線や台風7号の影響で西日本を中心に広い範囲で記録的な大雨となりました。期間中の総降水量は四国地方で1800ミリ等、各地で7月の降水量の平年値の2倍から4倍を記録。1府10県に大雨特別警報が発表され、河川の氾濫や土砂災害等により200人以上の方が犠牲になりました。記録的な豪雨は、多量の水蒸気が西日本付近に流れ込み続けたこと、梅雨前線が停滞し活動が活発化したこと、局地的な線状降水帯が形成されたことなどが要因と考えられます。今年は間もなく終わりますが、自然災害への備えに終わりはありません。(「tenki.jpラボ」調べ https://tenki.jp)

502回「東京くらし防災」2018年12月22日OA

2018年12月22日 6:00 PM

今日は東京都がまとめた「東京くらし防災」という冊子についてです。大地震が予想されている東京都で備えについてアンケートを取ったところ53%の方が「具体的な方法がわからない」という回答でした。この冊子は、いつもの暮らしの中で始められる防災がイラスト入りでまとめられていて、岩手に住む私達にも参考になる内容です。

いますぐできる15のこと、について見てみます。「01外出先では非常口を確認」外出先では大きな揺れで屋外では割れたガラスや看板が落ちてきたり、ブロック塀や自動販売機が倒れてきたりすることにも注意が必要です。「02カーテンは閉めて寝る」割れたガラスの飛び散りを抑える効果があるからです。「03食器の重ね方を変えてみる」食器は高く積み上げず、下から中・大・小の順に重ねれば、揺れに強い安定した置き方になるそうです。「04包丁は使ったらすぐしまう」出しっぱなしはケガの元です。「05寝転んで、危険を探してみる」いつもの場所で頭に落ちてきたり倒れたりする物が無いかチェックしましょう。「06日用品は多めに買い置きする」食べ慣れた物、好きな食べ物、又、ラップやトイレットペーパーを多めに購入しましょう。「07行ける時に、トイレは済ませておく」発災直後はトイレに行きづらくなる為です。「08生理用品は、もう一周期分買っておく」被災時はストレスで生理不順になることがあり、ストックがあると安心とのことです。「09災害時の集合場所を決めておく」家族がバラバラで被災した時の為に、災害用伝言ダイヤルやSNS等、連絡手段を複数、決めておきましょう。「10公衆電話の使い方を子どもに教えておく」小銭を持たせ保護者の連絡先を暗記させたり、メモして持たせたりすると安心です。「11地域の行事に参加してみる」万が一の場合、頼りになるのはご近所です。「12災害時のペットの預け先を探しておく」尚、自宅が安全で定期的にペットの世話をする為に戻れるのであれば避難所に連れて行かないことも選択肢の一つです。「13ママバッグは使った分だけ足しておく」おむつ、ミルクセット等を補充し、持ち出しやすい場所に用意して置きましょう。「14チョコレートやキャラメルをカバンに入れておく」外出時に被災した時の備えです。そして「15『東京くらし防災』を読んでみる」です。

「東京くらし防災」は、東京都防災ホームページで御覧になれます。

 

501回「未来へのきずな2」2018年12月15日OA

2018年12月15日 6:00 PM

前回に続いて、みやぎ防災教育副読本「未来へのきずな」についてです。気象庁のHP内に開設された「防災教育に使える副教材、副読本ポータルサイト」にリンクが貼られています。東日本大震災を経験した宮城県の子ども達が、防災について考え、行動し、きずなを大切にしていけることを願って作成されたものです。

高校生向けの教材「災害から命を守る情報収集」のページでは、災害時、適切な避難行動をとれない心理的傾向について解説しています。東日本大震災の被災3県、岩手、宮城、福島の沿岸部では、大地震の揺れで助かったにも関わらず、高台に避難せず津波で命を失ったり、助かった人達の中にもすぐに避難せず津波に巻き込まれたりした人がいました。地震の揺れが収まった後の行動を調べてみると、57%の人は揺れの直後に避難しましたが、42%の人はすぐに避難しなかったことが分かりました。

