志賀理和気神社★熊手の返納【13:10~】

2017年12月29日 7:16 PM

紫波町桜町の「志賀理和気(しかりわけ)神社」にお邪魔しました!
通称「赤石神社」として親しまれている場所です(^^)

今年で1213年を迎えた歴史のある神社です。
この一年は、御朱印集めブームもあり、県内外だけでなく海外からの参拝者も多かったそうです。

祀られている「赤石」は、紫波町の地名の由来になっているのだそうです。
その昔、紫波のお殿様が北上川でこの石を見つけて詠んだ一句が由来と言われています。

今日は、昨年いただいた熊手を納めてきました!

宮司の田村さんは、
『今年は「北」に象徴される一年でした。
来年、戌年は「南」の年になってほしいと思います。
南に犬と書いて「献」。
「もてなす」や「さしあげる」の意があります。
人と人との縁がさらに深まって、幸せが実感できるような年になってほしいです。』とお話しされていました。
赤石は「縁結びの赤石」とも呼ばれているので、いいご縁に恵まれるかも…!?

また、『幸せを感じる時は、人に何かしてもらった時が多いはずです。
参拝の際には人の幸せを願うことで、岩手県全体の幸福度が上がることにつながるのでは…』と仰っていました。(^^)

宮司の田村勝則さん、禰宜の田村寛仁さん、みなさま、ありがとうございました!
よいお年をお迎えください(*^^*)

いただいた熊手は、またスタジオへ…
今年もありがとうございました!
来年もよろしくお願い致します(*^^*)

*伊達 晴香*