IBC復興支援室だより

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの田澤沙綾さんが、宮古市の指定天然記念物「チョウセンアカシジミ」について伝えてくれました。これはシジミ貝が口を開けた時のような大きさと形で、赤よりもオレンジ色に近い色の翅を持っています。生息地域は国内では岩手、山形、新潟の一部で、幼虫はトネリコの木を食べます。限られた地域にしか生息していないため希少性から乱獲されるようになり、絶滅が危惧されています。宮古市の「チョウセンアカシジミの会」代表の尾形洋一さんは、「チョウの生息地付近に住む人にトネリコの木の植樹を呼び掛けたい」と話しているということです。(1/18)

ラジオ関連 | 2017年1月19日・10:14 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の伊藤こずえさんが、大船渡市三陸町吉浜地区に伝わる小正月の伝統行事「スネカ」について伝えてくれました。これは、奇怪な面を着け、米俵やアワビの殻などを身にまとったスネカが、小正月の夜に地区内の家々を訪れて「悪い子はいねがー!」などと言って怠け者や泣く子を戒める行事です。180年以上の伝統があり、現在は保存会の方や地域の中高生等がスネカに扮するという事です。家に来るとほとんどの子供が泣いてしまうという怖いスネカですが、伊藤さんは「身に着けている米俵は豊作を、アワビの殻は豊漁を願う、地域の大切な伝統行事です。いつまでも残していってほしい」と話していました。(1/11)

ラジオ関連 | 2017年1月11日・6:10 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今年の陸前高田市の予定を伝えてくれました。まず高田地区のかさ上げした中心市街地に建設中の大型商業施設・ショッピングセンターがこの春完成を目指しているという話題。市民の憩いの場、交流の場にもなりそうです。また陸前高田市立東中学校の新校舎が完成し、3学期から新校舎での学校生活となるということです。一方旧校舎は、市と岩手大学、立教大学との連携事業・陸前高田グローバルキャンパスとなり、今年開校する予定です。震災からもうすぐ6年。菅野さんは「少しずつ前に進み、嬉しいニュースが増えてきました。」と話していました。(1/4)

ラジオ関連 | 2017年1月6日・6:31 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの木村彩子さんが、宮古の正月には欠かせない「お飾り」について伝えてくれました。これは縁起物が描かれた紙を家の神棚に飾り、一年の家内安全、大漁、豊作などを願うものです。現在、「お飾り」を作る組合には7~8軒が所属。製作はお盆頃から本格的に始まり、代々受け継がれた下絵の墨絵に、一枚一枚手描きで色を加えていくということです。12月27日から31日まで宮古魚菜市場駐車場で「お飾り市」が開かれ、新しい年に向けて市民らがお飾りを買い求めます。今年は5軒のお飾りのお店が出店されているという事です。(12/28)

 

ラジオ関連 | 2016年12月28日・4:18 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の及川透子さんが、今年市内の7つの学校の校庭から仮設住宅が撤去・整備され、校庭が戻ってきたという話題を伝えてくれました。このうち先月15日に校庭の使用が再開された大船渡北小学校では、子供たちが広い校庭を元気に走り回っていたという事です。及川さんは、「児童たちが『こんなに広いと思わなかった』『これからサッカーをいっぱいしたい!』などと話す一方で、『仮設から移動してくれた人達がいるから校庭ができた』『整備を頑張ってくれた人がいるから』と、子どもなりに「なぜ校庭ができたのか」をしっかりと理解していたようでした」と話していました。(12/21)

ラジオ関連 | 2016年12月22日・3:58 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今月10日に放送した陸前高田災害FM開局5周年記念番組について伝えてくれました。「陸前高田と立教大学交流展」が開かれている東京芸術劇場特設会場から生中継で、戸羽陸前高田市長、西田立教大学副総長をゲストに迎えて「陸前高田グローバルキャンパス」について話をしたり、スタジオで五味岩手大学教授や在住外国人、学生たちによる楽しい番組を放送したりしたという事です。菅野さんは、「防災や災害に関するいち早い情報はもちろんのこと、住民の皆さんとともに進んでいけるFMを目指していきたい」と話していました。(12/14)

ラジオ関連 | 2016年12月15日・10:54 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの箱石文彦さんが、今月18日に津軽石川河川敷で行われる「第45回元祖宮古鮭まつり」について伝えてくれました。鮭まつりのメインは「鮭のつかみ取り」。1000円で一人1匹つかみ取りできます。当日はステージイベントの他、「鮭ラーメンの早食い競争」や鮭汁の無料お振る舞いも先着300食用意しているという事です。箱石さんは、「鮭のまち宮古の鮭を是非堪能しに来てください!」と話していました。(12/7)

ラジオ関連 | 2016年12月7日・5:29 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の田村華恵さんが、12月25日まで開催中の「碁石海岸 松ぼっくりでクリスマスリース&ミニツリーづくり」について伝えてくれました。これは碁石海岸インフォメーションセンターで開かれているもので、田村さんも参加したという事です。作業は、丸いリースに碁石海岸にある松ぼっくりや大船渡の椿の実の殻などを巻きつけて行います。また松ぼっくりをビーズやスパンコールなどで飾ったミニツリーもできます。会場には親子連れが大勢訪れ、それぞれデザインを考えながら楽しんでいたという事です。田村さんは「若干の参加料はかかりますが、誰でも参加できるのでぜひ体験してみて下さい。」と話していました。(11/30)

ラジオ関連 | 2016年12月7日・2:59 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今月20日に行われた『復活の道しるべ・陸前高田応援マラソン2016』について伝えてくれました。今年で2回目になる大会には小学校低学年から高校生以上までそれぞれクラス・男女別に分れて走りますが、県内外から1000人を超える参加者がありました。ゼッケンには陸前高田を応援するメッセージなどが書かれていて、沿道は温かい声援が溢れていたという事です。また、元・福岡ソフトバンクホークス投手の斉藤和巳さんも応援ランナーとして参加した他、応援・サポートした企業・団体もたくさんあり、陸前高田の復活に向けて頑張ってほしいという願いが感じられた大会だったという事です。(11/23)

ラジオ関連 | 2016年11月24日・3:08 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

今週は、みやこハーバーラジオの田澤沙綾さんが、今月26日と27日に宮古市田老で行われる「鮭・あわびまつり」について伝えてくれました。鮭やあわびは冬の三陸を代表する海産物で、イベントでは新巻鮭やあわびの販売の他、水槽を泳ぐ鮭のつかみ取りも行われ、子どもから大人まで様々な方々が参加して一番の盛り上がりを見せるそうです。その他景品つきの餅まきや1日500食限定の鮭汁のお振る舞いなどが行われます。またステージでは郷土芸能「摂待七ツ物」の上演などと共に、復興支援として沖縄の「おでんそーれ」による沖縄三線の演奏も行われます。田澤さんは「三陸宮古の鮭・あわびを頬張りながらたくさんの人たちに祭りを楽しんでいただきたい」と話していました。(11/16)

ラジオ関連 | 2016年11月17日・2:30 PM

1 2 3 6