X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ラジオ】さんりく元気ラジオ!

(ワイドステーション内 第2・第4水曜日放送)


今週は宮古ハーバーラジオの箱石文彦さんが、台風19号による被害などについて伝えてくれました。台風は宮古市に10月12~13日にかけて接近し、13日の24時間雨量は観測史上1位を記録しました。このため市内では、川の氾濫や土砂崩れ、道路の決壊、住宅への浸水など甚大な被害が出ました。また長期にわたる断水、三陸鉄道リアス線の一部区間運休など市民生活に大きな影響が出ました。こうした中、10月15日に設置された災害ボランティアセンターには岩手県内外から多くのボランティアが訪れ、泥出しや清掃活動に参加してくれました。箱石さんは「現在も一部の道路で通行止めや片側交互通行が続いていますが、たくさんの支援に感謝するとともに一歩一歩復旧復興を目指し、自分たちも地元に貢献できる放送をしていきたい」と話していました。(11/13)



IBCニュース | 2019年11月13日・4:57 PM