IBC復興支援室だより

【ニュース】 吉野復興大臣が訓示

吉野正芳復興大臣が盛岡にある復興庁の岩手復興局を訪れ、職員30人に「6年前と比べ素晴らしい復興をしていることに感動した。ハード面だけでなく、被災者の心の復興に全力をあげるように」と指示しました。吉野大臣が県内を訪れるのは4月の就任以降4回目です。(7/6ニュースエコー)


IBCニュース | 2017年7月13日・9:51 AM

【ニュース】 レクイエム コンサート

震災の犠牲者に対する鎮魂の祈りを込めたコンサートが平泉町の中尊寺で開かれました。ウィーンフィルハーモニー管弦楽団メンバーのクラリネットのトップソリスト、ペーター・シュミードルさんなど3人にNHK交響楽団の2人がサポートで参加しました。本堂での演奏に訪れた人たちは静かに聴き入っていました。(7/5ニュースエコー)


IBCニュース | 2017年7月13日・9:47 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの久保田祥子さんが、7月14日から8月20日まで岩手県立水産科学館で行われる「第30回磯の生物展」について伝えてくれました。ここでは三陸の海に生息する小型の魚類を見る事が出来る37の水槽の他、箱メガネを通して観察できる「のぞき水槽」や、直接魚類を触ることのできるタッチプールなどを設置しています。久保田さんは「この夏は宮古で三陸の海と磯の生物への知識・興味を深めてみてはいかがでしょうか」と話していました。(7/5)

ラジオ関連 | 2017年7月5日・5:52 PM

【ニュース】 米国代表団が知事表敬

震災の復興支援をきっかけに始まった日米の人材交流事業「TOMODACHIイニシアチブ」に参加しているアメリカ国内の企業で働く若手社員10人が達増知事と懇談し、沿岸被災地の視察など県内での活動を報告しました。懇談でメンバーの一人は若手起業家に対する支援の取り組みについて質問し、達増知事は県として第一次産業の担い手育成に力を入れていることを紹介しました。(7/4ニュースエコー)



 

IBCニュース | 2017年7月5日・5:50 PM

【ニュース】 復元保存会が認定NPOに 

津波で大槌町の民宿に乗り上げた遊覧船「はまゆり」を震災遺構として復元しようと活動している「はまゆり復元保存会」が認定NPOとなりました。保存会では震災遺構として「はまゆり」を樹脂で当時のように復元しようと募金活動を続けていて、4億5000万円を目標に募金活動を行っています。(7/3ニュースエコー)

IBCニュース | 2017年7月5日・5:47 PM

【ニュース】  ビーチバレーボール大会

陸前高田市広田町の防潮堤の復旧工事を行う工事関係者が大会のためにと整備した大野海岸のコートで岩手県ビーチバレーボール大会が開かれました。29回目となる大会には高校生や一般選手28チーム60人が参加し、青い空と海をバックに焼けつくような砂の上で懸命にボールを追っていました。(7/2ニュース)


IBCニュース | 2017年7月5日・5:44 PM

【ニュース】 湾口防波堤の工事を見学

建設業への理解を深めようと盛岡工業高校定時制の生徒と教員25人が釜石市で震災からの復旧工事が進む湾口防波堤の現場を見学しました。生徒たちは船に乗って巨大な防波堤を間近に見ながら高度な建設技術や社会資本の整備について学んでいました。(6/28ニュースエコー)


IBCニュース | 2017年7月5日・5:42 PM

【ニュース】 陸前高田の被害漁船を発見

震災から6年あまりを経て、沖縄県久高島の北東8キロの海上で、陸前高田市の広田湾漁協所属の漁船が発見されました。海上自衛艦「まつゆき」が転覆している船を発見し、沖縄の中城海上保安部に通報しました。船は長さ6メートルで船外機はなく、長い間漂流していたことを示すように全体に藻が付いていました。(6/28ニュース)



 

IBCニュース | 2017年7月5日・5:40 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の田村華恵さんが、「さんま」により大船渡が元気になるアイデア交換会について伝えてくれました。これは市民も参加して行う意見交換で、全3回のワークショップが企画されています。1回目は今月15日に行われ、サンマチコン(さんまの街コン)の開催やサンマ型のスマホケースを作る等、イベント、グルメなどで様々なアイデアが出たという事です。2回目は今月30日に行われる予定で、田村さんは「市民以外の方も参加できますので、ぜひ楽しいアイデアを出してもらいたい」と話していました。(6/28)

ラジオ関連 | 2017年6月29日・2:38 PM

【ニュース】 絵本作家が読み聞かせ

震災直後から被災地で読み聞かせを行っている日本を代表する絵本作家の宮西達也さんが山田町の大浦小学校を訪れ、読み聞かせを行いました。全校児童27人を前に宮西さんは自身の作品を披露し「今の嬉しい楽しいという思いはみんなを素敵な大人にしてくれるもとです」と語りかけました。児童たちには宮西さんが描いた絵がデザインされたバッグもプレゼントされました。(6/26ニュースエコー)


IBCニュース | 2017年6月29日・2:36 PM

1 2 3 4 36