菊池幸見アナウンサーの日記

IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

プロフィール

  • 誕生日 6月25日
  • 星座 かに座
  • 血液型 A型
  • 出身地 岩手県遠野市

担当番組・関連ページリンク

[テレビ番組]
じゃじゃじゃTV
わが町バンザイ
[ラジオ番組]
朝からRADIO(月、火)
遠野物語異聞
JAホット通信

花とオジサン~文月

あっという間に7月。

天気もパッとしないまま過ぎて行く日々。

良いのだろうか・・・いや、きっと良くない。

まぁ、そんな中でも花は咲き続ける。

相変わらず次々と咲き誇るバラのチャールストン。



我が家の玄関アーチは紅白のバラです(笑)



最近きれいなのがユリ。

今は2種類だけ咲いています。





そしてアジサイも3種類咲いていますが、

一番背の高いのがカシワバアジサイ。



ここまで育つと、花というよりも木ですね(笑)

 

ボクのサクランボ

今年も我が家のサクランボが実りました。

佐藤錦とナポレオンの二種類で、これは生食用の佐藤錦。

もう一本のナポレオンは酸味が強いのでジャム用です。



樹が年老いてきたせいか、年々収穫量が落ちています。

さらに以前に比べると粒も小さくなりました。

それでも今年は雨が少なかったので粒の割れは少ないし、

つまみ食いしたら十分甘い。

なにより無農薬。

そんなわけで先日晴れた日に収穫しました。



こんな感じのパックがいくつか完成。

食べたらスンゴク甘~い♪

自然の恵みに感謝です!!!

 

 

祝・新人奨励賞!

先週木曜日。

東京赤坂TBSにおいて、第44回アノンシスト賞表彰式が行われました。

これはJNN・JRN系列の優秀アナウンサーを表彰するものです。

そしてこの歴史ある賞に、今年新たな賞が加わりました。

それが「新人奨励賞」で、キャリア3年未満のアナが対象です。

その記念すべき第1回の受賞者にウチの長谷川が選ばれたのです!

ちなみに最終選考会で票は割れて、CBCの田中優奈アナと同時受賞となりました。

(受賞作品は駅伝の中継所実況)

なにはともあれおめでとう!



私は付き添いです。一応、アナウンス部長なので保護者気分。

周りからのお褒めの言葉に、私はただただ恐縮するばかり。

なのに長谷川ときたら、度胸があるのか、それともどこか切れてしまったのか・・・

ただただヘラヘラしているじゃないの!



表彰式の後はパーティーです。

司会はなんと岩手県出身の小笠原亘アナ。

彼はIBCラジオが大好きで、高校時代は私の番組にハガキを書いていたほど(笑)。

長谷川へのアドバイスをお願いしたら、ヘラヘラしながら聞いていましたっけ(苦笑)。



なにはともあれ、大物ぶりを発揮した長谷川でした。

パチパチパチパチ!

 

花とオジサン~令和元年

リスナーさんたちの要望にお応えして、久々に我が家の庭公開!

気づけばこれが、令和初の投稿なのですねぇ。

いやぁ、いろいろありまして忙しく、去年と今年は畑をやっていません。

それでも花だけは休みたくない。

一応、趣味がガーデニングですから(笑)

そんなわけで、今はバラが次々と咲いています。



今はイングリッシュローズ系が美しい!

フロリバンダローズのアプリコットネクターも可憐です。



手前は房咲きのチャールストン。

後ろはマチルダ。

バラだけじゃなくてハイビスカスにジェニーも!



他にポピーやペチュニア等も咲いています。

バラに関して言えば、現在少し減って16種類育てています。

これから次々に咲きだすことでしょう。

にぎやかな庭の草花に癒されているオジサンです。

 

今日のお客様は岡本真夜さん♪

今日の朝からRADIOのゲストは、

あの大ヒット曲「TOMORROW」でおなじみ岡本真夜さんでした!!!

昨日盛岡での弾き語りライブを終え、本日はニューアルバムのキャンペーン。

10月10日に21枚目のアルバム「Happy Days」がリリースされたのです。



夢に向かって頑張っている人、何かに立ち止り頑張ろうとしている人への応援ソング集です。

 

そんなわけで出社するなりスタジオの放送席をきれいに整理整頓。

ついでに除菌シートでその辺を拭きまくったりと落ち着かない私でしたが、

いざ本番は岡本さんの「ほんわ~か」した空気に包まれてシアワセ気分。

お見送りした後はずっと鼻歌でルンルン。

もちろん歌は「TOMORROW」でした。

 

 

バラとワンコ

バラを育てるようになってイイことがひとつあった。

それは「薔薇」という漢字が書けるようになったこと(笑)

そんなバラの管理が、今年はけっこう難しかったような・・・。

特に台風がねぇ・・・。

先日の台風襲来前には慌てて切り花にしました。



けっこう集めると、それなりに見えるものですね。

いそいそと花に向かう飼い主を、

ワンコたちはつまらなそうに見ています。

遊んでほしいのでしょうねぇ。



ゴメンな、ワンコたち。



パパはけっこう忙しいのだよ。

今度、また今度遊ぶからさぁ・・・許して。

 

またまた、大儀であった!

