じゃじゃスポ

じゃじゃスポ

岩手のスポーツ応援番組です。岩手のスポーツの魅力を、これでもかといわんばかりにお伝えします。

お便り・お問い合わせ

第145回 じゃじゃすぽ

2017年01月17日 12:01 PM

今週はグルージャ盛岡を特集でお伝えしました。

新加入した6選手を改めてご紹介します!

  • DF福田友也(ふくだともや)選手 J2「 FC町田ゼルビア 」から移籍。


  • FWキム ホンヨン選手 J3「 福島ユナイテッドFC 」から移籍。


  • DF田中憧(たなかしょう)選手 桐蔭横浜大学から加入。


  • FW今関耕平(いまぜきこうへい)選手 桐蔭横浜大学から加入。


  • GK中島宏海(なかしまひろみ)選手 JFL「 ブリオベッカ浦安 」から移籍。


  • MF菅本岳(すがもとがく)選手 立教大学から加入。



以上の6選手が加入します!

また、遠野市出身の菊池利三(きくちとしみ)新監督も就任し、

昨シーズンより1クラブ多い17クラブで争われるJ3リーグ。

 

新体制で2017年シーズンに挑むグルージャ盛岡の開幕戦は、

3月12日(日)、AWAYでセレッソ大阪U-23と行います。

地元開催初戦は3月26日(日)、カターレ富山との試合を、いわぎんスタジアムで行います。

応援の力で、岩手のサッカーを盛り上げましょう!

 

今回の担当は、清水康志でした~

IBCラジオPR
IBCワイドFM

第144回じゃじゃスポ

2017年01月09日 6:21 PM

今回の特集は大相撲、郷土力士の錦木関へのインタビューをお送りしました。

伊勢の海部屋は東京都文京区のビル街にあるのですが、

その一角の建物に木でできた立派な表札があります。

なんとなく相撲部屋というと、歴史を感じさせる木でできた引き戸を想像していましたが、

意外と最近の家の入口に近い雰囲気の軒先でした。

しかし中に入ると、ザ・相撲部屋という感じで、

8m四方の土でできた稽古場、そして見学するための小上がり、

そして広いキッチンもありました。

やはり勢関と錦木関のぶつかり稽古は迫力がありました。

立派な体格の二人が見学席に飛んでくるんじゃないかというくらい激しくぶつかっていました。

稽古のなかで親方から「立ち合いがよくなってきた」と言われていた錦木関。

今年、三役に昇進してほしいなあ!

第143回 じゃじゃすぽ 2017・1・2

2017年01月04日 5:41 PM

あけましておめでとうございます!

2017年1月2日のじゃじゃすぽは、清水がお送りしました。

 

新年最初の放送は、高校生の活躍に焦点を当ててお送りしました。

全国大会初勝利はならなかったものの、全国大会へ岩手県勢として初出場を果たした専大北上女子サッカー部!

高校サッカー選手権大会で、松山北を下し9年ぶりに初戦を突破した遠野高校サッカー部!

この放送の中で伝えきれないほど、各地で躍動する岩手県勢に、拍手!!!

素直にスポーツに向き合う姿勢…伝える側の私たちが見習わなくてはと感じました。

 

もっともっと県全体でスポーツを盛り上げていき、より活気のある県を目指したいですね!

2017年も、浅見・清水・長谷川の3人のアナウンサーが交替でお伝えしますので、よろしくお願い致します。

第142回じゃじゃスポ

2016年12月26日 6:14 PM

今年最後のじゃじゃスポは「今年のスポーツ 年末総集編」をお送りしました。

今年からじゃじゃスポを担当しましたが、

今年一年取材をする中で「やっててよかった」と思うのは、

勝った選手の声を聞くときです。

 

長い間鍛練を重ねてきた選手たちの言葉には重みがありました。

その言葉を聞くと、自分も一緒にプレーしたかのように、熱い気持ちになります。

来年も、スポーツから生まれる喜びの声をたくさん聞ければと思います。

今年一年、お聞きいただき、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

第141回じゃじゃスポ

2016年12月19日 8:15 PM

今日の特集は「いわてスポーツデンティスト」でした。

スポーツに特化した歯科医ということで、

歯とスポーツってそんな関係ないような・・・と思っていましたが、

スポーツではここ一番で歯をくいしばって力を発揮しようとする場面があります。

そこで歯に何らかの痛みがあれば、

100%の力が出なくなってしまうのかもしれません。

 

この「いわてスポーツデンティスト」はいわて国体、いわて大会を念頭に設置されたそうですが、

いわてのスポーツ選手のよりよいパフォーマンスのため、

もっと浸透すればいいなと思います。

 