教材では、適切な避難行動を妨げる心理は、考えや意見に隔たりを生じさせる「バイアス」が関係していて、「正常性バイアス」「楽観主義バイアス」「多数派同調バイアス」の3つがあると指摘します。「正常性バイアス」は、異常事態に遭遇した時、なるべく正常であると解釈しようとする傾向のことです。『どうせこんなことは起こるはずがない』『信じられない』と自分にとって都合の悪い情報を無視したり、目の前に起きていることを過小評価したりしてしまい、何かの間違いだと思ってしまうのです。「楽観主義バイアス」は、できるだけ楽観的に解釈しようとする傾向のことです。異常事態に遭遇しても『いつもと変わらない』『自分だけは大丈夫』と自分の身に降りかかることは少ない、楽観的な側面から見ようとしてしまうのです。「多数派同調性バイアス」は、どうしていいかわからない時、他の人と同じ行動をとったり、迷った時は周囲の人の動きを探りながら行動をとったりすることが安全だと考える傾向のことです。『みんながそうしているから』『他の人も逃げていないから』と、とりあえず周りに合わせようとするのです。このような心理状態に陥ることを平時に理解し、いざという時、冷静に適切な避難行動をとれるように意識しましょう。

500回「未来へのきずな」2018年12月8日OA

2018年12月08日 6:00 PM

今日は、みやぎ防災教育副読本「未来へのきずな」についてです。先月、気象庁のHP内に開設された「防災教育に使える副教材、副読本ポータルサイト」にリンクが貼られています。高校生向け教材の災害想定事例について、ラジオをお聞きの皆さんも高校生になったつもりで想像してみて下さい。

まず地震のケースです。12月の休日、自宅で、父、母、祖母、あなた、弟の5人家族がクリスマスパーティーの準備をしていました。午後6時半頃、弟と共に飾り付けを終え、食事のテーブルに着こうとした時、食器がカタカタと揺れ、テレビやスマートフォンから「緊急地震速報」が鳴りました。地面から「ゴゴゴー」という地鳴りがして、「ドーン」と激しく下から突き上げられ、ほぼ同時に大きな横揺れが襲います。激しい揺れは20秒程、続きました。ここからは考える時間です。緊急地震速報が鳴った時、命を守る為にどのような行動をとりますか?激しい揺れが収まった後、危険を避ける為、どんな行動をとりますか?更に家の様子はどのようになっているでしょうか?5分後、30分後、何をしているでしょうか?

続いて大雨のケースです。9月のある日、強い勢力の台風が北上していて、西日本では既に大雨と強風で被害を受けている地域が多数出ています。あなたが住む地域も昨夜から雨が降り続いていました。予報によると台風直撃の恐れがあり、県全域に大雨と暴風の警報が発表されました。学校は、午後の授業を打ち切り、生徒全員が帰宅。午後1時頃、家に着くと祖父と妹だけでした。両親は仕事で帰りが午後8時頃になり、家にある車2台は両親2人が通勤に使っています。家は二級河川から300m程の住宅街にあり、ハザードマップでは、堤防が決壊した場合、自宅周辺は50センチの浸水が予想されています。雨風がかなり強まり、午後6時頃、洪水の恐れがある為、避難勧告が出されました。さて避難勧告が出された時点で、外はどんな状況になっているでしょうか?あなたはどんな行動をとりますか?避難場所に避難できない時は、どうしますか?30分後、あなたは何をしていますか?このように災害時、どんな行動を取るのか、事前に対策を立てることが命を守ることにつながります。

499回「暖房器具使用時の注意」2018年12月1日OA

2018年12月01日 6:00 PM

暖房器具が欠かせない時期になりました。一般的に1日の平均気温が10度を下回るとスイッチを入れると言われています。この気温を平年値に当てはめると、暖房を使用する期間は、盛岡の場合、10月下旬から4月下旬、宮古の場合は11月上旬から4月下旬にかけてが多いと思われます。暖房は誤った使い方や不注意により火災などの事故が発生する為、注意が必要です。NITE(ナイト)=製品評価技術基盤機構に寄せられた情報によりますと、2013年度から2017年度の5年間に全国で暖房器具の事故により107人が亡くなりました。

