X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】オランダ島海水浴場、震災後初の海開き

山田町の山田湾に浮かぶ無人島「オランダ島」の海水浴場が1日、東日本大震災後初めてオープンしました。震災の津波で被災した遊歩道や桟橋などの復旧工事が7月に終了し、10年ぶりの再開です。初日は青空の下、親子連れなどでにぎわいました。海水浴場は8~10日にも開設する予定ですが、新型コロナウイルスの影響で利用は町民に限られ、予約制になっています。島の正式名称は大島で、鎖国中の1643年にオランダ船「ブレスケンス号」が食料や水を求めて山田湾に入港した歴史からオランダ島と呼ばれるようになりました。(8/1ニュース)




IBCニュース | 2020年8月5日・8:59 PM