X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】被災した公園が復旧、29日に開園

東日本大震災の津波で被災した大船渡市の茶屋前緑地公園の整備が終了し29日、開園しました。広さ9,600平方メートルの公園は最大5メートルかさ上げされ、テニスコートやフットサルコートのほかトイレなどが整備されました。市内では県が管理する3つの港湾緑地公園が被災しましたが、茶屋前緑地公園の完成ですべて復旧しました。(3/29ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月1日・2:31 PM

【ニュース】復興支援道路「宮古盛岡横断道路」が開通

岩手県沿岸の宮古市と内陸の盛岡市を結ぶ「宮古盛岡横断道路」が28日、全線で開通しました。全長約100キロ中66キロを、国や県が東日本大震災の復興支援道路として整備を進めてきました。宮古市と盛岡市の間の所要時間は2012年時点で約2時間でしたが、開通により約40分短縮され、観光や物流の活発化による復興の促進に期待がかかります。(3/28ニュース)




IBCニュース | 2021年4月1日・2:20 PM

【ニュース】津波乗り越えたサクラが開花

大船渡市は26日、岩手県内のトップを切ってサクラの開花を宣言しました。1996年の市独自の観測以来、最も早い開花です。標準木は推定樹齢45年のソメイヨシノで、東日本大震災の津波で約3m浸水しましたが、その後も元気に花を咲かせ続けています。(3/26ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月1日・2:19 PM

【ニュース】三陸鉄道、2年ぶりの赤字に

岩手県沿岸部を縦断する三陸鉄道(宮古市)は24日、今年度の経常損益が過去最大の6億523万円の赤字になる見通しだと発表しました。盛岡市で開かれた取締役会で報告されたもので、国や県からの補助金で補填しても、1,418万円の当期損失が生じて2年ぶりの赤字となる見込みです。(3/24ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月1日・2:17 PM

【ニュース】三陸道「侍浜-洋野種市間」が開通

東日本大震災の復興道路として国が整備を進めている三陸沿岸道路の侍浜IC(久慈市)-洋野種市IC(洋野町)間16キロが20日、開通しました。久慈市から八戸市までの所要時間は50分となり、これまでより10分短縮されます。今回の開通で、仙台市と八戸市を結ぶ三陸沿岸道路は全長359キロのうち91%にあたる328キロが利用可能になりました。(3/20ニュース)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:21 PM

【ニュース】震災を次世代へ タイムカプセルにメッセージ

東日本大震災の発生10年にあわせて、陸前高田市内の小中学生と高田松原津波復興祈念公園の来園者から寄せられた絵やメッセージなどが19日、タイムカプセルに入れられ封が閉じられました。津波復興祈念公園が次世代に震災の記憶と教訓を残そうと募集したもので、中には10年後の自分に向けたメッセージを書いた子どももいたということです。小中学生のメッセージなどは10年後、来園者のメッセージなどは5年後の3月11日に開封されます。(3/19ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:20 PM

【ニュース】「被災地に絵本」今年度で活動終了

東日本大震災の被災地の子どもたちに絵本を届けてきた「3.11絵本プロジェクトいわて」(盛岡市、末盛千枝子代表)が今年度で活動を終えることになり、盛岡市で18日、プロジェクトを振り返る企画展が始まりました。会場の盛岡市中央公民館には絵本の読み聞かせの様子を写した写真や上皇后美智子さまから寄贈された絵本など、これまでの活動を振り返る品々が展示されました。プロジェクトは「子どもたちに絵本で希望を」と、震災発生後10日余りで立ち上げられ、これまでに12万冊以上の本を子どもたちに届けてきました。(3/18ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:18 PM

【ニュース】復興の歩み発信へ 来月キャンペーン開始

4月に始まる大型観光キャンペーン「東北デスティネーションキャンペーン」の概要が16日、仙台市で発表されました。東日本大震災からの復興に向け歩みを進める東北の姿を発信するため100本以上の観光列車が運行されるほか、約200の特別企画や周遊スタンプラリーが行われます。(3/17ニュース/tbc東北放送取材)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:17 PM

【ニュース】被災免れた遊覧船、売却され香川へ

東日本大震災の津波を逃れ、その後も宮古市の景勝地・浄土ヶ浜を巡る遊覧船として活躍した「第16陸中丸」が16日、売却先の香川県の小豆島に向けて出発しました。「みやこ浄土ヶ浜遊覧船」は今年1月、団体客の減少などを理由に約58年の歴史に幕を下ろし、船は小豆島にある貿易会社に売却されることになりました。(3/16ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:15 PM

【ニュース】アメリカ空軍音楽隊 被災地で鎮魂の演奏

アメリカ空軍の音楽隊の金管五重奏を担当する5人が15日、釜石市の魚河岸テラスで東日本大震災の犠牲者を追悼する演奏を行いました。音楽隊は震災発生から10年になるのにあわせて東北各地の被災地を訪れて演奏しています。5人は海に向かい、「アメリカ空軍の讃美歌」など3曲を演奏しました。震災発生後アメリカ軍は「トモダチ作戦」と称して被災地で大規模な救援活動を行いました。(3/15ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年3月25日・12:14 PM

1 2 3 4 5 142