2016年11月、愛知県では、男性が電気ストーブを使用中、前面ガードに可燃物が接触して火災が発生し1人が亡くなりました。ストーブの上で衣類を乾燥させると、乾いて軽くなった衣類などが上昇気流であおられて落下し、高温部に接触することで、火災に至る恐れがあります。ストーブ前方に干したとしても、放射熱が起こす空気の対流により衣類などが高温部に接触して危険です。ストーブの周囲に布団や衣類などを置いたり、カーテンの近くにストーブを置いたりしないように注意して下さい。今年1月、栃木県では、男性が石油ストーブのカートリッジのふたを十分に締めていなかった為、タンクをストーブへ戻す際にふたが外れ灯油が漏れ、漏れた灯油が高温状態の燃焼部にかかり火災が発生、住宅を全焼し1人が亡くなりました。給油する際は必ず消火することが大切ですが、ストーブ等が消火状態でも、再点火した際、こぼれた灯油に引火した事故や、消火直後の高温状態の燃焼部に灯油がこぼれて発火する事故が発生しています。灯油がこぼれた場合、灯油が機器内部に浸入している恐れがありますので、再点火を行わずに使用を中止し、販売店に相談して下さい。

又、2015年2月、神奈川県では女性が就寝時、ゆたんぽを長時間、脚に接触させて使用した為、低温やけどを負いました。取扱説明書には、低温やけどを防ぐ為「布団が温まったら、ゆたんぽを布団から取り出して就寝する」旨、記載されていました。温かいと感じる程度の温度でも、長時間にわたって皮膚の同じところに触れていると、皮膚温度が上がり、皮下の細胞組織などが壊死するために「低温やけど」になるのです。暖房器具による火災などの事故の件数は、毎年、年末年始にピークを迎えます。誤った使い方や不注意で事故を起こさないよう、お互いに気を付けましょう。

498回「自衛隊のライフハック」2018年11月24日OA

2018年11月24日 6:00 PM

今日は、自衛隊のライフハック、つまり仕事術についてです。災害や事故の時に役立つ知識が、自衛隊のHPに掲載されています。まずは「ケガ人の運び方」についてです。道具もなく、急いでいる場合、直接、ケガ人を担ぐことになります。2人で運ぶ場合、負傷者を座らせ、2人が両脇にしゃがみます。そして負傷者の腕を2人の肩に回してもらい、負傷者の背中と膝の裏で2人が手を組みます。膝の裏で組んだ手の上に負傷者を座らせるようにして運ぶ方法で、「両手搬送」と呼ばれています。搬送する際は、お互いに声を掛けタイミングを図ることが大切です。1人で運ぶ場合は、背負っての搬送が良いとのことです。意識がある場合、負傷者自らが体を掴んでくれることで、搬送中も安定します。もし意識が無い場合は、負傷者をうつ伏せにします。上体を起こし、腰から立ち上げます。そしてお腹を背負うにして抱え込みます。これを「消防士搬送」と呼ぶそうです。降ろす時は、軽く足を振るようにして、かかとから降ろすそうです。無理に動かすより、安静に搬送した方が良いことがほとんどですが、一刻を争う際の運び方として覚えておくと良さそうです。

続いて「初期消火の基礎知識」です。基本は「電気と油が燃えている時は、絶対に水をかけない」です。例えば、電源タップが燃えている時は、主電源を切ることが重要です。水をかけると感電のリスクが高まります。油が燃えている時は、消火器、砂などで対処して下さい。油は水をかけると、爆発する恐れがあります。

次に「車に積もった雪の落とし方」です。フロントガラスや窓に積もった雪を落とすだけでは、ブレーキ時、屋根の雪が落ちてきて視界が塞がれ非常に危険です。雪は前後ではなく左右に落とします。前は進行方向を妨げない為、後ろは雪による排気口の詰まりを防ぐ為です。万が一、排気口に雪が詰まると、排気ガスが車内に回り、一酸化炭素中毒を起こす恐れがあります。最後に冬場「車内のガラス曇りを軽減する方法」です。エアコンや曇り止めをすることで軽減できますが、意外と靴についた雪が盲点です。溶けた雪が車内の湿度を上げ、フロントガラスを曇らせる原因の一つになります。乗る前にしっかりと靴の雪を落としましょう。危機管理のプロである自衛隊のノウハウが詰まったHPは「自衛隊 ライフハック」で検索すると御覧になれます。

