X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】震災10年 仮設住宅すべて解消

岩手県は1日、東日本大震災の被災者向けのプレハブ仮設住宅と、民間物件を行政が借り上げるなどする「みなし仮設住宅」がすべて解消したと発表しました。3月31日までにすべての入居者が災害公営住宅など恒久的な住宅に移行しました。県内では2011年10月のピーク時点で4万3,738人が仮設住宅に入居していましたが、震災発生から10年でようやく仮設での暮らしが終了しました。(4/1)




IBCニュース | 2021年4月7日・12:17 PM