啄木思い出の地めぐり

きょうもじゃじゃじゃTVをご覧いただきありがとうございました!

毎週土曜日の朝はじゃじゃじゃTVの放送に向けて準備やリハーサルをしているのですが、ちょうどその頃(7:10~)IBCラジオでは「石川啄木うたごよみ」という番組が放送されています。

郷土の詩人・石川啄木の詩や日記を紹介しながら足跡をたどる番組です。

文学にちょっと敷居の高さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご一緒させていただいている啄木ソムリエ・山本玲子さんのお話が本当に興味深いものばかりなんです。

啄木も私たちと同じように岩手の四季を楽しみ、友人と美味しいものを食べ、恋愛をしていたこと。

その時の感情や空気感を瑞々しいままに文章にそっと閉じ込めていること。

私もこの番組を通して石川啄木という人物の深さを日々玲子さんから教えていただいています。



 

番組の中では「石川啄木思い出の地めぐり」と題して、啄木の歌碑やゆかりの地を訪ねています。

先日は啄木が北海道から上京する前に寄港した土地「宮古市鍬ケ崎」を歩きました。



 

12月14日(土・今日ですね)の放送では「七滝公園にある歌碑」を紹介。







 

1月11日の放送では「かつてこの場所にあった銭湯・七滝の湯」を紹介。



 

2月8日の放送では「啄木が恩師を訪ねた道又医院」を紹介します。



 

ラジオをお聴きの皆さんにも一緒にその地を訪ねている気持ちになって頂きたくて写真を載せてみました。

是非ラジオの放送を聴く際にはこの写真を眺めて想像を膨らませてみてくださいね!

「石川啄木うたごよみ」はIBCラジオで毎週土曜日朝7時10分から放送中です♪

みなさんからのメールやお手紙いつもありがとうございます!