花とオジサン2021①

今年も花の季節がやってまいりましたぁ!

と、叫ぶほど気合は入っていないのですが・・・。

リスナーさんから催促があったので、とりあえず始めます。

 

今年のバラ鉢は30鉢になりました。

それ以外に地植えのモノもあります。

バラ以外もいろいろありますが、春の花は終わり、これから夏の花。

クレマチスに続いて元気なのは、やはりハイビスカスでしょうね。

写真はそのうち。(単に撮り忘れ)

 

今年はどういうわけか大輪系から咲きだしました。

まずはプリンセスヒサコ。



高円宮家の久子様の名前が由来の高貴な花です。

たしかに奥ゆかしい香りです。

 

次に咲いたのは黒真珠。



名前の通り、これまた高貴な感じがしますね。

落ち着いた香りです。

香りに関しては、これから咲く英国系のバラが凄いです。

たとえばガートルードジェキルとか。

まさに匂いたつって感じで、クラッときますよ。

 

こちらはピノキオ。



どのへんがピノキオなのかは、わかりません。

嘘をつくと花芯が伸びてくるとか・・・。

今度調べてみます。

そんなわけで今年もオジサンの家の庭は、

勝手に花博覧会開催中!!!