村松文代アナウンサーの日記

IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

プロフィール

  • 誕生日 2月15日
  • 星座 みずがめ座
  • 血液型 O型
  • 出身地 長野県

担当番組・関連ページリンク

[ラジオ番組]
朝からRADIO(水~金)
村松文代のフォア~

今年の肝はシンデレラです

奥州市民文士劇の本番が近づいています。

今年の演目は「風雲!たぬき城」



 

初めて挑戦するコメディで

どうしたら笑って楽しんでもらえるか

みんな一生懸命に稽古を続けています。



 

毎回スタッフが知恵を絞り工夫を凝らす大道具、小道具、衣装ですが

奥州は大河ドラマとの深いご縁もあって、すごい強みもあるんです。

 

今年はあの鈴木亮平さんが着た「西郷どん」の衣装がやってきました!!!

思わず残り香を確かめてしまいました! クリーニング済みでした・・・



 

衣装合わせの日には東京から衣装や着付けのプロがいらしてアドバイスもしてくれました。



 

今回はシンデレラのお話です。

タヌキやキツネが登場しますが難しいことは一つもありません。

稽古は追い込み!

私の役まわりは当日のお楽しみということで

笑う準備だけして是非見にいらしてください。

 

1月26日(土)と27日(日)の3回公演。

前売りで1500円です。

予約は公演会場の奥州市江刺の「ささらホール」で受付中です。

あ、もちろんIBCテレビで放送もします。

 

 

謹賀2019年!

今年もすでに10日が経過。

相変わらず早くて気持ちも体もついていけません。

これではいけない。

一日一日を大切に。

 

IBCのアナウンサーが総出でお送りする元日恒例の「ホットライン」。

遅ればせながらですが、楽しんでいただけましたか?



私にとっては

臆することなく振袖が着られる唯一のハレの日。

今年は朱赤の振袖。

 



髪飾りは純白の胡蝶蘭。

 

「心機一転」のこの一年への思いを込めて選びました。

そういうことです。

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

いざいざ さんさ!

今年の髪飾り。



 

去年のように発光もしないし

タワーも立っていないし

みんなの期待よりは地味かも。



 

ぶっつけ本番の踊り。

ちょっと不安。

大丈夫かな。

よし、やるしかない。


室蘭ランラン♪

宮古と定期フェリーで結ばれた北海道室蘭に行ってきました。

鉄のまち、室蘭。

工場が立ち並ぶエリアの佇まいは

釜石の街並みにとてもよく似ていました。

 



室蘭名物の「室蘭焼き鳥」

豚肉なのに、焼き鳥?



串に刺してあるのは豚肉と玉ねぎ。

洋ガラシが添えてあります。

おいしい!

 

もちろん鶏肉料理もあります。



「ざんぎ」と呼ばれるから揚げ。

から揚げではなくザンギと言われると味も違うような・・・

 

で、から揚げというと出てくるのがこちら。



 

仕上げのおにぎりではありません。

でんぷん粉をこねた「いももち」。

ほんのり甘辛、でもっちりした食感にハマった。

 

鉄のまち室蘭のお土産にかわいい。

ボルトで作った人形を発見。

いろんなポーズがあるけど

私のハートをとらえたのは

「ボルト」くんと「ナッティ」ちゃんのナイスショット。



室蘭と登別のゴルフ場も訪ねてきました。

夏も涼しい北海道。

8月の「村松文代のフォア~」でも紹介します。

青空にフォア~!

2018年最初の番組コンペは大成功でした。

5月29日、紫波町新山の岩手ゴルフ倶楽部で行った

「村松文代のフォア~」コンペ。

今回は当日エントリーも含めて77人が参加してくださいました。

ありがとうございました。

 



始球式前の様子をタブレットで撮っているのは

妖怪アメフラシ、別名・嵐を呼ぶ男と恐れられた「ゴルフなび」編集長。

天気は別にして

コンペでは大変大変お世話になっています。

一応、ディレクターも仕事しています。

 



午前8時半。

恒例の私の始球式を見守り

「フォア~」と掛け声をかけてくれた

早いスタートの皆さんです。

 

スコアは個人の責任。

何も言い訳が見つからない絶好のゴルフ日和で

岩手ゴルフ倶楽部の社長も支配人も私もホッ。

本当によかったぁ。



 

コンペの盛り上がりは番組で。

ラッキー気分!

冷たい雨が上がって

朝靄がどんどん晴れていくいい感じの朝。

生まれたての朝日を映す西の空に、虹を発見。

うふっ。いいことありそう。



今週末から始まるゴールデンウィークのお天気もよさそうだし

よおし、がんばろう。

 

奥州市に週一、通っています!

