X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】津波伝承館が東北大学と協定

陸前高田市の東日本大震災津波伝承館は9日、東北大学災害科学国際研究所(宮城県仙台市)と連携協定を結びました。協力して震災の事実と教訓を国内外に発信し、自然災害に強い社会の実現を目指します。(11/9ニュースエコー)




IBCニュース | 2020年11月19日・6:21 PM

【ニュース】通学定期補助継続へ

岩手県は6日、東日本大震災の沿岸被災地に住む生徒らの通学定期券購入費の補助事業を、来年度も継続する方針を示しました。達増知事が記者会見で明らかにしました。補助は購入額の半分で、震災で親を亡くした生徒らは3分の2に増額されます。今年度までの事業でしたが、沿岸市町村などから継続の要望が出ていました。(11/6)




IBCニュース | 2020年11月19日・5:03 PM

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2水曜日放送)

今週は宮古ハーバーラジオの高畑裕莉香さんが、3日に鍬ケ崎地区の七滝公園で行われた「鍬ケ崎元気市」について伝えてくれました。東日本大震災で特に大きな被害を受けた鍬ケ崎地区では、道路や建物の復興は進んだものの空き区画が目立つことから、活気を取り戻そうと開かれました。会場には22の団体による屋台やキッチンカーが出店し、魚や野菜、電化製品や手作りマスクなど幅広いジャンルの商品が販売され、子どもからお年寄りまで約3,500人が足を運びました。次回の「元気市」は12月6日に、その後は来年の3月以降、月1回開かれる予定です。(11/11)

IBCニュース | 2020年11月12日・1:11 PM

【ニュース】水門の自動閉鎖を確認

岩手県は7日、津波警報などが発表された際にJアラート=全国瞬時警報システムからの信号で自動的に閉鎖する水門の作動訓練を釜石市と大槌町で行いました。このうち釜石市の甲子川河口では、重さ150トンの鋼鉄製のゲート4枚が、信号を受けてから3分程で閉鎖を完了しました。東日本大震災では、現場に行って水門などを閉鎖しようとした消防団員が多く犠牲になっていて、県は水門と防潮堤の扉の陸閘を自動的に閉鎖するシステムの整備を進めています。(11/7ニュース)




IBCニュース | 2020年11月12日・1:10 PM

【ニュース】陸前高田市役所新庁舎で上棟式

東日本大震災の津波で全壊した陸前高田市の新庁舎で6日、上棟式が行われました。新庁舎は旧高田小学校跡地に建てられ、免震構造の鉄筋コンクリート7階建て。建設費は42億円余りで来年3月に完成し、5月の大型連休明けから業務を開始する予定です。(11/6ニュースエコー)




IBCニュース | 2020年11月12日・1:09 PM

【ニュース】震災を語り継ぐ「伝承者」募集

釜石市は、東日本大震災の記憶や経験を未来に語り継ぐ活動をする「大震災かまいしの伝承者」の今年度の募集を6日から始めました。昨年度は第1期生として54人が認定され、それぞれの地域で伝承活動を行っています。市民だけでなく、震災を伝える意思があれば誰でも応募できます。応募期間は12月4日までで、認定には市が行う研修会への参加が必要です。(11/6ニュース/写真は昨年度の研修会の様子)




IBCニュース | 2020年11月12日・1:08 PM

【ニュース】被災者への医療費支援は継続へ

東日本大震災の被災者の一部を対象にした医療費の免除について、岩手県の達増知事は6日の会見で「来年1月以降も一定の期間、何らかの形で支援を継続したい」と述べ、近いうちに具体的な方針を示す意向を明らかにしました。免除措置は、震災で自宅が全半壊するなどした人のうち、国民健康保険の加入者らの医療費を全額免除するものです。1年ごとの更新で12月末が期限でした。(11/6)


IBCニュース | 2020年11月12日・1:06 PM

【ニュース】「世界津波の日」伝承施設で避難訓練

「世界津波の日」の5日、陸前高田市にある東日本大震災の伝承施設で、訪れていた一関市立川崎小学校の児童も参加して、津波を想定した避難訓練が行われました。訓練は宮城県沖を震源とする地震で津波注意報が発表されたとの想定で行われ、児童や観光客は施設のスタッフに誘導されながら4分程で避難を終えました。(11/5ニュースエコー)




IBCニュース | 2020年11月12日・1:02 PM

【ニュース】1万発の大輪、被災地の夜空彩る

東日本大震災で大きな被害を受けた三陸地域を盛りあげようと10月31日、陸前高田市で初めて「三陸花火大会」が開かれ、約1万発の花火が打ち上げられました。三陸地域の観光やまちづくりに取り組む個人や団体など有志が企画したもので、全国から訪れた1万1,000人の観客は、晩秋の夜空を彩る花火を思い思いに楽しみました。花火大会は来年以降、若手花火師の競技大会として継続する予定です。(10/31ニュース)




IBCニュース | 2020年11月5日・9:43 AM

【ニュース】震災避難者数は1,054人に

復興庁は10月30日、東日本大震災による岩手県の避難者数が10月12日時点で1,054人になったと発表しました。前回9月9日時点から26人減りました。施設別では、仮設住宅や民間賃貸住宅などで暮らす人が236人(前回比24人減)、親族・知人宅が815人(前回比2人減)、病院など3人(前回と同じ)となっています。(10/30)


IBCニュース | 2020年11月5日・9:42 AM

1 2 3 4 129