長谷川拳杜アナウンサーの日記

プロフィール

  • 誕生日 11月8日
  • 星座 さそり座
  • 血液型 O型
  • 出身地 岩手県紫波町

担当番組・関連ページリンク

[ラジオ番組]
じゃじゃスポ
イチロクSTUDIO

新人アナ3番勝負!

あすのじゃじゃじゃTVの特集は!

新人アナの清水と長谷川の2人が、公私混同で岩手の冬を楽しみました!



花巻市の市街地から車で10分、

アクセス抜群の場所で楽しめるスノーモービル!

岩手ならでは!ワカサギ釣り!

(釣りに夢中で穴しか撮っていなかった)



普通のスキーじゃないんです!

いま話題の○○スキー!



あと関係ないけど訪問先で見つけたチビちゃん(オス)





とても人懐っこいワンちゃんでした。

(ワンちゃんの顔は困っていますが、

嫌がってはいないとおもいます)

 

放送はあす朝9時25分から!

わたしの日記 「蘇民祭」

DSC_4807

先日、江刺の熊野神社で行われた蘇民祭に参加してきました。

写真は、高さ3メートルほどある木のやぐらに登り、

そのやぐらに火をつけて燻されているようすです。

あまりに印象的な出来事だったので、家に帰ったあと、日記をつけました。

その日記の冒頭をアップいたします。

 

ちなみに放送は2月11日の午前9時25分から、じゃじゃじゃTV内です。

番組もあわせて、どうぞご覧ください。

 

 

<2017.1.21の日記>

さらし一反と足袋を呉服店で買い、午後4時に会社出発。


その日は冷え込むとの予報で、すでに戦々恐々である。


高速を走って水沢ICで降り、下道を進む。


ICから目的地の熊野神社までは、ナビで20キロほどとの表示。


進むにつれ、日が落ちて街灯がへり、あたりが青白くなっていく。


この時点で氷点下2度。


思っていたより外は寒くないようだ。


到着まで2キロほどとなったころ、交差点にさしかかった。


そこで見つけた、白地の看板に赤い「蘇民祭」の文字と右向き矢印。


筆で書いたような書体がこの祭りの伝統をうかがわせる。


四角、とよばれる灯りに照らされる神社に着いた。


着いたころにはすでに参加者がふんどしを絞めていた。


ただ、神事が始まるまでの間、多くの参加者は服をきていた。


やはり地域の猛者といえども、寒いものは寒いのだろう。




この日は蘇民祭の保存に尽力される、


高橋さんという方にいろいろとご指導いただくこととなった。


まずはふんどしをしめてもらう。


トタン屋根にブルーシートで覆われた小屋で着替える。


「まず全部脱げ」と言われ、たじろいだ。


入口の隙間から建物の中はまる見えである。


「ここでですか?」と聞き返すと、


私の恥ずかしい気持ちを察してくれたようで、


パンツ以外を脱ぎなさい、ということで勘弁してくれた。




・・・・・・・このあとの展開はぜひテレビでご覧ください。




放送は2月11日の午前9時25分から、じゃじゃじゃTV内です。


 

熱いぞ!雪合戦

普段はやっかいものの雪も、ここ西和賀では貴重な資源!

先月28日、29日に行われた、

「ほっとゆだ2017北日本雪合戦大会」

 

私もIBCチームで出場し、会社の先輩と勝ちを狙います。

去年参加した先輩に話を聞いたら、

「雪玉は当たるとかなり痛い」とのこと。

え~、痛いのはちょっとなぁ・・・

 

いや、単純に当たらなければいいのだ!と自分を鼓舞して第一試合。

ところがどっこい、初戦は相手チームの棄権により不戦勝。

(やった~、痛い思いをせずに勝ったぞ!)

DSC_0566

とりあえず勝ちには変わりないので、喜ぶメンバー。

 

そして2戦目。

この試合はちゃんと相手がいました。(当然ですが)

s_008

試合は苦戦を強いられ、いよいよ相手コートにあるフラッグを奪取しなければ

勝ち目はないという状況に。

残り時間が1分を切ったとき、メンバーで一気に奇襲攻撃!

 

相手陣地に攻め込むことで、雪玉を当てられ一気に玉砕するメンバー。

今がチャンス!と私も相手陣地へ突撃!

どさくさにまぎれて、なんと、フラッグを奪取!

 

しかし、審判からは反則の笛。

なんで?と思ったら、

相手陣地に4人以上同時に入ってはいけないというルールを破っていたのだ。

情けない!情けなさすぎる!