今月27日と28日に本番を迎える奥州市民文士劇に参加します。

去年は盛岡文士劇東京公演でお休みしたので、「チーム江刺」に加わるのは2年ぶり。

 

笑いと感動で元気を発信と続けてきたこの市民劇も今回は10回目となり

出し物は、スーパー歌舞伎でも演じられた「ヤマトタケル」。



 

ヤマト、クマソ、蝦夷が覇権を争い

陰謀がうごめく中

郷土愛、家族や仲間への慈しみが巧みに描かれたストーリーです。

 



巨大な八岐大蛇も登場

もちろん笑いあり、涙あり

今回は回り舞台の仕掛けもあるんです。

 

キャスト、大道具、小道具、音響、衣装などなど総勢150人を超える大所帯。

特に、地元岩谷堂高校の野球部と演劇部のメンバーがいい仕事をしているんです。

オトナ部だって負けていません。

衣装チームのノリノリ女子の強烈なパワーには毎回圧倒されっぱなしです。



楽しく思いっきり

一人ひとりの力を集めて

みんなで最高のことをやってやろうと積み重ねてきたものは

手ごたえのある確かなカタチになり

地域の元気づくりの原点が凝縮されています。



IBCテレビでも放送しますが、ぜひ生の舞台を「江刺のささらホール」に見にいらしてください。

前売り1500円。

2日間とも午後の部は3時から。

日曜日は10時30分からの午前の部もあります。

 

私の役は、いちおう「ヒメ」。

あのころ女子はみんな「○○ヒメ」という名前だったんですけどね。

 

村松は見た!サポートカーに潜入!!

今年9月、安比高原ゴルフクラブで行われたゴルフのメジャー大会、日本女子プロゴルフ選手権。

選手たちより早く、数日前から競技会場に乗りつけ

競技が始まるころには次の会場に移動してしまうのが

プロたちを様々な面で支えるサポートカー。

だからギャラリーもなかなか見ることはありません。



競技初日の2日前、

駐車場には各メーカーのサポートカーが所狭しと並んでいました。

サポートカーは、言うなれば「走る広告工房」です。



 

 

工房スペースは縦にも横にも伸びるので

意外に広くて

カウンターバーのような雰囲気。



プロの要望や調子、コースの特徴に合わせて微妙な調整をするクラフトマンたちの仕事場。

クラブのパーツ、工具はもちろん

選手や競技にかかわるモノでないものはない!

とにかく何でもあるんです。



あちこち開けて見せてもらったキャビネットの中には

キャップ、ボール、傘などなど

思わずほしい!と叫びたくなる契約プロオリジナルのグッズがぎっしり。



ブリジストンのサポートカーのお仕事ぶりを取材しました。

今週の土曜日,12月2日の「フォア~」でオンエアー。

朝7時25分からです。

あれから一年!宮古カントリークラブ

県内唯一のリンクスコース、宮古カントリークラブに行ってきました。

内陸に雪が積もる時期でも、

三陸沿岸の宮古だったら冬でもプレーができる!

ということで

確か去年も取材に出かけたのは今頃でした。



コンディションは最高。

宮古カントリーならではの名物ホール

11Hの馬の背のミドルと

12Hの海越えのショートで

杉田支配人と勝負!!



なぜか本番に弱い、ゲストへの心くばり200%の杉田支配人と

なぜか本番だけ強い、心臓に鋼の私との対決。

今回の結果はいかに・・・

 

答えは今週と来週の

土曜日朝7時25分~IBCラジオ「村松文代のフォア~」で。

 

今回の新発見!!!

天気のいい日に宮古カントリーに出かけたら

ぜひ15Hのグリーン奥の奥まで足をの伸ばしてみてください。



勝負を終え手を握り合っている私たちではなくて

景色がメイン!!!

15Hは打ち上げのミドルで、攻略は手前からが鉄則。

グリーンオーバーして

さらにバンカーも飛び越えての超トップでもしないと立つことのない場所ですが

眼下に12Hのグリーンと海、左には12Hのティーインググラウンドをのぞむ

絶景が楽しめます。

芥川賞の沼田さんに迫る!

デビュー作の「影裏」で第157回芥川賞を受賞して

すっかり時の人になった沼田真佑さん。



 

岩手ゆかりの芥川賞作家の誕生は初めてとあって

周囲の関心も期待も高まるばかり。

 

そこで

ラジオのスタジオにお招きして直撃インタビュー!!!!

 

車を運転して一人であらわれた沼田さん。

180センチ余りの長身でスリとてもスリムな38歳。

受賞会見に始まってこれまで個性的なプリント柄のシャツ姿ばかり見ていたけど

この日はブラックonブラックで、シック。

半袖は「プリント柄」、長袖は「無地」になるんだとか。



 

芥川賞のこと、作品のこと、趣味のこと、これからのこと。

 

マイクの前の沼田さんは

言葉ひとつ一つに周囲への気配りを忘れず

謙虚で

気負わず

静かで

不思議な雰囲気を漂わせ・・・・

決してガハガハ笑うようなことはないけれど

はにかんだような笑顔を見せながら

小さな「落ち」をつけてクスッと笑わせてくれる

そんなトークの時間でした。



 

オンエアは少し先になりますが

9月3日日曜日、午前9時15分からです。

お楽しみに。

もっと読む