X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】小中学生が階段使い避難訓練

普代村の普代小と普代中は17日、合同で津波を想定した訓練を行い、子どもたちが、震災を教訓に整備された階段を使って避難しました。津波避難階段の数は108段。中学校のグラウンドから、高台にある三陸沿岸道路沿いの避難場所につながっています。三陸国道事務所によりますと、同様の津波避難階段は県内の三陸沿岸道路に7か所、国道45号に4か所整備されています。(4/17ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:47 AM

【ニュース】橋野鉄鉱山をアプリでガイド

釜石市の世界文化遺産「橋野鉄鉱山」をわかりやすく解説するスマートフォン向けアプリが完成しました。拡張現実(AR)の技術を活用したもので、現地でスマホをかざすと、動画で当時の鉄づくりの様子を見ることができます。アプリは今月20日から無料でダウンロードできるほか、現地の案内所でアプリが入ったタブレット端末を1回300円で借りることもできます。(4/16ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:45 AM

【ニュース】利用再開で「校庭開き」

震災後の仮設住宅が撤去され、8年ぶりに校庭が使えるようになった陸前高田市の高田第一中学校で16日、「校庭開き」が行われました。これは生徒会が実施したもので、全校生徒239人が校庭で鬼ごっこをするなどして利用再開を祝いました。高台にある学校の校庭には、震災発生から間もない2011年3月19日から仮設住宅の建設が始まり、最大で150世帯、約400人が入居していました。(4/16ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:43 AM

【ニュース】津波で全壊の郵便局再建

震災の津波で全壊した山田町の織笠郵便局が再建され、15日に営業を再開しました。新しい建物は、元の場所から600m離れた高台に建てられ、午前9時の営業開始とともにさっそく近くの住民が利用していました。岩手県内では津波で49か所の郵便局が被災し、織笠郵便局の復旧は42か所目です。(4/15ニュース)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:41 AM

【ニュース】新たなにぎわい拠点オープン

釜石市の魚市場周辺の新たなにぎわい拠点「魚河岸テラス」が13日、オープンしました。市が整備した施設は2階建てで、2階は釜石港の景色を眺めながら地元食材を楽しめる飲食店街となっています。初日から市民や観光客が大勢訪れ、海沿いのテラスを散策したり、食事を楽しんだりしていました。(4/13ニュース)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:39 AM

【ニュース】震災から8年1か月 災害時の動きを確認

震災の発生から8年1か月となった11日、宮古市で津波の発生を想定した避難訓練が行われました。訓練は午前6時に青森県東方沖を震源とする震度5強の地震が発生し、大津波警報が発令された想定で行われ、参加者は雪が降る中、落ち着いた避難行動を確認していました。(4/11ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月18日・10:36 AM

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 隔週水曜日放送)



今週は宮古ハーバーラジオの久保田祥子さんが、今月25日に初めて宮古港に入港する、10万トンを超える大型外国客船『ダイヤモンド・プリンセス』について伝えてくれました。韓国と日本の東北地方を巡るクルーズの途中で宮古に立ち寄るもので、大勢の外国人観光客の訪問が見込まれています。宮古港には今年、計5隻の客船が入港する予定です。それぞれに地元でのおもてなしを企画していて、どのように盛り上がるのか楽しみだと話していました。(4/10)



IBCニュース | 2019年4月11日・2:14 PM

【ニュース】漁業の次世代の人材を養成

岩手県や漁協などが協力して漁業の担い手を育てる「いわて水産アカデミー」が9日、開講しました。今年度の受講生は、県外出身者3人を含む19~50歳の7人で、さっそく初日から、大船渡市三陸町の北里大学の施設で、漁業の基礎知識を学びました。受講生は1年をかけて、ホタテやカキの養殖など岩手の漁業を身につけます。(4/9ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月11日・2:11 PM

【ニュース】就航一周年記念イベント開催へ

宮古市と北海道室蘭市を結ぶ定期フェリー航路の開設から、6月22日で一周年となります。これにあわせて宮古市で、記念のイベントが開かれることになりました。これは8日開かれた、宮古港フェリー利用促進協議会の総会で承認されたものです。イベントの具体的な内容は未定ですが、室蘭の物産展や宮古の郷土芸能団体によるパフォーマンスなどが想定されています。(4/9ニュース)





IBCニュース | 2019年4月11日・2:08 PM

【ニュース】花見かき初水揚げ

宮古市の春の味覚「花見かき」の水揚げが8日、始まりました。花見かきは、殻の大きさ13センチ、幅6センチ、厚さ3センチと通常の2~3倍の大きさのマガキだけを選別しブランド化したもので、甘さと濃厚な味わいが特長です。もっともおいしいと言われる桜が咲く時期に出荷しています。宮古市赤前のカキ産直施設「うみのミルク」で販売されるほか、今月26日に運行する「花見かき列車」にも提供されます。(4/8ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年4月11日・2:06 PM

1 2 3 66