X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】三陸鉄道 3期連続赤字も4月は好調

震災で被災した岩手県の第三セクター三陸鉄道の昨年度の決算の純損失は1,440万円余りで、3期連続の赤字となりました。人件費の増加や燃料費の高騰が主な理由です。一方、JR山田線宮古-釜石間の移管を受けて3月に開業したリアス線の効果で、今年4月の運賃収入は前年比201.6%増の6,970万円となりました。(6/19ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月20日・2:57 PM

【ニュース】極上の「旬のウニ」をPR

久慈地域海の幸PR協議会が、旬のウニを「極上ウニ!」として売り込む取り組みを始めました。洋野町で18日に行われたセレモニーでは、地元の子どもたちが「洋野のウニは日本一、皆さん食べに来てください!」とアピール。今後は7月6日に盛岡市中央卸売市場で生ウニ丼を提供するなど、PRに努めます。(6/18ニュースエコー)







IBCニュース | 2019年6月20日・2:54 PM

【ニュース】高校生が地元の海の環境を調査

岩手県立高田高校海洋システム科の2年生が、東海大学海洋学部の学生と一緒に、陸前高田市の広田湾の海洋環境調査を行いました。震災の津波により海底の環境がどのように変化したかを調べるためのもので、生徒は東海大学海洋学部海洋地球科学科の坂本泉准教授に指導を受けながら、海底の泥を採取したり海水の水温や塩分を調べたりしました。(6/18ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月20日・2:51 PM

【ニュース】小学生が防潮堤の復旧工事を見学

陸前高田市の竹駒小学校の全校児童53人が14日、市内の脇之沢漁港で防潮堤の復旧工事を見学しました。地域の復興の様子を肌で感じてもらおうと企画されたもので、子どもたちは高さ10mを超す防潮堤の大きさに圧倒された様子でした。また見学後には、海辺にいた時に津波警報が発令されたとの想定で避難訓練も行いました。(6/14ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月20日・2:47 PM

【ニュース】海の仕事に理解深める

宮古市の国立宮古海上技術短期大学校の1年生44人が13日、停泊中のフェリーの内部を見学しました。「三陸防災復興プロジェクト」の一環で、学生たちは普段は見ることができない機関制御室や操舵室などを巡り、海上の仕事への理解を深めました。(6/13ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月20日・2:45 PM

【ニュース】選手会が復興支援で福祉車両寄贈

ジャパンゴルフツアー選手会の石川遼会長が13日、盛岡市を訪れ、震災の復興支援として県内の社会福祉協議会に福祉車両あわせて10台を贈りました。選手会はツアー賞金の1%をチャリティー金として、5年前から岩手・宮城・福島の3県に福祉車両を贈っています。石川会長は「選手全員の思いが詰まった車。少しでも役に立てば」と話していました。(6/13ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月20日・2:42 PM

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2・第4水曜日放送)


今週は宮古ハーバーラジオの高畑裕莉香さんが、今月22日に就航一周年を迎える「宮蘭フェリー」について伝えてくれました。宮古市と北海道室蘭市を結ぶ宮蘭フェリーは岩手初の定期フェリーで、就航により物流と観光の幅が広がりました。22日と23日には宮古港で一周年を祝うイベントが開かれることになっていて、「イベントが室蘭を知り、フェリーを利用するきっけかになれば」と話していました。(6/12)



IBCニュース | 2019年6月13日・10:47 AM

【ニュース】手掛かり求め不明者捜索

大船渡警察署は12日、大船渡市赤崎町の外口漁港に隣接する海岸線で、震災の行方不明者の捜索を行いました。外口漁港付近での捜索は今回が初めてで、署員たちは熊手で石や砂をかきわけ、行方不明者の手掛かりにつながるものがないか、真剣な表情で捜していました。(6/12ニュース)




IBCニュース | 2019年6月13日・10:46 AM

【ニュース】震災発生から8年3か月

東日本大震災の発生から8年3か月となる11日、犠牲者を供養する法要が陸前高田市の「小友地蔵尊」で営まれました。この地蔵尊は7年前に建立され、毎月11日の月命日には平泉町の中尊寺から僧侶が訪れて祈りを捧げています。岩手県によりますと、県内では5月末現在、震災で5142人が犠牲となり、いまだ1114人の行方がわかっていません。(6/11ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月13日・10:43 AM

【ニュース】三陸の食の魅力を発信

国内外の著名なシェフが三陸の食の魅力について語り合う国際会議が10日から2日間、宮古市で行われました。三陸防災復興プロジェクトのイベントの一つで、初日はフランスの巨匠、オリヴィエ・ローランジェシェフが講演。三陸には自然があるべき形で残されているとして、「世界中が三陸に注目している」と語りました。(6/10ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年6月13日・10:41 AM

1 2 3 71