X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】10年ぶりに「梯子虎舞」披露

震災の影響で10年間、行われていなかった「梯子虎舞」が21日、陸前高田市槻沢地区で復活しました。高さ16mの梯子の上で舞う梯子虎舞は、5年ごとに行われる清滝神社の式年祭で奉納されていました。しかし5年前の2014年は震災の犠牲者追悼のために開催を見送ったことから、今回は10年ぶりの披露となりました。(4/22ニュース)






IBCニュース | 2019年4月25日・3:40 PM

【ニュース】アサリ漁解禁 浜に春の訪れ

宮古市の宮古湾で22日、アサリ漁が解禁されました。宮古の春の風物詩で、震災が発生した年は中止となったものの、翌年から再開されました。この日は午前9時半の開始とともに、宮古漁協の組合員らが津軽石川の河口にある金浜海岸に繰り出し、熊手を使って砂の中からアサリを掘り出しました。アサリ漁は今シーズン、あわせて10日間行われます。(4/22ニュース)







IBCニュース | 2019年4月25日・3:35 PM

【ニュース】3年ぶりにサケの稚魚放流

岩泉町の清水川で19日、いわいずみこども園の園児と岩泉小学校の3年生57人が、サケの稚魚を放流しました。2016年の台風10号で稚魚のふ化場が流失したため、放流会の開催は3年ぶりです。子どもたちは「大きくなってね」と声をかけながら、約5cmに育った稚魚を川に放していました。(4/19ニュースエコー)








IBCニュース | 2019年4月25日・3:31 PM

【ニュース】全壊した交番と駐在所再建

震災の津波で全壊した大船渡市の港交番(旧大船渡駅前交番)と赤崎駐在所が完成し19日、開所式が行われました。式では岩手県警察本部の島村英本部長が、「住民の暮らしにもっとも身近な施設の復興が、地域の安心安全につながる」と挨拶しました。これで、岩手県内で被災した交番や駐在所のすべてが再建されたことになります。(4/19ニュースエコー)






IBCニュース | 2019年4月25日・3:24 PM

【ニュース】小中学生が階段使い避難訓練

普代村の普代小と普代中は17日、合同で津波を想定した訓練を行い、子どもたちが、震災を教訓に整備された階段を使って避難しました。津波避難階段の数は108段。中学校のグラウンドから、高台にある三陸沿岸道路沿いの避難場所につながっています。三陸国道事務所によりますと、同様の津波避難階段は県内の三陸沿岸道路に7か所、国道45号に4か所整備されています。(4/17ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:47 AM

【ニュース】橋野鉄鉱山をアプリでガイド

釜石市の世界文化遺産「橋野鉄鉱山」をわかりやすく解説するスマートフォン向けアプリが完成しました。拡張現実(AR)の技術を活用したもので、現地でスマホをかざすと、動画で当時の鉄づくりの様子を見ることができます。アプリは今月20日から無料でダウンロードできるほか、現地の案内所でアプリが入ったタブレット端末を1回300円で借りることもできます。(4/16ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:45 AM

【ニュース】利用再開で「校庭開き」

震災後の仮設住宅が撤去され、8年ぶりに校庭が使えるようになった陸前高田市の高田第一中学校で16日、「校庭開き」が行われました。これは生徒会が実施したもので、全校生徒239人が校庭で鬼ごっこをするなどして利用再開を祝いました。高台にある学校の校庭には、震災発生から間もない2011年3月19日から仮設住宅の建設が始まり、最大で150世帯、約400人が入居していました。(4/16ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:43 AM

【ニュース】津波で全壊の郵便局再建

震災の津波で全壊した山田町の織笠郵便局が再建され、15日に営業を再開しました。新しい建物は、元の場所から600m離れた高台に建てられ、午前9時の営業開始とともにさっそく近くの住民が利用していました。岩手県内では津波で49か所の郵便局が被災し、織笠郵便局の復旧は42か所目です。(4/15ニュース)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:41 AM

【ニュース】新たなにぎわい拠点オープン

釜石市の魚市場周辺の新たなにぎわい拠点「魚河岸テラス」が13日、オープンしました。市が整備した施設は2階建てで、2階は釜石港の景色を眺めながら地元食材を楽しめる飲食店街となっています。初日から市民や観光客が大勢訪れ、海沿いのテラスを散策したり、食事を楽しんだりしていました。(4/13ニュース)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:39 AM

【ニュース】震災から8年1か月 災害時の動きを確認

震災の発生から8年1か月となった11日、宮古市で津波の発生を想定した避難訓練が行われました。訓練は午前6時に青森県東方沖を震源とする震度5強の地震が発生し、大津波警報が発令された想定で行われ、参加者は雪が降る中、落ち着いた避難行動を確認していました。(4/11ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:36 AM

1 2 3 4 5 81