X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

岩手メディア共同キャンペーン「震災10年 ともに」

岩手メディア共同キャンペーン「震災10年 ともに」

メッセージ募集

東日本大震災から、3月11日で「10年」。

盛岡市に拠点を置く新聞・通信・テレビ・ラジオの報道各社では、復興状況を検証し、震災の教訓をこれからも伝承していくため、息の長い震災復興報道を続けていきたいと考えています。

そこで、震災10年の節目に合わせ、「岩手メディア共同キャンペーン」を実施します。「あの日への思い 未来への思い」をテーマにメッセージを募集し、共同キャンペーン実施各社の紙面や放送、ホームページなどで、紹介していきます。

メッセージの例

  • 震災以前の自分や友人、社会に対し、日頃からの備えの大切さを呼びかけるメッセージ
  • 震災当日やその後の日々を生きる家族や仲間へのメッセージ
  • 犠牲者や遺族への思い
  • 未来の自分や子どもたちに伝えたい思い
  • “わが街”をどのように復興させたいか
  • 次の世代に何を伝え、残していきたいか

投稿方法

住所、氏名、職業または学校名、生年月日、電話番号を明記のうえ、メールでお寄せ下さい。
(匿名・ペンネームを希望の方は、併せてお知らせ下さい)

  • お寄せいただいたメッセージについては、下記のキャンペーン実施各社がそれぞれ選んだうえで、紹介させていただきます。(一部を抜粋することもあります)
  • また、実施社から投稿者に連絡を取り、取材をさせていただくことがあります。
  • 投稿者の個人情報については、キャンペーン実施各社の規定に基づき適切に取り扱います。
題字について

作者:伊藤夢彩さん(不来方高校1年) 「題字には、被災者もそうでない人も、復興に向け一緒に貢献・協力していくという思いを込めた。今回、題字を書くにあたり、震災関連のニュースを改めて見て、津波の恐ろしさを感じた。映像で見るだけでも恐ろしいのに、実際に生で見た被災者の方々の恐怖はどれほどだったのか。大切な人を亡くした方、傷ついた方に、題字に込めた思いが届いてほしい」

キャンペーン実施社

岩手日報 朝日新聞 毎日新聞 読売新聞 デーリー東北新聞 岩手日日新聞 共同通信 時事通信 IBC岩手放送
テレビ岩手 岩手めんこいテレビ NHK盛岡 エフエム岩手 岩手朝日テレビ