X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】 将棋フェスティバル

将棋を通じて被災地の人たちと触れ合うことで復興応援につなげようと日本将棋連盟棋士会会長の佐藤康光九段や山田久美女流四段などプロ棋士5人が大槌町を訪れました。これはJT日本たばこ産業がおととしから行っているプロジェクトの一環で、7歳から79歳までの将棋ファンおよそ50人が参加。プロ棋士と3人のアマチュアが4人1チームを作り対局するプロアマリレー対局では、アマチュアがプロを悩ませる場面もありました。またプロ棋士がアマチュアと次々に対局する「多面指し」も行われました。(8/6ニュース)

syogi

IBCニュース | 2016年8月9日・3:53 PM

【ニュース】 今村復興大臣が岩手県へ

今月3日の内閣改造で新たに就任した今村雅弘復興大臣が岩手県庁を訪れ、達増知事と意見交換しました。この中で今村大臣は「現場第一主義の姿勢で被災地のその時々の状況に応じた取り組みをして立派に復興を成し遂げたい」と述べました。これに対し達増知事は「被災地の実情を踏まえた予算確保をお願いしたい」と要望しました。今村大臣はこのあと沿岸の被災地を訪れ復興の状況を視察しました。(8/6ニュース)

fukko

IBCニュース | 2016年8月9日・3:47 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

今週は、みやこハーバーラジオの箱石文彦さんが宮古のお盆について話してくれました。盆の入りの8月1日には松あかしと言って、玄関先で松の木を焚き火のように焚きます。7日は墓参りで松あかしをし、13日には盆棚を設置し回転灯篭を立て、お寺から提灯に火をもらって家のロウソクに灯します。この日は先祖の霊を家に迎える「迎え火」としてやはり松を明かします。そして16日には午前中に盆棚を片付け、先祖は帰っていきます。この時期の宮古の街中は「松あかし」の明かりがそこここで見られ、神秘的な光景に感じられるという事です。(8/3)

ラジオ関連 | 2016年8月3日・6:16 PM

【ニュース】 新しい田老診療所で診察開始

津波で全壊し、仮設による運営を続けていた「宮古市田老診療所」が海から30メートルほどの高さの三王地区の高台団地に再建され、診察を開始しました。「新・田老診療所」は、木造平屋建てで工事費はおよそ3億円です。感染症患者のために入口を2か所に増やしたほか、発電装置を備え避難場所としての役割も担います。一方で震災前にあったベッドは廃止され、入院機能はなくなりました。(8/2ニュースエコー)

t1 t2

 

IBCニュース | 2016年8月3日・6:10 PM

【ニュース】 道の駅が仮オープン

震災の津波で大きな被害を受けた宮古市田老地区に整備が進められている「道の駅たろう」の一部施設が完成し、仮オープンしました。ここにはドーム型の産直施設「ODENSE」が整備されています。今後は被災事業者の食堂や食料品店などの店舗4店などが順次建設され、再来年4月の本格オープンを目指します。(7/30ニュース)

taro

IBCニュース | 2016年8月1日・5:53 PM

【ニュース】 大槌で海開き

大槌町の吉里吉里海水浴場が海開きし、さっそく家族連れや若者が訪れ海水浴やパドルボードを楽しんでいました。他にライフセービング教室や浜辺での映画観賞会なども予定されていて大学生のボランティアが準備にあたっていました。大槌町では来月11日までに1万人の人出を見込んでいます。(7/29ニュース)

kirikiri2 kirikiri1

 

IBCニュース | 2016年8月1日・5:49 PM

【ニュース】 艇庫が復旧

津波で被災した山田町の艇庫が震災から5年余りを経て復旧しました。この山田漁港内にある山田町B&G海洋センターは、国の災害復旧費で今年4月に再建され、夏の海水浴の時期に合わせて再オープンしたものです。この日は震災前から交流が続いている青森県南部町の子供たちも招待され、一緒にマリンスポーツを楽しんでいました。(7/28ニュースエコー)

B&G

IBCニュース | 2016年8月1日・5:43 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

今週は、大船渡「FMねまらいん」の田村華恵さんが、8月5日(金)、6日(土)開催される「三陸・大船渡夏まつり」について伝えてくれました。これは毎年恒例になっている祭りで、夢商店街にお祭り広場が設置される他、5日は海上七夕が湾内を巡航します。また6日は復興グルメフェスティバルが行われ、来場した方は食べ歩いて投票する楽しみがあるという事です。その他、地元縁のアーティストのステージ、市民道中踊り、そして夜には8千発の花火大会が行われるなど、華やかで楽しい祭りが繰り広げられるという事で、田村さんは「ぜひたくさんの方にいらしてほしい」と話していました。(7/27)

ラジオ関連 | 2016年7月28日・5:42 PM

【ニュース】 市整備の災害公営住宅が全て完成

大船渡市がUR都市機構の協力で建設する14か所の災害公営住宅が全て完成しました。最後に完成したのは大船渡市大船渡町の50戸が入る災害公営住宅、市営野々田アパートです。現地では記念式典が行われ、URの森本剛岩手震災復興支援本部長から戸田公明市長に鍵のレプリカが渡されました。市内では他に県営の公営住宅も整備されていて盛町に建設中の58戸の完成をもって、計画していていた市営・県営あわせて27か所801戸の整備が完了します。(7/27ニュースエコー)

UR

IBCニュース | 2016年7月28日・11:11 AM

【ニュース】 海上から慰霊

陸前高田市の広田湾で行方不明者の家族など41人が海の上から祈りを捧げました。この「海上からの祈りの会」は釜石海上保安部の協力で行われたもので、8キロほど沖合で釜石海保の巡視艇「きたかみ」から汽笛とともに献花をし、黙とうを捧げました。参加者の1人は「まだ行方が分からない母親を慰霊するいい機会になった」と話していました。陸前高田市では東日本大震災で未だ204人の行方が分かっていません。(7/24ニュース)

h1

h2

 

IBCニュース | 2016年7月25日・6:17 PM

1 41 42 43 44 45 57