X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】復興発信、ラグビーW杯で空自飛行

ラグビーのワールドカップ日本大会組織委員会は2日、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われる25日のフィジー対ウルグアイ戦の前に飛行を披露すると発表しました。東日本大震災の津波で被害を受けた空自松島基地(宮城県東松島市)を拠点とするブルーインパルスは、1964年東京五輪の開会式で空に5色の煙で五輪マークを描いたことで知られます。組織委によりますと、震災からの復興で世界的な大会開催に至ったことを語り継ぐ意図から飛行が実現したということです。(9/2)


IBCニュース | 2019年9月5日・9:41 AM