江幡平三郎アナウンサーの日記

プロフィール

  • 誕生日 2月7日
  • 星座 みずがめ座
  • 血液型 A型
  • 出身地 富山県

担当番組・関連ページリンク

[テレビ番組]
ニュースエコー
[ラジオ番組]
ワイドステーション(金)

ラストスパート!

県内の作家が震災後に書き下ろした12作品(菊池幸見アナの作品も)を集めた作品集「あの日から」の出版記念朗読劇が、昨年11月~県内各地で行われています。

31

これまでにも大塚アナや甲斐谷アナが出演してきましたが、17日(日)盛岡で行われる石野晶さんの「純愛」という作品の朗読劇に私も出させていただきます。稽古も終盤・・・セットや照明、音響が加わると一気に舞台も立体感を増し、本番の雰囲気に近づいてきます。ここから本番の間に、各出演者やスタッフがそれぞれの読みや役割を一気に完成形に近づけることで舞台は仕上がっていきます。互いの進化や深化に刺激を受けるこの数日間の緊張感がたまりません。

今回の作品は・・・と、ネタばらしはいけませんが「運命」ということについて考えさせられる内容となっています。

 

記念朗読劇ファイナルは村松アナも出演する「スウィング」、24日(日)に同じ会場で行われます。どちらも、よろしければお運びください。開演はどちらも14時~、会場は盛岡市肴町のいわてアートサポートセンター風のスタジオ(tel019-604-9020)です。

釜石しりとり~!

11

【釜石の桜】

4月1日に盛岡本社に着任しましたが、休みのたびに沿岸と盛岡を行ったり来たりしています。

先週、木曜日に挨拶回りに行った時には未だ4分咲きだった釜石の桜。2日後の土曜日にお邪魔したら、すっかり満開でした!

甲子川沿いの桜並木、とっても素敵ですよ!

ということで次は桜の「ら」っ!

21

【釜石ラーメン】

釜石でお昼はやっぱり釜石ラーメン。澄んだ琥珀色のスープと細麺の愛称が抜群です。

東部支社在籍6年半の間に、軽く300杯は食べたであろうソウルフードです。

ということで次はラーメンの「メン」っ!

33

【釜石メンズ(もちろん女子も!)】

震災後に釜石に誕生した若者集団NEXT KAMAISHI。職業も背景も異なる20代~40代の有志が集まり、釜石のまちづくりや賑わいの再生など、

様々なテーマで話し合い、行動してきた。このNEXT KAMAISHIが中心となって夏祭りの「釜石よいさ」も復活し、今年で4年目を迎える。

4月最初の定例会に参加した際、帰り際にメンバーからサプライズで寄せ書きと記念の品をいただきました。

釜石らしい鋼を思わせる濃紺と、津波にも負けない花「ハマユリ」のオレンジ色のネクタイ。

ニュースエコーでヘビーローテーションとなりそうです。

ということで、最後はメンズの「ず」っは・・・?

もちろん、これからも

【ず~っと三陸LOVE】

です!!

 

 

よろしくお願いします!

この春から再びアナウンス部に配属になりました。

江幡平三郎です。

異動に伴う東部支社から本社への引っ越しの際、デスクの一番奥にあったストップウォッチを見つけました。物持ちがいい。すっかり電池切れ状態ですが、まだまだ使えそうです。

当の本人といえば、久しぶりの放送現場に電池は満充電状態ですが、使い物になるかといえば・・・。

長い目で見てくれる人が好きです(笑)

00

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

もっと読む