今年は春に、故郷遠野で大名行列の殿様役をやった。

遠野一万二千五百石を治めた名君、遠野南部藩の殿様である。

満開の桜の下、馬に揺られながらの優雅な入部行列であった。

 

そしてそして・・・・・この夏。

私は伊達藩の殿様役まで務めたのである!

北上市口内地区で行われている「浮牛城まつり」での大名行列。



決して吉本新喜劇ではない!

伊達藩の有力者で、北上方面の領主であった中島氏の役である。

 

なのに当日はあいにくの雨。

後ろの黒板に張られたポスターには「雨天決行」の文字。

結局この後この姿のまま雨中に飛び出して行くのじゃ。

お付きの小姓が傘をさしかけてくれたが、激しい雨にはかなわない。

距離短縮で、行列の到着地は城跡から小学校の体育館に変更。

雨でも沿道には傘をさしながらカメラを向ける人たちの姿。

家来の者たちは、ずぶ濡れになりながらも伝統の所作を行う。

その姿に殿様はいたく感じ入って、濡れるのを恐れず笑顔を振りまいたのじゃ。

いやぁ、あっぱれな家臣たちであった。

北上市口内地区の皆様、大儀であった!

余は満足じゃ!!

 

 

今年も薔薇の季節です!

毎年楽しませてくれる我が家のローズガーデン。

種類は少ししか増えていないけど、私自身には成長があった。

それは漢字で「薔薇」とかけるようになったことである(笑)

それはさておき、今年テビューのイングリッドバーグマン!



名は体を表すって本当ですね、美しい。

色の変化を楽しめるのはマインミュンヘン。



今年はミニバラも増やしました。

ルピナスと共に咲いています。



毎年、この時期に咲き乱れるのはジェニー。

見事なピンク色で、ツルバラの足元を飾ってくれています。



ちなみにたくさん咲いた薔薇は、こんな風にするときれいですよ。



そんなわけで、薔薇のシーズンは始まったばかり。

 

そうそう明日朝の「じゃじゃじゃTV」では、花巻温泉バラ園から生中継があります。

見事な薔薇の数々に、毎年圧倒されています。

さらに温泉宿泊券のプレゼントも複数あるとか。

どうぞ「じゃじゃじゃTV」をご覧ください!!!

 

映画「終わった人」ついに公開!

舘ひろしさんと黒木瞳さんが主演する映画「終わった人」が9日に公開になる。

ついに、ついに、である。



この話題作に、私も出演しているのです。

とはいえ撮影したのは去年の春でした。

いつになったら完成するのか待ち遠しくて・・・。

盛岡での関係者試写会の日は急な仕事が入って欠席。

私の出演シーンはカットされていないか・・・心配していました。

試写会に行った知人からは「大丈夫、映っていたよ」との連絡。

さらに東京の業界試写会に偶然行った担当編集者からは

「エンドロールに名前があってビックリ。似てる人がいるなとは思ってた」と。

たしかに出るって言っていなかったからなぁ・・・。

そんなわけでチョイ役で出ています。



(これはIBCのニュース映像)

舘さんとの絡みもあるNPO法人事務長役。

クライマックスの素晴らしいシーンになだれ込んでいく少し前のシーンです。

この時の撮影秘話は6/24(日)の岩手日報に執筆の予定です。

とりあえず映画は劇場でお楽しみください!

 

 

 

 

 

皆の者、大儀であった!

遠野さくら祭り恒例の「南部氏遠野入部行列」で、

いきなり今年の藩主役をすることになった私。

毎年藩主役だった遠野市長から直々の依頼とあれば断れぬ。

そんなわけでツーショット。



着付けのオバ様にメガネを取られたので良く見えない(笑)

観客も喋るまで私と気づかなかったようで(苦笑)

 

なにはともあれ行列スタート。

今から約400年も前に盛岡藩主の命令で、

八戸から遠野まで4日間かけてやってきた根城南部氏。

私の役は南部直義公。

義母は女大名と呼ばれた「清心尼公」である。

見よ、威風堂々(笑)



ちなみに南部直義公とは

「南部藩第一の英才と称され、南部藩政に欠くべからざる重臣。

重直の代には盛岡城の城代家老に任ぜられた南部藩政務の中心人物」だって。

うむうむ、私にピッタリじゃ。

長旅ながら、桜吹雪の中、馬上からの眺めは最高。

 

一日たって本日、余は「臀部」が少々痛いが、気分は上々である。

皆の者、大儀であった!
もっと読む