X 
IBC岩手放送ホームページでは、広告・番組情報配信、閲覧履歴解析等のためにクッキーを使用しています。このお知らせを閉じるか閲覧を継続することで、クッキーの使用をご承認いただいたものとします。オプトアウトや詳細についてはIBC岩手放送「サイト規定」をご覧ください。

IBC復興支援室だより

【ニュース】 大槌町役場職員が防災研修

大槌町で町の職員を対象にした防災研修が行われました。震災後に採用された職員を中心に40人あまりが参加。気象台や県の防災担当者から地震や大雨などの災害時の適切な対応を学び、改めて町の職員としての心構えを確認していました。(6/20ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月21日・2:16 PM

【ニュース】 大槌町役場庁舎の解体始まる

震災の津波で全壊した大槌町旧役場庁舎の解体作業がはじまりました。撤去されたものは、一部を除いて廃棄物として処理されます。旧役場庁舎をめぐっては「価値の検討が不十分」として、職員の遺族らが工事差し止めの仮処分を申し立てています。(6/18ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月21日・2:13 PM

【ニュース】 「新たな航路は東北復興のシンボル」 

北海道の室蘭と結ぶフェリー航路開設の記念祝賀会が宮古市で開かれました。祝賀会では航路を開設した川崎近海汽船の赤沼宏社長が「新たな航路は東北復興のシンボル。東北と北海道の物流を活性化させたい」とあいさつしました。第1便は22日午前8時に室蘭に向け出港します。(6/18ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月21日・2:11 PM

【ニュース】 青い海を守ろう 環境保全の出前授業

海の環境保全について学んでもらう出前授業が大船渡で行われました。釜石海上保安部が開いたもので、大船渡市立綾里小学校の児童16人が参加しました。水質を調べる実験で、地元の綾里湾がきれいな海だとわかると、子どもたちはほっとし、青い海を守ることを誓っていました。(6/16ニュース)



 

 

IBCニュース | 2018年6月21日・2:08 PM

【ニュース】 碁石海岸 ニッコウキスゲ 見ごろに

大船渡の景勝地、碁石海岸では、遊歩道に咲くユリ科の花、ニッコウキスゲが見ごろを迎えています。花は2週間ほど前から咲き始め、緑豊かな松林にニッコウキスゲの鮮やかなオレンジ色が映えています。碁石海岸ではまもなくアヤメ科のノハナショウブが、7月後半にはヤマユリが咲き始めます。(6/15ニュース)


IBCニュース | 2018年6月21日・2:03 PM

【ニュース】 航路開設の記念切手シート贈呈

宮古と北海道の室蘭を結ぶ定期フェリー航路開設を記念した切手シートが宮古市に贈呈されました。シートの切手には、フェリーのほか宮古の浄土ヶ浜、室蘭の地球岬などの景勝地が描かれています。価格は900円で、宮古市など県内60の郵便局とネットショップで2000シート発売されます。(6/14ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月21日・1:56 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

宮古ハーバーラジオの久保田祥子さんが、『宮古-室蘭フェリー』の就航と記念イベントについて伝えてくれました。就航日の6月22日(金)には宮古港、藤原ふ頭の宮古港フェリーターミナルで出航セレモニーが、23日(土)には室蘭発の便を出迎える入港記念行事が行われます。両日とも、来場者には記念タオルのプレゼントを用意されています。ぜひお越し下さいとの事でした。(6/13)

 

ラジオ関連 | 2018年6月14日・4:44 PM

【ニュース】 大槌町 旧役場庁舎 解体を前に内部公開

津波で全壊した大槌町の旧役場庁舎の内部が報道機関に公開されました。旧庁舎は2014年に全体の7割が解体され、残っているのは町民課や税務課、議場などがあった鉄筋コンクリート2階建ての部分だけです。町内には旧役場庁舎の保存を求める声もありますが、3月の町議会で解体予算が可決されていて、町は今月18日頃から解体工事に入る方針です。(6/13 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月14日・4:43 PM

【ニュース】 ラグビーW杯での活用視野に

海水を噴射して進む世界最大級のウォータージェットフェリーが釜石港に入港しました。来年のラグビーワールドカップでの活用を視野に釜石市などが招きました。フェリーは広島県の会社が所有していて、乗用車200台を積み込み時速およそ80キロの高速で進むことができます。市では車で訪れた観客の輸送手段など活用方法を検討することにしています。(6/12 ニュースエコー)

 


IBCニュース | 2018年6月14日・4:39 PM

【ニュース】 あと10日 定期フェリー就航をPR

宮古市と北海道室蘭市を結ぶ定期フェリー就航まであと10日となったこの日、宮古市役所でカウントダウンイベントが行われました。山本正徳宮古市長が「岩手の玄関口としての役割を果たしていきたい」と挨拶。就航を祝う看板やノボリが掲げられるなか、広報車が出発し、間近に迫った第1便の出港をPRしました。(6/12 ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年6月14日・4:38 PM

1 2 3 55