X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】 三鉄で出向社員の入社式

来年3月にJR山田線の釜石・宮古間が三陸鉄道に移管されます。これを前に宮古の三陸鉄道本社でJR東日本からの出向社員の入社式が行われました。入社したのは列車の運転や施設管理に従事する12人です。いずれもJR山田線、釜石・宮古間での運行業務の経験があり、今後は三陸鉄道の職員の指導にあたります。(12/3ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:52 PM

【ニュース】 サケの豊漁を願って

サケの豊漁を願う「又兵衛祭り」が宮古市の津軽石川で行われました。この祭りは、後藤又兵衛という武士が、藩の掟に背いてサケを遡上させ飢きんに苦しむ人たちを救ったという言い伝えにちなんでいます。祭りにはおよそ50人が参加し、神事のあと又兵衛をかたどったわら人形を川べりに立ててサケの豊漁を祈りました。(11/30ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:23 PM

【ニュース】 W杯の垂れ幕をリニューアル

来年のラグビーW杯開幕まで300日を切ったのにあわせて、県庁前の垂れ幕がリニューアルされました。新しい垂れ幕には、釜石でナミビアと対戦することが決まったカナダの国旗もプリントされました。開幕は来年9月20日です。(11/29ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:22 PM

【ニュース】 中学生がワカメ料理の調理実習

大船渡の中学生が、授業で養殖したワカメを使って調理実習を行いました。大船渡市立末崎中学校の生徒たちが作ったのは、ワカメの中芯を使ったチヂミとワカメの粉で味付けしたパスタの2品です。地元の料理人の指導を受けながら調理に取り組み、ワカメの美味しさと共にふるさとの良さも改めて感じたようでした。(11/29ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:21 PM

【ニュース】 スネカの登録決定で看板設置

「吉浜のスネカ」がユネスコの無形文化遺産登録が決まったことを受けて、地元、大船渡市三陸町の三陸鉄道の吉浜駅に登録をPRする看板が掲げられました。駅の待合室に掲げられた看板は横幅が6.5メートルほどで「ありがとう」という感謝の言葉が添えられています。このほか、駅の外に登録決定を伝えるのぼりも設置されました。(11/29ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:20 PM

【ニュース】 「スネカ」などの無形文化遺産登録 決定

大船渡市三陸町の「吉浜のスネカ」や秋田の「男鹿のナマハゲ」など仮面姿や仮装をして家々を訪問する、8つの県のあわせて10の伝統行事がユネスコの無形文化遺産登録が決まりました。インド洋のモーリシャスで開かれているユネスコの政府間委員会で決まったもので、委員会最終日の12月1日にリストに記載されます。(11/29ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年12月6日・3:18 PM

【ニュース】 さかなクン サケをテーマに講演

宮古市の魚に定められている「サケ」について広く知ってもらおうと「サーモンランドシンポジウム」が開かれました。講師は東京海洋大学客員准教授も務める、さかなクン。自ら書いたイラストを使って魚の名前当てクイズを行い、招待された宮古市と山田町の400人あまりの小学生は、楽しみながら魚についての理解を深めました。(11/27ニュースエコー)

IBCニュース | 2018年11月29日・1:29 PM

【ニュース】 宮古市田老で鮭・あわびまつり

宮古市田老の冬の味覚を楽しんでもらおうという「鮭・あわびまつり」が開かれました。今年で39回目となるこの催し、会場の道の駅たろう隣のイベント広場には新鮮な海産物を扱う店が軒を連ね、サケの串焼きコーナーには行列ができていました。また、アワビをその場で焼いて販売する店もあり、会場は浜の香りに包まれていました。(11/24ニュース)

IBCニュース | 2018年11月29日・1:28 PM

【ニュース】 JR山田線 新築の駅の見学会

山田町のJR山田線・織笠駅の見学会が行われました。見学会には沿線住民、およそ90人が参加しました。1キロほど北に移転、新築された織笠駅の駅舎は山田湾のオランダ島をモチーフにしたデザインで、住民たちにも好評でした。JR山田線の宮古・釜石間は、JRから三陸鉄道に移管され、来年3月にリアス線として開業します。(11/23ニュースエコー)

IBCニュース | 2018年11月29日・12:54 PM

【ニュース】 大槌町旧庁舎 アスベスト除去始まる

解体工事が中断している大槌町の旧役場庁舎で有害物質のアスベストの除去作業が始まりました。旧役場庁舎の解体工事は、アスベストの調査の不備から中断していましたが、県などの検査で町の計画に問題が無いことが確認されました。除去作業は11月27日に終わる見通しで、町は来年1月中旬の解体着手を計画しています。(11/22ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年11月29日・12:53 PM

1 2 3 56