盛岡文士劇・ラジソンありがとうございました♪

メリークリスマス!

ラジソンでは、今年も多くの方にご協力いただきました。

ありがとうございました♪

今回、初めて4号車に乗りました。



半日で盛岡、八幡平、岩手町、葛巻町、一戸町、雫石町に行きました。

一番感じたのは、やっぱり岩手は広い!

町が変わるごとに、路面状況や、天気、気温、空気感が変化していって、改めてびっくりしました。

そして、訪れる先々で募金に対する皆さんの思いを伺うことができ、あたたかな気持ちになりました。

ラジソン深夜はアンダーエイジの気分は爽快!シャキッとラジオ ラジソンSPでした。



お便りもたくさん頂きまして、ありがとうございました。

1時間半の放送という大ボリューム。最初は久しぶりの生放送に不安も感じていましたが、始まってみるとあっという間。

アドレナリン出まくりの楽しい放送でした♪

またいつかシャキラジできるといいな。お聞きいただいた皆さんありがとうございました。



 

さて、だいぶ前になりますが、12月1日と2日は盛岡文士劇でした。

会場でご覧いただいたみなさん、ありがとうございました!

おかげさまで、無事に、笑いあり、涙ありで公演を終えることが出来ました。



そんな川島はというと・・・

文士劇終了後2週間ほど、文士劇ロスの状態に陥りました。笑

現代劇はスタッフさん、キャスト含めて、賑やかで、明るくて、ゆるくて、ゆるくて、ゆる~くて(笑)でも時々厳しくて。

本当に家族のような温かなチームです。

私は現代劇に2回目の参加というのもあって、安心して、その家族の輪に入ることが出来ました。

文士劇は基本的には毎年キャストやスタッフが変わるので、もう2度と同じメンバーでの公演が出来ません。

まさに一期一会。

寂しいという思いもありますが、この出会いと絆を大切にしていきたいです。

アナウンス部から素敵なお花を頂きました~



ありがとうございます♪

今回の現代劇は、落語「堪忍袋」を盛岡の蕎麦屋を舞台にアレンジしたもの。

日ごろみんなが抱えている不満やイライラを、この堪忍袋が解決していきます。

私が演じたのは、物語のキーマンとなる蕎麦屋の店員、会田美咲です。

天真爛漫で、表情豊かな蕎麦屋の看板娘。



(写真は稽古の時のもの。みんなで話している感じが伝わってきて、好きな写真の1つです。)

そんな美咲。実は恋する乙女です。笑

その恋の行方を左右するのも「堪忍袋」。



果たして美咲の恋は叶うのか!

盛岡文士劇はお正月にIBCテレビで放送します。

1月2日正午~ 現代物・口上

1月3日正午~ 時代物

です。

会場で見たという方も、まだ見てないという方も、どうぞご覧ください!

 

盛岡文士劇の放送を始め、年末年始は特別番組の放送がいくつかあります。

・じゃじゃじゃNAVI 初売りスペシャル号

12月31日15:00~

1月1日8:00~

・いわてホットライン2019

1月1日14:30~

お年玉クイズ、長谷川アナパートで少しだけメイクのお手伝いをしました。



川島、ディレクターの指示に従ってメイクをしただけです。悪意はありません。最初に言っておきます笑

 

仮装と言えば、先週のじゃじゃじゃTV・ニトリからの中継で若奥様を演じました笑



エプロン姿・・・写真見た瞬間、若い時の母親にそっくりでびっくりしました。

ずいぶんと欲張りな奥様でしたが、欲張りになってしまうくらい様々なアイテムが揃っていました。

じゃじゃじゃTVの来年の放送は1月5日あさ9時25分からです。

 

それではみなさん、よいクリスマスとお正月をお過ごしください♪