IBC復興支援室だより

【ニュース】 震災を乗り越えたご神木伐採

釜石市鵜住居町の鵜住神社の境内にあるご神木で、地域の人々から「夫婦クロベ」と呼ばれるヒノキ科のクロベの巨木2本が枯れて倒れる危険があるため伐採されることになりました。300年以上前に植えられたとされる2本の木は震災後も高台から地域の復興を見守ってきました。神社では伐採した木でお札や神事に使う道具を作ることにしています。(1/4ニュースエコー)

batu

IBCニュース | 2017年1月11日・5:59 PM