IBC復興支援室だより

【ニュース】 サケのつかみ捕り

宮古の冬の風物詩「鮭まつり」が行われ、200人が鮭のつかみ捕りに奮闘しました。去年5年ぶりに川でのつかみ捕りが復活していて、スタートの合図の大漁旗が振られると参加者は一斉に川に飛び込んでいました。会場では鮭汁が振る舞われたほか、新巻鮭の直売も行われました。(12/18ニュース)

sake

IBCニュース | 2016年12月22日・3:50 PM

【ニュース】 「こたつ列車」運行開始

三陸鉄道の「こたつ列車」の運行が始まりました。北リアス線の久慈駅から一番列車に乗り込んだ20人余りの乗客は、こたつで暖まり特製の駅弁を食べながら車窓の景色を楽しんでいました。また途中では沿線に伝わる伝統行事、秋田のなまはげに似た「なもみ」も登場し子どもたちは「いい子にします」と泣きながら答えていました。こたつ列車は来年3月26日まで休日を中心に運行されます。(12/17ニュース)

tetu

IBCニュース | 2016年12月22日・3:47 PM

【ニュース】 姉妹都市の市長が訪問

大槌町の姉妹都市、アメリカ・フォートブラッグ市のデイブ・ターナー市長が夫人のアンさんとともにアメリカ企業の日本法人の支援で今年、浪板海岸に完成したコミュニティ施設を訪れました。フォートブラッグ市はサケ漁が盛んなことなどが縁で2005年に大槌町と姉妹都市になり東日本大震災の発生後は様々な支援をしています。(12/15ニュースエコー)

otuti

IBCニュース | 2016年12月22日・3:43 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今月10日に放送した陸前高田災害FM開局5周年記念番組について伝えてくれました。「陸前高田と立教大学交流展」が開かれている東京芸術劇場特設会場から生中継で、戸羽陸前高田市長、西田立教大学副総長をゲストに迎えて「陸前高田グローバルキャンパス」について話をしたり、スタジオで五味岩手大学教授や在住外国人、学生たちによる楽しい番組を放送したりしたという事です。菅野さんは、「防災や災害に関するいち早い情報はもちろんのこと、住民の皆さんとともに進んでいけるFMを目指していきたい」と話していました。(12/14)

ラジオ関連 | 2016年12月15日・10:54 AM

【ニュース】 吉浜の「津波石」周辺整備

震災のあと大船渡市三陸町吉浜で発見された昭和三陸大津波の記念碑「津波石」。地元の保存会による周辺整備が完了し、巨大な岩をも動かす津波の脅威を伝えています。津波石は昭和の三陸大津波により200メートルほど移動したという高さ2.1メートル、重さ36トンの巨大な花崗岩です。昭和8年3月3日の津波で打ち上げられたことなどが刻印され、地域に津波の威力を伝えていましたが、昭和50年代の道路工事で斜面の中に埋められてしまっていました。よみがえった津波石は、2つの津波の記憶を次の世代に伝えていきます。(12/13エコー)

ishi

IBCニュース | 2016年12月15日・10:51 AM

【ニュース】 一本松の衝立を寄贈

山形県東根市の建具職人・菅原孫三さん82歳が「奇跡の一本松」をデザインしたケヤキ製の衝立を作り、県に寄贈しました。菅原さんは震災の大津波に耐えた一本松の力強さに心を打たれ、震災直後に陸前高田市を訪れ実際の一本松を見ながらデザインを考えました。達増知事は「全国からの励ましに対する感謝の気持ちが湧いてくる。大切に飾ります」とお礼を述べました。(12/12ニュースエコー)

matu

IBCニュース | 2016年12月15日・10:47 AM

【ニュース】 高校体育館で最後の第九

歳末恒例ベートーベンの第九交響曲の演奏会が釜石高校の体育館で開かれました。釜石の第九は長年、市民文化会館を会場に行われてきましたが、文化会館が津波で被災し取り壊されたため会場を釜石高校の体育館に移して続いてきました。新しい市民ホールが来年秋に完成することからここでの第九は今年が最後になります。第4楽章の合唱には322人が参加し歓喜の歌声を響かせていました。(12/11ニュース)

daiku1

IBCニュース | 2016年12月15日・10:44 AM

【ニュース】 月命日 行方不明者の捜索

震災の発生から5年9か月になるのにあわせて大槌町では、釜石警察署の署員14人が町内を流れる小鎚川の河川敷で行方不明者の捜索を行いました。署員は人の背丈ほどに伸びた草や枯れ枝を刈り払いながら手がかりになるようなものがないかていねいに見て回りました。県内では未だ1123人の行方がわかっていません。(12/11ニュース)

sousaku

IBCニュース | 2016年12月15日・10:38 AM

【ニュース】 復興ドラマ「冬のホタル」撮影

東日本大震災からの復興の歩みをつづった県が発信するドキュメンタリードラマ「冬のホタル」の撮影がメインロケ地の大船渡で行われました。東京から被災地に来た若い女性の不思議な体験を描くこのドラマはオーディションで選ばれた盛岡市の会社員、刈屋真優さん主演。監督は北上を拠点に映像制作に取り組む都鳥拓也さんと都鳥伸也さん兄弟です。ドラマは来年3月完成予定で、県内6か所で上映会が行われたあとIBCテレビで放送されます。またWEBでの発信も行われます。(12/9ニュース)

dorama1 dorama2

IBCニュース | 2016年12月15日・10:34 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの箱石文彦さんが、今月18日に津軽石川河川敷で行われる「第45回元祖宮古鮭まつり」について伝えてくれました。鮭まつりのメインは「鮭のつかみ取り」。1000円で一人1匹つかみ取りできます。当日はステージイベントの他、「鮭ラーメンの早食い競争」や鮭汁の無料お振る舞いも先着300食用意しているという事です。箱石さんは、「鮭のまち宮古の鮭を是非堪能しに来てください!」と話していました。(12/7)

ラジオ関連 | 2016年12月7日・5:29 PM

1 2 3 4 5 24