X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2水曜日放送)


今週は宮古ハーバーラジオの箱石文彦さんが、春の海の話題を伝えてくれました。宮古市が特産化を目指す「宮古トラウトサーモン」が初出荷され、去年よりも高値が付いて浜が活気づいたということです。また5日に始まった「花見かき」の水揚げの話題も伝えてくれました。箱石さんは「宮古の春の海の幸で、たくさんの方に笑顔の花を咲かせてほしい」と話していました。(4/14)



IBCニュース | 2021年4月14日・4:30 PM

【ニュース】「飛鳥Ⅱ」2年ぶりに寄港

大型クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が11日、大船渡市の大船渡港に寄港しました。去年は新型コロナウイルスの感染拡大で運航が取りやめとなっていて、約2年ぶりの寄港です。港では大船渡市三陸町綾里の「綾里大権現」が舞を披露し、乗客約150人を歓迎しました。(4/11ニュース)




IBCニュース | 2021年4月14日・4:29 PM

【ニュース】再生した海岸を一般開放

東日本大震災の津波で失われた砂浜が再生された、釜石市鵜住居町の根浜海岸が、3月31日から一般開放されています。青空に恵まれた10日は、ピクニックを楽しんだり、犬を散歩させたりする人の姿が見られました。また海岸近くのオートキャンプ場には、家族連れやグループが訪れてキャンプを楽しんでいました。遠野市から訪れた女性は「施設が整って海も近いのでいい」と話していました。(4/10ニュース)




IBCニュース | 2021年4月14日・4:28 PM

【ニュース】体験型農業パーク、29日開園

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた陸前高田市で、外食チェーン大手のワタミが整備を進める体験型農業パーク「ワタミオーガニックランド」が29日に開園します。開園を前に7日、内覧会が行われ、岩手県の達増知事らがルッコラなど葉物野菜の収穫を体験しました。施設は津波で被災した陸前高田市気仙町の約23ヘクタールの土地に、農作物の加工施設や野外音楽堂などを20年かけて造る計画です。(4/7ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月14日・4:25 PM

【ニュース】太陽光発電に1.3億円出資

宮古市が市内で太陽光発電を行う「宮古発電合同会社」に資本参加することになり6日、発電会社に出資する3社と協定を締結しました。市はエネルギーの地産地消を重要施策に位置付けていて、約1億2,900万円を出資します。出資に対する配当は、公共サービスの財源の一部に充てる方針です。(4/6ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月14日・4:24 PM

【ニュース】特産「花見かき」初水揚げ

宮古市の宮古湾で5日、特産の「花見かき」の水揚げが始まりました。花見かきは殻の大きさ13センチ、幅6センチ、厚さ3センチ以上が基準で、もっともおいしいと言われるサクラが咲く時期に出荷されています。宮古市赤前の直売所「うみのミルク」で購入できるほか、市内の一部の飲食店で味わうことができます。(4/5ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月14日・4:08 PM

【ニュース】津波被害の「臥竜梅」見頃に

山田町で、岩手県の指定天然記念物の梅の木「臥竜梅」が見頃を迎えています。竜が地を這うような姿から名が付いたとされる臥竜梅は、東日本大震災の津波で木の半分ほどが海水に浸かりましたが、所有者らが塩分を洗い流すなど手入れをしたことで、震災後も美しい花を咲かせています。(4/2ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月7日・12:21 PM

【ニュース】三陸鉄道で入社式 2人が入社

東日本大震災で被災した、岩手県沿岸部を縦断する三陸鉄道に1日、2人の新入社員が入社しました。宮古市の三陸鉄道本社で行われた入社式では、中村一郎社長から2人に辞令が手渡されました。2人のうち東京都出身で運転士候補生の成瀬賢紘さんは「地域の皆様と密接に関わりながら復興に貢献したい。震災を受け頑張っている姿を見て、いつか一緒に働きたいと思っていました」と話していました。成瀬さんは祖父母が久慈市在住で、子どものころから岩手を訪れ三陸鉄道に乗車していたということです。(4/1ニュース)




IBCニュース | 2021年4月7日・12:21 PM

【ニュース】砂浜復旧 11年ぶりの海開きへ

東日本大震災の津波により約7万本の松が流失した陸前高田市の高田松原の砂浜が復旧し1日、一般開放されました。1.75キロにわたった砂浜は砂を運び入れるなどして約1キロまで戻り、県やNPO法人による松林の再生も5月には目標だった4万本の植樹を終える予定です。7月には11年ぶりに海開きが行われます。(4/1ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年4月7日・12:19 PM

【ニュース】震災10年 仮設住宅すべて解消

岩手県は1日、東日本大震災の被災者向けのプレハブ仮設住宅と、民間物件を行政が借り上げるなどする「みなし仮設住宅」がすべて解消したと発表しました。3月31日までにすべての入居者が災害公営住宅など恒久的な住宅に移行しました。県内では2011年10月のピーク時点で4万3,738人が仮設住宅に入居していましたが、震災発生から10年でようやく仮設での暮らしが終了しました。(4/1)




IBCニュース | 2021年4月7日・12:17 PM

1 2 3 128