なんともすっきりしない負け方で、チームIBCは粉雪のように舞い散った。

 

 

 

 

 

また、この日は選手としてももちろん、リポーターとしても参加しました。

その時、一部帽子が裏表逆さまで、タグがでていたということです。

 

熱い試合のあとは、顔から火が出るほど恥ずかしい経験をした、ホットな雪合戦大会でした。

また来年もぜひ参加したいです。

 

放送は2月11日(土)午後1時30分~午後2時です。

ちなみにその日の午前9時25分から放送のじゃじゃじゃTVでは、

雪合戦に来たみなさんに聞いた「冬の楽しみ方」も放送する予定です!

合わせてご覧ください!

懐かしの写真を整理

先日、初売りで自宅用のパソコンを購入。

前使っていたパソコンからデータを移す作業が必要になりました。

写真を整理する中、出てきたのは高校の時の写真。

s_DSCN0911

高校3年生のとき、担任の先生に怒られている私。

そのわけは、

「無断で全校にいる美男美女の写真を撮りまくっていたから」。

怪しい、とのことで尋問されています。

もちろん趣味の一環、ではなく、

学校のミスコンを運営していたので、その写真が必要だったというわけでした。

確かに見ず知らずの上級生が急に写真とりだしたら怪しむよなあ。

きちんと、ホウレンソウしないとね。社会人の今は多分大丈夫。

 

s_DSC03506

沖縄への修学旅行の帰りの新幹線の中。

手にしているのは、溜めに溜めていた提出期限ギリギリの宿題。

新幹線の中にまで持ち込んで終わらせました。

達成感がある顔ですが、実は友達の熊谷くんのを丸写しです。

この頃、コンプレックスのまゆげは見事キリッとしています。

 

 

懐かしいなあ、高校のみんなに会いたいなあ。

そんなことをしているうちに、

この写真整理で一日潰れてしまった。

だから、ラジオ! ダカラジ2016!

よーし、今日も元気に出社だ、出社だ~!

IMG_8838

この日の勤務先はココ!

なんとNHK仙台放送局なのです!

ここで今月9日に行われたラジオとテレビの同時生放送番組

「ダカラジ」に出演しました。

 

いや~しかし違うテレビ局に行くのは緊張する・・・

放送局って社内が複雑なつくりになっているところが多いから、

道に迷ってしまう・・・

たくさんの人が歩いているけど誰がエラいんだろう・・・

 

そんなことを考えながら控室に入ると、

出演者のみなさんが続々と集まってきました。IMG_8840

ダカラジに出演するのは、

岩手、宮城、福島の東北3県のラジオパーソナリティー9人と

(ここには6人しか写っていませんが)

モノマネでおなじみのコロッケさん、

髭男爵の山田ルイ53世さん!

局の垣根を越えて多くの人が参加しました。

IMG_8841

スタジオでパシャリ。

ゲストのコロッケさんは途中で男爵さんと交代したので、

ここには写っていません。

 

 

 

そして番組の中ではラジオの特性を生かして

効果音を使って物語を作ったり、

即興でモノマネをしたりしました。

 

ほんとは私も福山雅治さんのモノマネをする予定だったんですが、

時間の都合でできなかった~

まあ自信がなかったのでそれはそれで良し。

IMG_8839

上の写真はチーム岩手。

左から、

NHK仙台の手嶌アナ、

FM岩手の阿部アナ、

そして、福山雅治さんです。

 

 

・・・嘘です。長谷川です。大変失礼しました。

 

 

ちなみに鬚男爵さんが自身のホームページにちょこっと

私のことを書いてくれました。

http://ameblo.jp/higedannsyaku-blog/entry-12227265420.html

 

 

 

就職面接以来の緊張

s_3_R

かしこまった雰囲気・・・

緊張する私・・・(目が怖い)

参加者が見つめる先は、

s_無題_R

なんと岩手県知事の達増拓也さん!

 

これは岩手日報社主催の

「知事を囲む若者たち」という企画です。

 

銀行や保険業界など県内の様々な企業に勤める若者6人が集まり、

仕事や毎日の生活の中で感じている地域社会の問題や展望などについて、

知事と話し合うというもの。

s_2_R

はじめ、会場に入ったときは雰囲気に圧倒され、

「こりゃまずい」と思い緊張していましたが、

知事や岩手日報の担当者の方が和やかな雰囲気で進めてくれたおかげで、

時折笑いが出るほど、楽しくお話しできました。

 

私からの質問は、

・達増知事が「いまどきの若者は・・・」と思うときはどんな時ですか?

・どうして知事になろうと思ったのですか?ほかになりたかった職業は?

・様々な県民からの声が届いたときに、どうやって心のバランスをとっていますか?

