X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】 陸前高田 文化・交流拠点 建設へ

陸前高田市の文化・交流拠点となる新施設の工事の安全祈願祭が行われました。事業費はおよそ27億円で、かさ上げされた市の中心部に建設されます。鉄筋コンクリート造り3階建てと木造平屋の建物を組み合わせた施設で、ホールの床材には気仙スギが使われます。完成は来年12月の予定です。(7/5ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年7月12日・4:36 PM

【ニュース】 かさ上げの宅地引き渡し

陸前高田市で、被災した住民への宅地の引き渡し会が行われました。気仙町の今泉地区の7世帯8人が参加し、震災前とほぼ同じ場所にかさ上げされた造成地で、境界線や上下水道の説明を受けました。高田町と気仙町今泉地区の1464区画のうち、577区画が5月末までに引き渡されています。宅地造成は2021年3月末までに完了し、被災者に引き渡される予定です。(7/3ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年7月5日・9:42 AM

【ニュース】 旧庁舎解体作業 再開のめど立たず

大槌町が旧役場庁舎の解体に必要な届け出をしていなかった問題で、平野町長が町議会に陳謝しました。有害物質のアスベストの調査が行われていないため解体工事は止まったままで、再開のめどが立たないことから一部の住民による工事の差し止めの仮処分申し立ても取り下げられました。(7/2ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年7月5日・9:41 AM

【ニュース】 「遠野風の丘」で感謝祭

東日本大震災の際、沿岸被災地に救援に向かう人たちの拠点の役割も果たした道の駅「遠野風の丘」が設立から20周年を迎え感謝祭が開かれました。鏡開きでにぎやかに始まった感謝祭。東北の特産品を販売するブースが設けられ、訪れた人たちが味見をしながら買い求めていました。(6/30ニュース)


IBCニュース | 2018年7月5日・9:34 AM

【ニュース】 JR大槌駅 再建へ

震災の津波で流失したJR大槌駅の駅舎の安全祈願祭が行われました。新駅舎は大槌湾に浮かぶ蓬莱島をイメージしたデザインで、3メートルほどかさ上げされた以前と同じ場所に建設されます。完成は来年1月の予定です。大槌駅を含むJR山田線の宮古・釜石間は三陸鉄道に移管され、来年3月に運行が再開されます。(6/29ニュースエコー)




IBCニュース | 2018年7月5日・9:33 AM

【ニュース】 釜石で今年初の猛暑日

県内各地で厳しい暑さとなったこの日、釜石では最高気温が35.7度まで上がり、今年初の猛暑日となりました。道行く人は日傘を差したり、冷たい飲み物を飲んだりして暑さをしのいでいました。この暑さは停滞する梅雨前線に南から温かく湿った空気が流れ込んだためで、釜石ではフェーン現象も加わったと見られます。(6/29ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年7月5日・9:29 AM

【ニュース】消火活動に散水車を活用

道路清掃の散水車を使った消火用水の供給訓練が大船渡で行われました。訓練は大船渡市と地元企業の間で締結された協定を踏まえたもので、この散水車1台で1回、10トンの水を供給することができます。山林火災や大規模火災での活用が期待されていて、参加者たちは火災に備えた連携の重要性を確認していました。(6/28ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年7月5日・9:27 AM

【ニュース】 湾口防波堤の工事現場を見学

久慈で進められている湾口防波堤工事を地元の小学生が見学しました。1990年に着工した久慈湾の湾港防波堤は全長が3800メートルで、おととし南側の1100メートルが完成。現在、北側2700mの建設が進められています。船に乗り込んで見学した児童たちは、そのスケールの大きさに驚いた様子でした。完成は2028年度の予定です。(6/27ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月28日・3:26 PM

【ニュース】 防災観光センターで避難訓練

大船渡市中心部のかさ上げ地に今年完成した市の防災観光センターで、初めての避難訓練が行われました。訓練は、震度7の地震が発生し、大津波警報が発表されたという想定で行われ、参加した施設の職員などあわせて38人が高台の保育園に避難しました。訓練は今後も年1回行われる予定です。(6/26ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月28日・3:25 PM

【ニュース】 定期フェリー 第一便が出港

宮古と北海道の室蘭を結ぶ定期フェリーが就航し、午前8時、第一便が宮古から出港しました。この船、シルバークィーンの収容人数は600人で、乗用車、トラックあわせて89台載せることができます。岩手初となるこのフェリー航路で新たな物流、観光の創出が期待されています。(6/22ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月28日・3:22 PM

1 2 3 4 46