X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2水曜日放送)


今週は宮古ハーバーラジオの箱石文彦さんが、宮古市と沖縄県多良間村との姉妹市村締結25周年について伝えてくれました。宮古市と多良間村は、江戸時代に宮古の商船が76日間の漂流の末に多良間島に漂着し、島民の手厚い看護を受け乗組員全員が無事帰還したという史実から、1996年に姉妹市村を締結し交流を続けています。去年10月には多良間村の公園で、東日本大震災の時に流出したとみられる宮古市の漁協のロゴが入ったカゴが発見されました。時代を経て縁を感じさせるできごとでした。宮古市のイーストピアみやこでは2月26日まで「姉妹市村締結25周年パネル展」が開かれていて、これまでの経緯や交流の歩みを知ることができるということです。(2/10)



IBCニュース | 2021年2月18日・5:48 PM