X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】最後の災害公営住宅で入居始まる

東日本大震災の被災者向け災害公営住宅として、岩手県で最後となる盛岡市の「県営南青山アパート」(99戸)の完成式が11日、行われました。式では達増知事から入居者の代表にカギのレプリカが手渡され、その後、さっそく入居が始まりました。アパート内には入居者の支援を行うため、「もりおか復興支援センター」の拠点が設けられています。これで県内で予定していた災害公営住宅全5,833戸の整備が完了しました。(2/11ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年2月18日・5:46 PM