など。

 

普段とは違う知事のようすが見られて、身近に感じました。

あとお昼に食べたハヤシライスがおいしかったです(笑)

ハヤシライスの写真もとっておけばよかった。

 

この日の座談会の内容は今月18日の岩手日報に掲載予定です。

どうぞご覧ください。

 

 

 

電波ジャック予告

あす9日の午後8時から9時、

テレビのチャンネルをNHKに回すと、

あれっ、IBCに勤めているはずの私、長谷川が映っているという、

なんとも不思議な光景が見られます。

 

「華金になんで長谷川をテレビで見なければならんのだ」

 

そう思ったみなさんの中には心を落ち着けようとラジオをつけ、

FM岩手に周波数を合わせる方もいらっしゃるでしょう。

 

残念でした、FM岩手でも私の声が流れております。

 

そして血迷ってIBCラジオをつけても、

当然私の声が流れているといった、

ありがちなホラー映画のような状況です。

 

あすは、東北にある7つのラジオ局、

そしてNHKテレビの合わせて8つの電波で同時生放送という珍しい取り組み

「だから、ラジオ!ダカラジ2016」という番組が行われます。

 

ラジオの魅力発信のため、

岩手、宮城、福島のアナウンサー9人が集まり、

そしてゲストにはモノマネでおなじみのコロッケさんと

髭男爵の山田ルイ53世さんにお越しいただきます!

これは豪華だ!

 

ホームページもありますので、

http://www.nhk.or.jp/sendai/dakaradi/

へアクセスしてみてください。

 

私もまだ番組で何が行われるのか知らされていません。

この番組を作っているのはNHKなのですが、

先日NHKのディレクターさんから連絡がありまして、

「長谷川さんはモノマネできますか?」

という質問をされました。

 

つまり、そういうことがあるかもしれませんので、

どうぞお聞きください。

 

 

ダイエット抜きの作り置き

最近、休みをいかして

ごはんの作り置きをしています。

普段は見せられるほどの物ではないのですが、

今回はちょっとだけ「あるもの」を作るのに力を入れたので、

その様子をご覧いただきたいと思います。

いつもご飯を作っている方からしたら鼻で笑われるレベルかもしれませんが、

独身男性の数少ない楽しみと喜びですので、暖かく見守ってください。

IMG_8803.JPG

まずはみじん切りにした玉ねぎを炒めます。

IMG_8805.JPG

玉ねぎがあめ色になったら取り出し、

一口大に切った鶏肉を炒めます。

あと写真にはありませんが、きのこも炒めました。

IMG_8807.JPG

きのこと鶏肉を取り出し、

バターを溶かして、小麦粉を炒めます。

そこに牛乳を少しずつ加え、ホワイトソースを作ります。

s_IMG_8809.JPG-1

耐熱皿にパンを敷き詰めて・・・

IMG_8810.JPG

ホワイトソースと先ほど炒めた物を合わせてのせ、たっぷりのチーズものせる!

IMG_8811.JPG

15分ほどオーブンで焼くと・・・

IMG_8815.JPG

はいできた!

きのこと鶏肉のパングラタン!

ホワイトソースを作りおきしたので、あと4食分はあります。

あと、見た目がよくないので載せませんが、

麻婆春雨と牛丼も作り置きしました。

好きなものばかり作ったので、

今話題の作り置きダイエットとは程遠いですね。

小学生バレーの熱戦!

IMG_8826

きのう、おとといと、奥州市のZアリーナで行われた

いわて純情りんご杯 第33回岩手県小学生バレーボール育成大会。

私はリポーター、そして表彰式と閉会式の司会として携わりました。

 

試合を見てびっくりしたのは、プレーのレベルの高さ!

ほんとに小学生?!って思うほどの鋭いスパイクに周りの大人たちからも

すごいすごいと声が上がっていました!

 

IMG_8820

 

JA全農いわてのキャラクターとパシャリ。

言葉を話すことはできませんが、

ジェスチャーで「恋ダンス見たよ!」と教えてくれました(笑)

まさか見てくれているとは!

 

放送は12月25日(日) 午後2時から2時30分の予定です。

どうぞご覧ください!

マリオスへ行きました

IMG_8798.JPG

曇り空の盛岡で向かった先は、マリオス。

チケットを握りしめ4階へ。

IMG_8799.JPG

そう、ここでは松本零士展が行われているのです!

松本零士さんといえば、

銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトなど、

私の世代のアニメではないにもかかわらず、

私がカラオケで「宇宙戦艦ヤマト」を十八番にするほど(笑)、

今も圧倒的な知名度がある作品を作られています。

IMG_8800.JPG

今はデジタル化で見る機会が少ないセル画や

温かみが伝わる直筆原稿など、

数多くの作品が展示されていました。

「松本零士展 岩手」で検索すると詳細が見られますので、

どうぞチェックしてみてください!

もっと読む