X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】 大槌町 旧役場庁舎 解体を前に内部公開

津波で全壊した大槌町の旧役場庁舎の内部が報道機関に公開されました。旧庁舎は2014年に全体の7割が解体され、残っているのは町民課や税務課、議場などがあった鉄筋コンクリート2階建ての部分だけです。町内には旧役場庁舎の保存を求める声もありますが、3月の町議会で解体予算が可決されていて、町は今月18日頃から解体工事に入る方針です。(6/13 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月14日・4:43 PM

【ニュース】 ラグビーW杯での活用視野に

海水を噴射して進む世界最大級のウォータージェットフェリーが釜石港に入港しました。来年のラグビーワールドカップでの活用を視野に釜石市などが招きました。フェリーは広島県の会社が所有していて、乗用車200台を積み込み時速およそ80キロの高速で進むことができます。市では車で訪れた観客の輸送手段など活用方法を検討することにしています。(6/12 ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年6月14日・4:39 PM

【ニュース】 あと10日 定期フェリー就航をPR

宮古市と北海道室蘭市を結ぶ定期フェリー就航まであと10日となったこの日、宮古市役所でカウントダウンイベントが行われました。山本正徳宮古市長が「岩手の玄関口としての役割を果たしていきたい」と挨拶。就航を祝う看板やノボリが掲げられるなか、広報車が出発し、間近に迫った第1便の出港をPRしました。(6/12 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月14日・4:38 PM

【ニュース】 復興スタジアムに木製シート

来年、日本で開催されるラグビーワールドカップの会場の一つ、仮称・釜石鵜住居復興スタジアムで、地元のスギで作った木製の座席の設置が始まりました。去年、市内で発生した山林火災によって表面が焦げたスギの木が活用されています。この木製のシートは、およそ5000席、設置される予定です。(6/8 ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年6月14日・4:36 PM

【ニュース】 ツバキ植樹で産業振興

大船渡の特産であるツバキの実の収穫量を増やして産業振興を図ろうとツバキの植樹が行われました。大船渡市の戸田公明市長と大船渡を支援している化粧品メーカーの社員ら合わせておよそ30人が参加して62本のツバキを植えました。秋には椿油の原料になるツバキの実が収穫できる予定です。(6/7 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月14日・4:33 PM

【ニュース】 教育分野で協定を締結

陸前高田市立第一中学校と、陸前高田市で復興支援に取り組む一般社団法人SAVE TAKATAが教育分野に関する協定を結びました。SAVE TAKATAでは今後、協定に基づき地域のさまざまな分野から市民を講師として招いたり観光ツアーに生徒を参加させるなどの取り組みを進めることにしています。(6/6ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月7日・3:07 PM

【ニュース】 「ウニ漁」が解禁

宮古市田老地区でけさ今シーズンのウニ漁が解禁され、漁家たちが一斉に海へと繰り出しました。きょうの田老地区は朝日がまぶしく、波も穏やか。絶好の口開け初日となりました。ウニの旬となるのはこれからで夏に向けて最盛期を迎えます。(6/5ニュース)


IBCニュース | 2018年6月7日・3:05 PM

【ニュース】 「東北絆まつり」が開幕

東北6県の祭が一堂に会する「東北絆まつり」が盛岡で始まりました。このまつりは、震災からの復興を願い行われてきた「東北六魂祭」を引き継いだもので、今回が2回目です。きょうは「青森ねぶた祭」や「秋田竿燈まつり」など各県を代表する祭が盛岡の中心部を練り歩きました。(6/2ニュース)


IBCニュース | 2018年6月7日・3:04 PM

【ニュース】 「ストリートピアノ」の寄贈

鹿児島でまちづくりに携わる団体から大船渡市にピアノが寄贈されました。ピアノが設置されたのは大船渡市防災観光交流センターの1階です。このピアノは「ストリートピアノ」と呼ばれ、訪れた人が自由に弾くことができます。今後、地元の高校生たちの手でペイントされ、様々なイベントなどで利用される予定です。(6/1ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月7日・3:02 PM

【ニュース】 来年の三陸鉄道一本化をPR

JR山田線の移管により三陸鉄道が来年、1本につながることをPRするキャンペーンが始まり宮古で横断幕が披露されました。横断幕はこのあと三陸鉄道の主な駅のホームや県庁などに順次、取り付けられ盛り上げを図るほか三鉄社員はバッジをつけて線路の一本化をPRします。(6/1 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月7日・3:00 PM

1 2 3 43