IBC岩手放送

 

IBC 時代劇・水戸黄門第38部 第12話「縁は切られぬ偽親子」(岐阜)[再]

2017年12月13日(水) 15:57-16:50

今日の放送は終了しました

番組概要

瀬戸内海に面して隣り合う花崎藩と赤津藩の合併騒動。助三郎の学友で赤津藩の江戸勤めの藩士・山内裕之進が渦中にいたことで、老公一行は海路瀬戸内へと向かうことになる。

番組内容

水戸老公(里見浩太朗)一行は岐阜に到着した。老公は名産の岐阜提灯を作る作業場を見学する。そこで提灯の金具を作る錺(かざり)職人、圭造(峰岸徹)と出会う。圭造の息子、金太(若林久弥)は父親の下で見習い仕事に励んでいた。最近腕を上げ、一人前の口を聞く金太を圭造は厳しくたしなめる。圭造と金太は実は本当の父子ではないのだが、金太はそのことを知らされていない。

出演者

里見浩太朗
原田龍二
合田雅吏
内藤剛志
由美かおる
松井天斗