X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】松林再生めざし懸命作業

東日本大震災の津波で流失した陸前高田市の高田松原を再生しようと植樹したマツの苗木が、10月の台風19号の暴風で倒れていることが分かり、地元のNPO法人「高田松原を守る会」が修復作業を続けています。守る会によりますと、松林再生のため2017年から植樹した8,900本の苗木のうち約5割が、台風で倒れたり大きく傾いたりしたということです。守る会はボランティアとともに苗木の修復をしていて、年内の作業終了を目指しています。(11/6ニュースエコー)




IBCニュース | 2019年11月7日・4:08 PM