497回「同行避難」2018年11月17日OA

2018年11月17日 6:00 PM

今日は災害時、ペットと一緒に避難する「同行避難」についてです。環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」によりますと、災害時にペットを守る為には、まず飼い主が無事でいること、そしてペットの安全に配慮することが大切としています。屋外で飼っている場合、地震の時に破損しやすいブロック塀やガラス窓が近くにないかチェックする他、揺れに驚いて逃げ出すことがないよう、首輪や鎖が外れたり切れたりしていないか、加えてケージや囲いに隙間がないか確かめましょう。室内では、ペットが普段いる場所で、家具が倒れたり、物が落下したりしないか確認しましょう。過去の災害では、室内飼いの小型犬や完全室内飼いの猫でも、パニックになって開いた扉から逃げ出したり、地震等で倒壊した壁の隙間から外に出て行方不明になったりした事例が多数報告されています。室内飼いでも常に首輪や迷子札をつけることが必要です。

次に避難所でのペットの飼育についてです。ケージやキャリーバックに慣らしておくこと、人や動物を怖がったり、むやみに吠えたりしないこと、決められた場所で排泄できるようにしつけましょう。他人への迷惑を防止すると共に、ペット自身のストレスも軽減されます。又、避難所や動物救護施設では、ペットの免疫力が低下したり、他の動物との接触が多くなったりします。普段からペットの健康管理に注意し、予防接種等、ペットの健康、衛生状態を確保する他、不必要な繁殖を防止する為、不妊・去勢手術を実施しておくことが大事です。東日本大震災の初期には、ペット用の救援物資を運ぶ車両が緊急車両として認められず、ガソリン不足も加わり、救援物資がすぐに届かなかった事例がありました。避難所でのペットに対する備えは基本的に飼い主の責任です。療法食や薬、フードや水を5日分以上、食器、トイレ用品、ケージの補修などで使うガムテープを準備しておきましょう。

飼い主は予め避難所にペットを連れて行く際の注意事項を自治体に確認する他、地域の災害対策の会合や防災訓練で、避難方法を話し合っておきましょう。避難所以外にも、親戚や友人など、ペットの一時預け先を探しておくと安心です。災害時にペットの命を守り、避難後、トラブルにならない為には、日頃からの準備が肝要です。

 

496回「警視庁ツイッター」2018年11月10日OA

2018年11月10日 6:00 PM

今日は警視庁警備部災害対策課のツイッターについてです。いざという時に役立つ防災情報を発信していて、2013(平成15)年から始め、今ではフォロワーと呼ばれる登録者が76万人を突破する人気ぶりです。今年の情報からいくつかピックアップしてみます。絆創膏に関する2つのツイートで、1つ目は9月4日の「剥がれにくい貼り方」。粘着部両端の真ん中に切れ目を入れます。例えば手の指をケガした際、患部に当てた後、切れ目を交差させて貼ると、普通に貼るより剥がれにくいというものです。2つ目は6月28日の「靴底に貼り滑りにくくする方法」。両方の靴底の爪先とかかとに絆創膏を貼るだけで、雨に濡れた路面で滑りにくくなるというものです。投稿者は「水に濡れるとすぐに剥がれそうですが先日やってみたところ1日履いても剥がれませんでした」とコメントしています。紹介した2つの知恵は覚えておくと役立ちそうです。

日頃の備えで使えるのが2月28日にツイートされた、光を蓄える「蓄光テープ」です。投稿者の自宅でブレーカーが落ち、家族が「懐中電灯の場所が分からない」と慌てた経験から備えたものです。蓄光テープを懐中電灯の他、ドアノブ、非常用持ち出し袋がある場所等に貼ったところ、思った以上に暗闇で光り、安心に繋がったそうです。確かに手の届くところにあったとしても、暗闇で懐中電灯を探すのは大変です。シンプルな方法で、参考になります。

その他、プルトップ型ではない「缶詰」を、道具を使わず開ける方法が10月16日に掲載されていました。蓋の縁をコンクリートやアスファルトに円を描くようにこすりつけるというもので、構造上、蓋の接合部分が削れると開けられるからなそうです。蓋を取る際、砂等が入らないよう気をつける必要があります。又、5月31日のツイートでは、「瓶の蓋」が開かず困った際、瓶を逆さにして置き、底を掌で叩く方法が紹介されています。振動により、瓶と蓋の間に空気が入り、開けやすくなるからなそうです。瓶が割れたり、手を痛めたりしないよう注意が必要ですが、こちらも試してみたくなります。防災のプロが発信する警視庁のツイッターは「警視庁警備部 災害」で検索すると御覧になれます。

 

もっと読む