長谷川拳杜アナウンサーの日記

プロフィール

  • 誕生日 11月8日
  • 星座 さそり座
  • 血液型 O型
  • 出身地 岩手県紫波町

担当番組・関連ページリンク

[テレビ番組]
じゃじゃじゃTV
[ラジオ番組]
ワイドステーション(金)
歌って!笑って!民謡まわり舞台

素敵な女性とウマいビール



今年のアサヒビールイメージガールの朝香りほ(あさか・りほ)さんとの一枚。

アサヒスーパードライ 瞬冷辛口のPRに来てくださいました!

朗らかな笑顔と明るい声がとても素敵な方でした。

 

そして、スーパードライ 瞬冷辛口ですが、

すがすがしい口当たりと冷涼感がたまらなく美味しい!

 

放送日は4月20日(金)9:55~「金曜情報館」です。

どうぞご覧ください。

青森へ研修ゴ―ゴゴ―

先週末の土日、同期の清水アナと青森へアナウンス研修会に行ってきた。

盛岡駅を出発し、まずは新幹線で新青森駅へ。さっそく駅で腹ごしらえ。



ご当地グルメ「つゆ焼きそば」。

その名の通り、やきそばに和風だしのつゆがかけられている。

つゆがかかっていても焼きそばは香ばしいままで、

日本そばと焼きそばのいいところを合わせたような感じだ。

美味しい。

 

お腹を膨らませた後は青森テレビへ。

~研修の内容は割愛(ちゃんと勉強はしてきました)~

 

・・・研修が終わった後は

青森駅前にある「青森市文化観光交流施設 ワ・ラッセ」へ。



青森ねぶたの山車と記念撮影。

左清水、真ん中私、右TBC東北放送古野アナ。



お次は太鼓を叩く体験をした。

これも順番変わらず、

左清水、真ん中私、右TBC東北放送古野アナ。

スーツの男3人が太鼓を叩いている光景はちょっと暑苦しい。



ここでようやく華が入った。RAB青森放送 猪俣アナ。

ウブな男性陣は心なしか緊張気味だ。

全員口は笑っているが目が笑っていない。

ちなみに猪俣アナは日テレ系。

IBCはTBS系で系列が違うのだが、

RAB青森放送とはラジオ繋がりで研修を共にした。

他系列のアナウンサーとはなかなか会う機会が無いので楽しかった。

 

ワ・ラッセではこんな体験もできる。



「ねぶたの面」製作体験だ。

とはいっても、私が体験したのは、

写真下のタッチパネルで描いた面が、

上の立体的なスクリーンに映し出される、

ハイテクな「ねぶたの面」製作体験である。

ご覧のように不細工な面が出来上がった。

ちなみに面が完成したあと現地の方に教えてもらったマメ知識だが、

ねぶたの面は製作者に似るらしい。

先に言ってくれよ。

かまくら食堂なう



具だくさんの豚汁と霜降りの小岩井農場産牛肉。

ここは雫石町にある食堂だが・・・



食堂は食堂でも小岩井農場のかまくら食堂!

 

今年から6つの会場で開催されたいわて雪まつりに行ってきました。

雪の中で食べる焼肉は絶品!



風も防げて快適な室内で、

友達とかまくらファミリー盛りを頂きました。



帰りにそばっちと記念撮影。

岩手の冬の楽しみを満喫しました。

タイヤ交換

そろそろタイヤ交換の時期。

たまには自分でやってみよう!



ジャッキを車の下に入れて・・・



少しずつ車体を上げていく。

汗をかいてきたので、この時期だけど半袖での作業。





ちょっとタイヤが上がりました。



外して、スタッドレスタイヤを取り付けて作業完了!

 



あーいい仕事した。

昼寝しようっと。

牧場のイイ写真

先日の休み。

突然、友達が「牧場に行こう」と誘ってきました。

その友達が一眼レフカメラで

すごくいい写真を撮ってくれたのでご覧下さい。





今日もご覧いただきありがとうございました。

 

キャベツがROCK



じゃじゃじゃTVの週末豆知識コーナー(週末のイベント情報告知)

でもお伝えした「カレッジオブロック」をチラッと覗いてきました。

県内の学生バンドなどが演奏を披露する中・・・・



なにやら不思議な格好をしたバンドを発見!

