IBC復興支援室だより

【ニュース】 大槌 町と大槌高校が協定締結

震災を後世に伝えていこうと大槌町と県立大槌高校が協定を結びました。災害の伝承活動に関わる自治体と地元の高校の協定締結は全国初。大槌高校は2013年からまちの移り変わりを記録する定点観測を続けています。町では来月10日にオープンする文化交流センターに学校の取り組みの成果として写真を展示するスペースを設けることにしています。(5.15ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年5月16日・11:11 AM

【ニュース】 宮古 室蘭の中学生が修学旅行

来月、宮古とフェリーで結ばれる北海道・室蘭市の室蘭西中学校の3年生およそ100人が修学旅行で宮古市田老を訪れ、防災について学びました。生徒達は、震災遺構たろう観光ホテルで津波の映像を見た後、津波が乗り越えた巨大防潮堤を見学しました。(5/15ニュース)


IBCニュース | 2018年5月16日・11:10 AM

【ニュース】 大船渡 魚市場にサバの水揚げ

大船渡市魚市場では定置網で獲れたサバやヤリイカが水揚げされました。夏の訪れを告げると言われるこのサバ漁。今年はいつもの年より1か月くらい早く水揚げが始まったということです。この時期まとまった水揚げは珍しいということで、浜は本格化する漁に活気にあふれていました。(5/14ニュース)


IBCニュース | 2018年5月16日・11:09 AM

【ニュース】 盛岡 IBC杯ラグビー 釜石SWが快勝

悲願のトップリーグ入りをめざす釜石シーウェイブス。新チームとして臨んだ     きのうのIBC杯では東海大学と対戦し新戦力が活躍し、59対21で勝利しました。充実した新戦力を武器にIBC杯で2年ぶりの勝利。トップリーグ入りに向けて上々のスタートを切りました。(5/14ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年5月16日・11:07 AM

【ニュース】 大船渡 「大型サンマ船」出港

大船渡市の鎌田水産所属の大型サンマ船「第八三笠丸」199トンが北太平洋公海での操業に向け大船渡を出港しました。船員が船に乗り込むと岸壁に集まった家族は手を振りながら漁の成功と無事を祈りました。「第八三笠丸」は7月まで操業します。(5/12ニュース)


IBCニュース | 2018年5月16日・11:06 AM

【ニュース】 山田 7年2か月 行方不明者捜索

東日本大震災の発生から7年2か月。この日は宮古警察署員が宮古湾の海上と山田町船越の浦の浜海水浴場に分かれて行方不明者の捜索を行いました。宮古警察署は今月以降、奇数月に集中捜索を行うことにしています。(5/11ニュース)

IBCニュース | 2018年5月16日・11:04 AM

【ニュース】 「ぱしふぃっくびいなす」入港

「ぱしふぃっくびいなす」が宮古に寄港し市民の歓迎を受けました。総トン数およそ2万7000トン、日本有数の大型客船です。宮古への寄港は11回目。乗客は下船すると浄土ヶ浜や岩泉の龍泉洞を巡るツアーにでかけていきました。(5.9ニュース)


IBCニュース | 2018年5月10日・12:20 PM

【ニュース】 「簗川トンネル」貫通式

宮古盛岡横断道路の「簗川トンネル」が貫通しました。簗川トンネルは国道106号・宮古盛岡横断道の一部である区界道路のトンネルで、全長は1576m。区界道路が完成すればよそ5キロ短く移動時間にして9分が短縮されます。区界道路の開通は2020年度中の予定です。(5.7ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年5月10日・12:19 PM

【ニュース】 ラグビーW杯PRキャラバン隊

来年秋に開催されるラグビーワールドカップまであと500日となり、釜石では大会を盛り上げるPRキャラバン隊の出発式が行われました。イベントは実行委員会がボランティアの応募や観戦チケット販売などの促進につなげ、県内の機運を盛り上げようと企画しました。釜石の会場となる新設の「復興スタジアム」は今年8月19日オープンし、大会では来年の9月25日と10月13日に試合が行われます。(5.8ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年5月10日・12:18 PM

【ニュース】 岩泉 「龍泉洞まつり」

おととし台風被害を受けた岩泉町では2年ぶりに龍泉洞まつりが開かれました。日本三大鍾乳洞の1つにも数えられる龍泉洞。午前中から駐車場の前には長い渋滞ができるほど多くの観光客でにぎわいました。お目当てはもちろん、世界有数の透明度を誇る地底湖の水。訪れた人たちはLEDで照らされた湖を写真に収めながら、「ドラゴンブルー」の美しさに見入っていました。(5.4ニュースエコー)


IBCニュース | 2018年5月10日・12:16 PM

1 2 3 41