IBC復興支援室だより

【ニュース】 行方不明者の集中捜索

震災の発生から5年10か月。いまだ204人の行方が分からない陸前高田市では、気仙町の要谷漁港近くに大船渡警察署の署員7人が捜索にあたりました。署員は海に向かって黙とうを捧げたあと熊手やスコップで砂浜をかき分け、不明者の発見につながる手がかりがないか、丹念に探していました。震災による県内の死者は先月末現在5133人で、まもなく発生6年となる今も1123人が行方不明のままです。(1/11ニュースエコー)

sousaku

IBCニュース | 2017年1月11日・6:07 PM