 

岩手町特産のキャベツをPRする、

その名も「キャベツマンバンド」。

 

キャベツ片手に「リンダリンダ」を熱唱。



ライブ終了後に記念撮影をしてもらった。

 

 

なぜ「リンダリンダ」を歌ったんだろう。

まあ、細かいことはインダインダ。

ソース顔の友達とピザを食べる

(結構前の話です、すみません)

雪の残っていたころ、友達とピザを食べに行きました。



雫石にある

Shizukuishi Soul Kitchen(しずくいしソウルキッチン)

というお店。

友達が「美味しい」というので連れてきてもらいました。



一般的な丸いピザ以外にも、様々な形のピザが。

私は一番下のシシリアンピザというのを注文しました。

形が四角だそう。

 

待っている間はオシャレな店内を撮影。

アルファベットで書かれた本を読んでいる彼は、

英語が苦手です。



そうこうしているとピザが完成。うまかった。



ごちそうさまでした。

名古屋のマウンテンに登頂

先日、LCCを使って花巻空港から名古屋へひとっ飛び。

 

目的は岐阜県にある遊園地「養老ランド」と
名古屋の喫茶店「マウンテン」に行くため。

 

 

養老ランドは昭和の雰囲気いっぱいの遊園地。
アトラクションの多くは、デパート屋上にある遊園地からのお下がりなのだ。
全国各地から遊園地マニアが集まる隠れた名店(園?)

 

 

ただ今回は養老ランドではなく、
喫茶「マウンテン」についてリポートしたい。

 

 

 



 

 

レトロな雰囲気の看板。
名古屋駅から車で20分ほどかかる。

 

 



店内に入ると、出迎えてくれたのは自己主張の強いメニューたち。
全員が主役級だ。

 

 

そう、ここは遊び心満載の創作料理が楽しめる喫茶店として有名なのだ。
(もちろんオーソドックスな品も多くある)

 

 

 

そんな中、私が注文したのはコレ。

 

 

 

 

 



 

 

 

その名も

甘口抹茶小倉スパ。

 

 
復唱・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
甘口抹茶小倉スパ。

 

 

 

 

 
注文前にどんな味なのか店員さんに聞くと、

「1回目はアレですけど、3回目くらいから癖になります」

と笑顔で答えてくれた。
アレってなんだろう・・・

 

 

 

 

 
いざ実食。

 

 

 

 

 

 

 



暖かいパスタに甘口抹茶ソースがよく絡む。
生クリームと一緒に頂くと、これまた濃厚。

 

こんな味には出会ったことがない。

自分の人生経験の浅はかさを実感。
完食し、お会計をすると先ほどの店員さんが
「よく全部食べましたね(笑)」と一言。

 

 

 

 

これは私への挑発なのであろうか。
あと2回行くと心に誓った。

山梨で見つけた、岩手人!

先日、第2の故郷、山梨へ遊びにいきました。

 

高校までを岩手で過ごし、大学は山梨へと進学した私。

私と同じく、山梨に移り住んだ岩手県人がお店を出しているということで、行ってみることに。

 

釜石市出身で、震災をきっかけに脱サラし、山梨県に移り住んだ三浦さんご夫婦。

お二人は優しく温かい雰囲気。

いま、ぶどう農家と民宿を営んでいます。

 



ここでお昼を頂きました。

山梨にわざわざ行って、これを食べるのもなんですが・・・





岩手の醤油を使用したひっつみと南部鉄器で炊いたごはん!

山梨にいる友達に岩手の味を楽しんでもらいました。

 

意外と岩手で一人暮らしをしているとひっつみを食べる機会ってないんですよね。

懐かしい味を山梨で頂きました(笑)

具だくさんで味付けもちょうどよく、とっても美味しかった!

 

今度は三浦さんの作ったぶどうも食べに行きたいな~

あの人に会いたくて・・・2017冬

この前、福島県へ足を運んだ。

ある人をさがすためだ。

 

 

 

 

福島市の南西部に位置する飯野町地区。

この地域の千貫森公園というところによく現れるのだという。

ヒントは看板の上のイラスト。

 

 

 



 

 

 

 

オカルトなどに詳しい方はすでにピンときたかもしれない。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ここはUFOの里である。

手前の石像は宇宙人だ。

ここ、福島県福島市の南西部に位置する飯野町地区は

以前からUFO目撃情報が多発している地域なのだそう。

 

 

 

 

 

 

奥の看板には「UFO道入口」と書かれている。

いくっきゃない!

 



 

道中、ところどころに宇宙人の石像が。

この子は「セラ」ちゃんと言うらしい。

 

 

 

 

 

雨のしずくの跡だろうか、目の下に黒い縦の線があるが、

石像にされて泣いているようにも見える。

そりゃ宇宙人だって悲しいときもあるよね。

 

 

 

 

 

 

 

30分くらい坂を登り続け、ようやく頂上に到着。

 



 

素晴らしい景色!

(注:私の左にいるのは宇宙人じゃなくて友達です)

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら空に近づいても、この日は宇宙人に会えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりに、麓にあるUFOふれあい館には宇宙人のレプリカがあった。

逆三角形の体型がうらやましいぞ、宇宙人君。



 

 

楽しかったです。

もっと読む