皆の者、大儀であった!

遠野さくら祭り恒例の「南部氏遠野入部行列」で、

いきなり今年の藩主役をすることになった私。

毎年藩主役だった遠野市長から直々の依頼とあれば断れぬ。

そんなわけでツーショット。



着付けのオバ様にメガネを取られたので良く見えない(笑)

観客も喋るまで私と気づかなかったようで(苦笑)

 

なにはともあれ行列スタート。

今から約400年も前に盛岡藩主の命令で、

八戸から遠野まで4日間かけてやってきた根城南部氏。

私の役は南部直義公。

義母は女大名と呼ばれた「清心尼公」である。

見よ、威風堂々(笑)



ちなみに南部直義公とは

「南部藩第一の英才と称され、南部藩政に欠くべからざる重臣。

重直の代には盛岡城の城代家老に任ぜられた南部藩政務の中心人物」だって。

うむうむ、私にピッタリじゃ。

長旅ながら、桜吹雪の中、馬上からの眺めは最高。

 

一日たって本日、余は「臀部」が少々痛いが、気分は上々である。

皆の者、大儀であった!