X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】八戸線、全線で運行再開

JR東日本は1日、台風19号で被災し不通となっていた八戸線の久慈駅(久慈市)-階上駅(青森県階上町)間、37.4キロで運行を再開しました。洋野町の種市駅では、地元の人たちが八戸発の始発列車を手旗を振って出迎えました。八戸線は台風により土砂崩れなどの被害が23か所で発生し、不通の間はバスによる代行輸送が行われていました。(12/1ニュース)




IBCニュース | 2019年12月5日・9:24 AM

【ニュース】被災した公共施設の復旧完了

釜石市が鵜住居地区に建設を進めていた釜石市民体育館が完成し、1日、オープンしました。事業費は国の補助を含めて24億7000万円で、床面積は3,547平方メートル。バレーボールやバスケットボールのコート2面を確保できます。多機能トイレやエレベーターなど、バリアフリーに配慮し、授乳室や温水シャワー室を設けました。これで東日本大震災で被災した釜石市の公共施設の復興事業がすべて終了しました。(12/1ニュース)




IBCニュース | 2019年12月5日・9:23 AM

【ニュース】震災避難者数は2,019人に 復興庁11月まとめ

復興庁は11月29日、東日本大震災による岩手県の避難者数が11月12日時点で2,019人になったと発表しました。前回10月9日時点から94人減りました。施設別では、仮設住宅や民間賃貸住宅などで暮らす人が1,186人(前月比94人減)、親族・知人宅が828人(前月と同じ)、病院などが5人(前月と同じ)、となっています。(11/29)


IBCニュース | 2019年12月5日・9:21 AM

【ニュース】大阪府議がガントリークレーン視察

大阪府議会議員14人が11月29日、釜石市を訪れ、東日本大震災の復興支援で2017年に大阪府が岩手県に無償譲渡した、ガントリークレーンを視察しました。ガントリークレーンは、コンテナの積み下ろしに使う大型のクレーンで、高さは約56メートルあり、1時間あたり25~40個のコンテナを積み下ろすことができます。それまで釜石港に設置されていたクレーンの3倍以上の能力があるとされ、ガントリークレーンの導入により釜石港のコンテナ取扱量は大幅に伸びました。視察した議員の1人は「大阪が少しでも復興の力になれて良かった」と話していました。(11/29ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年12月5日・9:20 AM

【ニュース】遺骨発見、被災者と特定

釜石海上保安部(釜石市)は11月28日、大槌町の大槌湾内で今年9月29日に見つかった人の骨の一部が、東日本大震災で行方不明になった大槌町の50代男性のものと特定されたと発表しました。岩手県警のDNA型鑑定や骨と一緒に見つかった服などから判明したもので、28日に家族に引き渡されました。(11/28ニュース)


IBCニュース | 2019年12月5日・9:16 AM

【ニュース】津波跡地に自然公園を整備

大槌町は11月22日、東日本大震災後に防災集団移転促進事業(防集)で町が買い取った町方地区の約8ヘクタールの土地のうち約1.5ヘクタールに、豊富な湧水を利用した自然公園を整備する計画を発表しました。この場所には津波の後に、トゲウオ科の魚のイトヨや水生植物のミズアオイなど、絶滅が危ぶまれる希少動植物の生息が確認されています。公園には散策路や東屋を作り、イトヨやミズアオイを観察できる環境を整備する計画で、来年1月の着工、2021年3月の完成を目指します。(11/22ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年12月5日・9:14 AM

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2・第4水曜日放送)

今週は大船渡・FMねまらいんの高橋まきこさんが、「いわて三陸ベリー研究会」について伝えてくれました。研究会は気仙地区のイチゴ生産者らが設立しました。夏は涼しく、冬は日照時間が長い地域の特性を生かし、一年を通してのイチゴ栽培の可能性を探っていて、今後は夏イチゴのブランド化など商品開発に取り組むということです。(11/27)

IBCニュース | 2019年11月29日・9:29 AM

【ニュース】三陸鉄道、一部で運転再開

三陸鉄道は28日、台風19号の影響で全線の約7割が不通となっていたリアス線のうち、津軽石-宮古間の9.2キロで運転を再開しました。津軽石駅では午前7時すぎ、宮古駅周辺の学校に通う高校生を中心に約80人が次々と列車に乗り込みました。残る不通区間104.5キロのうち、陸中山田-津軽石間17.3キロと田老-田野畑間22.9キロは来月開通見込みで、三陸鉄道は年度内の全線再開を目指しています。三陸鉄道は東日本大震災でも被災し、今年3月にJR山田線の宮古-釜石間を引き継ぎ、リアス線として8年ぶりに全線開通しました。(11/28ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年11月29日・9:27 AM

【ニュース】魚河岸テラスが入館10万人達成

釜石市の観光拠点として今年4月13日にオープンした魚河岸テラスが22日、入館10万人を達成しました。10万人目は震災の被災地を巡るツアーで釜石を訪れた大阪府の会社員・後藤鮎夏さんと大村森香さんで、2人には花束と記念品の目録が贈られました。魚河岸テラスには地元食材を用いた飲食店などが入居していて、年間の入館者目標7万7,000人は9月中旬に達成しました。(11/22ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年11月29日・9:21 AM

【ニュース】復興応援職員、来年度は334人必要

東日本大震災で被災した岩手県内の沿岸9市町村が来年度必要とする応援職員の数は334人で、今年度の確保数(11月1日現在)より72人減少しました。しかし2016年の台風10号や10月の台風19号の災害対応で別途、職員が必要になっており、県は引き続き県内外の自治体に協力を呼び掛ける方針です。(11/21ニュースエコー)


IBCニュース | 2019年11月29日・9:18 AM

1 2 3 85