クラブにおじゃま★雫石高校郷土芸能委員会【16:25~】

2017年04月21日 8:22 PM

今週のクラブにおじゃまは「雫石高校郷土芸能委員会」にお邪魔しました!

3年生2名、2年生8名、1年生3名の13人で活動をしています。

練習場所は校舎に隣接するセミナーハウス。

上駒木野参差踊をはじめ、さんさだけで9演目、よしゃれは3種類、亀の子つき唄を委員会内で受け継いでいます。

 

「亀の子つき唄」は担い手がなく、26年前に途絶えていたものでした。

しかし2年前、雫石町無形文化財保存会が復活に取り組み、郷土芸能委員会が代表して演じました。

委員長の3年細川拓斗さんは、その頃1年生でしたが、先輩方と一緒に当時の映像を観たり、歌を知っていた方から教えてもらったりしながら練習をしたそうです。

細川さんは「練習の時は復活に携わっている実感はなかったけれど、発表が終わって拍手をもらった時にすごいことに携わっていたんだと感じました。」と仰っていました。

 

これからは、

5月20日(土) 鶯宿温泉 寿広園

5月21日(日) いわて山ろくファミリーマラソン

でのステージを予定しています。

2年生の近江萌花さんは「一番いい状態で見せるのはもちろん、ファミリーマラソンではランナーを応援する気持ちも込めて踊りたい。」と意気込みを教えてくださいました!

 

細川委員長は今後の目標として「今年こそ県大会で最優秀賞を受賞して後輩たちを全国大会へ送り出したい。自分たちの公演をご覧になるのは最初で最後という方もいるかもしれないので、がどんな時でも最高の状態で踊れるようにしたい。」と仰っていました(^^)

 

放送後は「ばちがらみ」を見せていただきました!

躍動感のあるバチさばきに魅了されました(*^^*)

そして「よしゃれ太鼓」も披露していただきました。

本来なら男子が演じるところを、人数不足のため女子が叩きます。

しっかりとした力強い音が響いていました!

これからも伝統を受け継いで、活動を頑張ってくださいね(*^^*)

みなさん、顧問の阿部恵子先生、ありがとうございました!

*伊達 晴香*