X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC岩手放送

 

IBC岩手放送|岩手百科事典

2018年08月22日(水)

ナガバキタアザミ

ナガバキタアザミ

キク科トウヒレン属の多年草。最初1915年(大正4)小泉源一により早池峰山固有種として報告されたが、その後、南千島と北海道の高山帯にかなり分布していることが知られ、現在早池峰山はこの種の南限生育地となっている。この種に近いオクキタアザミは葉の幅が広く総苞片(そうほうへん)が長く、尾状鋭尖頭で岩手山・烏帽子岳・焼石岳・鳥海山などに分布する日本海沿岸要素となっている。

Written by 村井三郎

岩手百科事典とは

「郷土のすべてを知りたい」という県民の思いにこたえ、岩手放送開局25周年事業として1978年に刊行。10年後の1988年に補訂し「新版岩手百科事典」を刊行した。岩手の自然・歴史・地理などあらゆる分野・領域で5千を超える項目を網羅、集大成。
WEBでの掲載項目は「新版」に準拠し、刊行当時の内容をそのまま採録しています。このため地名や解釈等で、現在と違う場合もあります。予めご了承の上、お楽しみください。

2018年08月21日(火)

長沢賢二郎

ながさわけんじろう

1885-1965 陸軍少将、航空界の先達。盛岡に生まれ盛岡中学から1906年(明治39)陸軍士官学校卒。1925年(大正14)航空兵に転科、熊谷陸軍飛行学校長・明野陸軍飛行学校長。陸軍飛行操縦術修得徽章が制定されたとき日本で最初に飛行した工兵大尉徳川好敏とともに最初の拝受者になった。1914年第1次世界大戦には青島攻撃に加わり、長沢はモーリス・ファルマン機を駆って夜間爆撃も行った。

Written by 後藤力

2018年08月20日(月)

九月

くがつ

1935年(昭和10)創刊。小説同人誌。東京で発行。古沢元・八並誠一・儀府成一・佐藤彬らが参加し、同人は10人。雑誌を出そうと計画したのが9月だったため「九月」という誌名をつけた。計画して2年後に発刊したが、第1号を出しただけで休刊。古沢元・八並誠一が作品を発表した。表紙を岸丈夫、 とびら絵は島崎蓊助、カットを小山内龍が描いている。

Written by 栗木幸次郎

2018年08月19日(日)

地租改正

ちそかいせい

明治政府による土地課税制度の変革。1873年(明治6) 、地租改正条例に基づいて、旧来の農民の土地保有地に私的所有権を認め、その所有権の証明として、地券を農民に交付した。その土地の価格(地価)を定めて税金(地租)の徴収の基礎とし、地租の納入を旧来の現物納から貨幣による金納に改めて実施した。和賀・稗貫・閉伊・紫波・九戸を管轄する岩手県は1875年6月に着手し、1878年10月に完了した。その面積は44万8014町歩余(約44万4313ha)、地価1295万5182円余、地租額38万8659円余であった。気仙・胆沢・江刺・磐井郡を管轄する磐井県は同年11月に着手し、 1878年10月に完了した。原野山林に入会地が多い本県はこのときに所有権の認定が混乱したために、のちの入会権争議の遠因ともなった。また地租改正の役人の態度・費用負担などの問題から大更村(現西根町)・宮守村・久慈・田野畑村・小国村(現川井村)などに地租改正反対一揆(いっき)が起こったが、小規模に終わった。

Written by 名須川溢男

2018年08月18日(土)

炭疽病

たんそびょう

炭疽(たんそ)は元来、牛・馬・豚・羊などの動物が被患する伝染病で、極めて急性の経過をとり、家畜などではその被害が多いので、重要な家畜伝染病である。1876年(明治9) R・コッホによって発見された炭疽菌がその病原。この菌は、好気性で寒天培地上で速やかに長い連鎖を作って発育し、竹節状に見えるグラム陽性の有芽胞菌である。抵抗力が強く、土中などで長年月、芽胞の形で生存する。人間では家畜・獣毛・骨粉などを取り扱う職業の人への感染が多い。臨床的には、小さな創傷などから炭疽菌に感染する場合が多く、皮膚炭疽の形で、病巣部が炭のように壊死(えし)をおこしてくる。そのほか、吸入による肺炭疽、飯食による腸炭疽もある。県内では1965年(昭和40) 8月、西根村で牛由来の炭疽の集団発生をみた。

Written by 川名林治

2018年08月17日(金)

鈴子

すずこ

釜石市内を東流する甲子川が湾口近くで曲流し、その左岸に発達した沖積地域で新日鉄釜石製鉄所の所在地。土地の所有者からこの名がでた。明治以後製鉄所の設置によって工業地域となり発展した。JR山田・釜石・三鉄南リアス線の接点釜石駅があり、国道45・283号線が接続し、釜石港へは臨港線で結び産業・交通の中心地である。

Written by 及川勝見

2018年08月16日(木)

白木峠

しらきとうげ

湯田町西部・秋田県山内村の境にある標高601.6mの峠。古く『義経記』に白木山を越え源義家が安倍貞任を追ったとあり、12世紀ごろ平泉と秋田を結ぶ秀衡街道に登場する。藩政時代白木峠をはさみ、南部越中畑と佐竹小松川に番所が設けられ、人間の往来が盛んであった。平和街道・国鉄横黒線の開通によって地元の人々にも忘れられた峠。

Written by 高橋薫