X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの箱石文彦さんが、9月2日(日)に開かれる宮古市の「閉伊川川下り大会2018」について伝えてくれました。この川下り大会は変化に富んだスリリングなコースが人気で、例年300人ほどが参加するということです。3年前から去年までは大雨や台風被害で中止となっていて、今大会は4年ぶりの開催です。問い合わせは大会事務局の閉伊川遊イング事業実行委員会まで。(8/8)

ラジオ関連 | 2018年8月9日・2:54 PM

【ニュース】 地元で「けんか七夕」

陸前高田で、山車同士が激しくぶつかり合う「けんか七夕」が行われました。去年とおととしは復興工事のため、気仙川をはさんだ対岸で行われましたが、今年はかさ上げされた気仙町今泉地区に3年ぶりに戻ってきました。祭り伝統の場所に笛や太鼓の七夕囃子が響き渡り、地域の人たちを勇気づけていました。(8/7ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月9日・2:53 PM

【ニュース】 身元不明の遺骨を納骨堂へ

震災の犠牲者の中で、身元が分からない人たちの遺骨を納める納骨堂が釜石市に完成し、納骨式が行われました。納骨式では、参列者が見守る中、釜石市の仙壽院が預かっていた10人の遺骨が納められました。釜石市は納骨された遺骨について、引き続き身元の特定に努めたいとしています。(8/6ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月9日・2:52 PM

【ニュース】 盛川あゆっこまつり

大船渡市のアユのつかみ取り大会が、8年ぶりに行われました。大船渡市を流れる盛川の支流、立根川でのこの催しは、津波でアユのふ化場が全壊したため震災以降は中止されていました。用意されたアユは春から育てられてきた5000匹。集まった人たちは20分間のつかみ取りに挑戦し、無我夢中でアユを追いかけていました。(8/5ニュース)


IBCニュース | 2018年8月9日・2:51 PM

【ニュース】 さんりく北リアス号 運行

JR山田線と三陸鉄道北リアス線の直通列車の運行が始まりました。北三陸の観光を後押ししようと2014年に始まったこの期間限定の「さんりく北リアス号」。山田線の土砂流入事故の影響で休止されていたもので、3年ぶりの復活です。心待ちにしていた鉄道ファンがJR盛岡駅から列車に乗り込み、運行開始を喜んでいました。(8/3ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月9日・2:50 PM

【ニュース】 復興スタジアムを公開

ラグビーワールドカップの会場となる釜石鵜住居復興スタジアムが公開されました。グラウンドは、土に人工繊維を混ぜた地盤に天然芝を植えた「ハイブリッド芝生」で、耐久性を高めています。オープンの8月19日には釜石シーウェイブスとヤマハ発動機ジュビロの記念試合が行なわれます。(8/3ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月9日・2:48 PM

【ニュース】 津波の高さ示す看板を移設

震災の津波の高さを示した陸前高田市のガソリンスタンドの看板が店舗移転のため撤去されました。海にほど近い一角で、震災後、店の再開にあわせて津波の高さ15.1メートルを示す文字や矢印を記し、津波の教訓を伝えてきました。看板は2キロほど離れた新店舗に移設され、震災を伝え続けます。(7/31ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月2日・3:14 PM

【ニュース】 海の守り神を再建

震災で流失した宮古の赤前「御前堂(ごぜんどう)」が再建されました。御前堂は、300年あまり前にクジラの大群が現れ飢きんに苦しむ人たちが救われたことから、クジラの骨をご神体としてまつってきました。今回、別の場所のクジラの骨を譲り受けて再建されたもので、神事の参列者は海の守り神に安全と大漁を祈っていました。(7/30ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月2日・3:13 PM

【ニュース】 釜石の玄関口を盛り上げよう

来年のラグビーワールドカップや三陸鉄道リアス線全線開通に向けて、釜石の玄関口を盛り上げようと「釜石駅前夏祭り」が初めて開かれました。駅周辺には、ワカメをあしらったホタテ浜焼きの店など20店ほどが立ち並びました。子どもたちの流しソーメンも行われ、歓声があがっていました。(7/28ニュース)


IBCニュース | 2018年8月2日・3:12 PM

【ニュース】 復興応援の縦断リレー

青森から東京までをランニングと自転車でつなぐ「未来(あした)への道1000km縦断リレー」が宮古を出発しました。震災の記憶の風化を防ぎ、被災地の人たちとの絆を深めようというもので、この日は、オリンピックメダリストや市民が宮古市内およそ2キロを走りました。リレーは、8月7日に東京にゴールする予定です。(7/27ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年8月2日・3:11 PM

1 2 3 59