IBC復興支援室だより

【ラジオ】 さんりく元気ラジオ!

みやこハーバーラジオの木村彩子さんが、宮古の正月には欠かせない「お飾り」について伝えてくれました。これは縁起物が描かれた紙を家の神棚に飾り、一年の家内安全、大漁、豊作などを願うものです。現在、「お飾り」を作る組合には7~8軒が所属。製作はお盆頃から本格的に始まり、代々受け継がれた下絵の墨絵に、一枚一枚手描きで色を加えていくということです。12月27日から31日まで宮古魚菜市場駐車場で「お飾り市」が開かれ、新しい年に向けて市民らがお飾りを買い求めます。今年は5軒のお飾りのお店が出店されているという事です。(12/28)

 

ラジオ関連 | 2016年12月28日・4:18 PM