X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】最後の災害公営住宅で内覧会

東日本大震災の発生から9年10か月となった11日、岩手県内で最後に完成した震災の被災者向け災害公営住宅「県営南青山アパート」(盛岡市南青山町、99戸)で、入居を予定する内陸避難者を対象にした内覧会が開かれました。内覧会には入居予定の53人が参加し、2~4DKの部屋を見学して間取りや寸法を確認しました。アパートは鉄筋コンクリート3、4階建ての計4棟で、共有スペースには入居者の要望で集会所も設けられました。2月11日に完成式が行われ、入居が始まります。(1/11ニュースエコー)




IBCニュース | 2021年1月14日・6:34 PM