 

 

第140回 じゃじゃスポ

2016年12月12日 5:44 PM

岩手から世界にはばたくアスリートを育てる

「いわてスーパーキッズ発掘・育成事業」。

 

放送では運動する様子をお伝えしましたが、

実は座学も多いとのこと。

大体運動と座学の割合は7;3くらいとのことで、

スポーツって意外と机上の勉強も大切なんだな~と思いました。

 

スポーツ心理学やプレゼンテーションの手法の勉強などを通して、

スポーツマンシップやコミュニケーション能力を修練するのだそうです。

 

たしかに競技成績がいくら良くても

ドーピングとか薬物に頼っていたら元も子もないですからね・・・

大切な勉強なんだなと思います。

 

 

第139回 じゃじゃすぽ

2016年12月05日 7:30 PM

大谷翔平選手の契約更改…

並々ならぬ努力ゆえの高額報酬でしたね。

 

あれだけ真摯に野球と向き合ってきた大谷選手だからこその、成績…

見習うべき点だらけだなと改めて思いました。

 

さて、今日の特集は、

「第33回岩手県小学生バレーボール育成大会」でした!

 

小学生は元気いっぱいで、勝つ喜びを心から声で表現してくれましたね~

僕自身も、10年ほど前は同い年だったんですけれども…

 

楽しい!と心から感じて毎日を生きていました。

 

元気いっぱいの小学生たちに、

初心を思い出させてもらった清水康志が担当しました。

次回もおたのしみに!!

 

 

 

 

第138回じゃじゃスポ

2016年11月28日 11:23 PM

きょうは日報駅伝について特集しました。

私は駅伝当日、

北上中継点と矢巾中継点でそれぞれリポートを入れる担当でした。

懸命な選手たちの走りに、道路脇では縁石いっぱいまで

身を乗り出して応援する地域の人たちや選手の関係者がいました。

熱を帯びた各中継点で行われるたすきリレー。

そのたすきが繋がれる瞬間には、

選手たちの一瞬のコミュニケーションがありました。

 

「頼むぞ」と次のランナーに声をかける選手、

背中をポンと叩いて無言の合図を送る選手、

アイコンタクトと笑顔を浮かべてたすきを繋ぐ選手、

 

それぞれの一瞬のコミュニケーションが伝わって、

長い道のりを走りきる原動力になっているのかなと思いました。

 

 

第137回じゃじゃすぽ

2016年11月21日 7:10 PM

きのう、

プロ野球 阪神タイガースにドラフト2位指名された

富士大学4年の小野泰己投手が、

盛岡市内のホテルで入団交渉の臨み、仮契約しました。

 

4年連続のプロ選手を輩出している富士大学で、

150キロを超えるストレートが魅力の本格派右腕、小野泰己投手。

 

小野選手は、大谷選手のほかに対戦したいバッターとして、広島カープの鈴木誠也選手!!

「神ってる」といわれるほど、運と勝負強さを兼ね備えた鈴木選手と勝負するためにも、

「まずは1軍で登板し、速く1勝を挙げる」を目標に掲げています。

 

 

富士大学在学の4年間で、球速は6キロアップした小野泰己投手

さらなる伸び代に球団関係者やファンの期待が高まります!

このあと12月初旬には、大阪市内で入団会見が行われ、来年1月初旬に入寮するよていです!

 

そしていよいよ、あさっては第75回一関・盛岡間 駅伝競走大会です。

一般の部は、JR一関駅前~盛岡・東北銀行本店前までの

11区間95キロ、

高校の部は北上市・東北銀行北上支店前~盛岡・東北銀行本店前までの

6区間49,2キロでタスキをつなぎます。

応援しましょう!

 

今週は、清水でした~

第136回じゃじゃスポ

2016年11月14日 6:08 PM

IMG_8772

きのうのラグビートップイーストリーグDiv.1、

釜石シーウェイブスと三菱重工相模原ダイナボアーズの一戦。

結果は26対7と、釜石はリーグ王者の三菱に敗れてしまいました。

 

しかし、三浦ヘッドコーチ、そして須田キャプテンからは、

「去年と比べ、三菱重工との距離が縮まった」とのコメントが。

同時に、チームとしての安定と成長も感じていました。

その実感を力に変えて、リーグ最終戦もがんばってほしいです!

 

また、上の写真。

試合前に選手たちがバスで会場に到着すると、

そこには釜石シーウェイブス名物の大漁旗を振るサポーターのみなさん。

 

この「お迎え応援」の取り組みは今回が初めてとのこと。

試合中も、そして試合前も、釜石の大漁旗は選手たちにエールを届けます。

もっと読む