IBC復興支援室だより

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、2月5日に陸前高田市コミュニティホールで行われた「第60回 市青協青年芸能祭」について伝えてくれました。虎舞や和太鼓、踊り、歌など、市内の各地区の郷土芸能を披露する祭りで、この日は制服を着た中学生から、高齢の方まで13組が出演しました。主催団体の陸前高田市青年団体協議会の村上会長は「青年会も忙しい仕事の合間をぬって練習し、芸能の伝承に努めています。これからもっと会員を増やし、復興の一助となれればいい」と話していたという事です。(2/15)

ラジオ関連 | 2017年2月17日・10:25 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの箱石文彦さんが、今月26日に宮古市魚市場特設会場で開かれる「第15回宮古毛ガニ祭り」について伝えてくれました。毛ガニのほか旬の海産物が並ぶ会場では、アツアツの毛ガニ汁を無料で300食配る「毛ガニ大鍋お振舞」が目玉!更に1分間で最大4杯まで釣ることができる「毛ガニの一本釣り」や毛ガニをゲットできる「輪投げ」も人気だそうです。この他ステージでは太鼓やダンス、地元出身歌手による歌謡ショーが祭りを盛り上げます。当日は会場と宮古駅前を結ぶシャトルバスも運行されるので、箱石さんは「冬の味覚、宮古の毛ガニをたくさんの方に楽しんでいただきたい」と話していました。(2/8)

ラジオ関連 | 2017年2月10日・12:40 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の田村華恵さんが、「三陸・大船渡 第20回つばきまつり」について伝えてくれました。これは、市の花である椿の開花時期に合わせ、世界13ヶ国から約600種の椿がある「世界の椿館・碁石」で毎年開催されているものです。つばきまつりは3月20日まで行われますが、今年は3人の椿娘たちの握手会や、椿スイーツの販売など毎週様々なイベントを予定しているという事です。田村さんは、「満開の椿とおもてなしの心でお待ちしていますので、ぜひたくさんの方にいらしていただきたい」と話していました。(2/1)

ラジオ関連 | 2017年2月2日・10:30 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今月21日と22日に開催された、「陸前高田グローバルキャンパス大学シンポジウム2017」について伝えてくれました。これは、様々な大学が陸前高田市で行ってきた活動を学生や関係者、市民と共有することで交流しようというものです。この中では立教大学の陸前高田交流プログラムにおける教育効果の発表や法政、明治、東京大学などの陸前高田地域再生支援プロジェクトによる仮設住宅の暮らしの変遷と地域再生など様々な発表があったという事です。菅野さんは、「震災後、多くの大学生が支援に来て下さり、研究した成果が出てきています。これからも感謝の気持ちとコミュニティや横のつながりを大切にしていきたいと思います」と話していました。(1/25)

ラジオ関連 | 2017年1月26日・11:27 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの田澤沙綾さんが、宮古市の指定天然記念物「チョウセンアカシジミ」について伝えてくれました。これはシジミ貝が口を開けた時のような大きさと形で、赤よりもオレンジ色に近い色の翅を持っています。生息地域は国内では岩手、山形、新潟の一部で、幼虫はトネリコの木を食べます。限られた地域にしか生息していないため希少性から乱獲されるようになり、絶滅が危惧されています。宮古市の「チョウセンアカシジミの会」代表の尾形洋一さんは、「チョウの生息地付近に住む人にトネリコの木の植樹を呼び掛けたい」と話しているということです。(1/18)

ラジオ関連 | 2017年1月19日・10:14 AM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の伊藤こずえさんが、大船渡市三陸町吉浜地区に伝わる小正月の伝統行事「スネカ」について伝えてくれました。これは、奇怪な面を着け、米俵やアワビの殻などを身にまとったスネカが、小正月の夜に地区内の家々を訪れて「悪い子はいねがー!」などと言って怠け者や泣く子を戒める行事です。180年以上の伝統があり、現在は保存会の方や地域の中高生等がスネカに扮するという事です。家に来るとほとんどの子供が泣いてしまうという怖いスネカですが、伊藤さんは「身に着けている米俵は豊作を、アワビの殻は豊漁を願う、地域の大切な伝統行事です。いつまでも残していってほしい」と話していました。(1/11)

ラジオ関連 | 2017年1月11日・6:10 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今年の陸前高田市の予定を伝えてくれました。まず高田地区のかさ上げした中心市街地に建設中の大型商業施設・ショッピングセンターがこの春完成を目指しているという話題。市民の憩いの場、交流の場にもなりそうです。また陸前高田市立東中学校の新校舎が完成し、3学期から新校舎での学校生活となるということです。一方旧校舎は、市と岩手大学、立教大学との連携事業・陸前高田グローバルキャンパスとなり、今年開校する予定です。震災からもうすぐ6年。菅野さんは「少しずつ前に進み、嬉しいニュースが増えてきました。」と話していました。(1/4)

ラジオ関連 | 2017年1月6日・6:31 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの木村彩子さんが、宮古の正月には欠かせない「お飾り」について伝えてくれました。これは縁起物が描かれた紙を家の神棚に飾り、一年の家内安全、大漁、豊作などを願うものです。現在、「お飾り」を作る組合には7~8軒が所属。製作はお盆頃から本格的に始まり、代々受け継がれた下絵の墨絵に、一枚一枚手描きで色を加えていくということです。12月27日から31日まで宮古魚菜市場駐車場で「お飾り市」が開かれ、新しい年に向けて市民らがお飾りを買い求めます。今年は5軒のお飾りのお店が出店されているという事です。(12/28)

 

ラジオ関連 | 2016年12月28日・4:18 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

大船渡「FMねまらいん」の及川透子さんが、今年市内の7つの学校の校庭から仮設住宅が撤去・整備され、校庭が戻ってきたという話題を伝えてくれました。このうち先月15日に校庭の使用が再開された大船渡北小学校では、子供たちが広い校庭を元気に走り回っていたという事です。及川さんは、「児童たちが『こんなに広いと思わなかった』『これからサッカーをいっぱいしたい!』などと話す一方で、『仮設から移動してくれた人達がいるから校庭ができた』『整備を頑張ってくれた人がいるから』と、子どもなりに「なぜ校庭ができたのか」をしっかりと理解していたようでした」と話していました。(12/21)

ラジオ関連 | 2016年12月22日・3:58 PM

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

陸前高田災害FMの菅野陽子さんが、今月10日に放送した陸前高田災害FM開局5周年記念番組について伝えてくれました。「陸前高田と立教大学交流展」が開かれている東京芸術劇場特設会場から生中継で、戸羽陸前高田市長、西田立教大学副総長をゲストに迎えて「陸前高田グローバルキャンパス」について話をしたり、スタジオで五味岩手大学教授や在住外国人、学生たちによる楽しい番組を放送したりしたという事です。菅野さんは、「防災や災害に関するいち早い情報はもちろんのこと、住民の皆さんとともに進んでいけるFMを目指していきたい」と話していました。(12/14)

ラジオ関連 | 2016年12月15日・10:54 AM

1 2 3 6